●物語は冒険の地“メルキド”から幕を開ける!

 スクウェア・エニックスより、2016年1月28日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』。話題の本作より、数々の新情報が到着した!

●冒険の始まりの大地、“メルキド”

 本作の世界には、冒険できる地域がいくつも存在している。その地域にはかつて平和だったころの名取りがある“町”が存在し、物語はここを拠点として進行。今回は、主人公が最初に訪れることになる、冒険の地“メルキド”を紹介しよう。

▲ここが最初に訪れることになるメルキドの跡地。ボロボロに朽ちてはいるが、点在している石垣に城塞都市の名残が感じられる。
▲“メルキド”には草原のほか、瘴気を放つ毒沼や凶悪なモンスターの生息する岩山などが広がっている。
▲冒険の最中には、ダンジョンらしき横穴を発見することも! 奥では、貴重な素材を発見できるかも!?

◆旅の扉で未知の地域へ
 物語を進めると“旅の扉”が使えるようになり、新たな地域へと旅立つことができるのだ!

●町造りを支える個性的なキャラクターたち

 世界が闇におおわれ、住む地さえも追われてしまった人々。そんな彼らも、主人公が町を造り上げていくことで、町での生活を始めるようになる。彼らの話に耳を傾けると、町を復活させるためのヒントを聞くことができるのだ。

▲威厳に満ち溢れたヒゲをたくわえたロロンド。彼の持つメルキド録という書物には、町の復活につながる何かが書かれているらしいのだが……?
▲町の再建を望むピリン。彼女の願いを叶えて町の生活を豊かにしていこう。
▲中にはモンスターの巣窟に取り残されてしまった人も! 魔物たちを追い払って、彼を町に連れ帰ろう。
▲集まった人々は、町の発展には欠かせない! いろいろな地域を探索して、散り散りになった人々を探し出そう。

●主人公に襲いかかるモンスターたち

 町から一歩外に踏み出せば、そこはモンスターたちがはびこる未知の世界。本作でもバラエティ豊かなモンスターが多数登場するが、今回は“メルキド”に出現するモンスターたちをご紹介!

▲こちらの隙を伺いながら、2本のキバでかみついてくるドラキー。フワフワしているせいか、なかなか捉えづらい。
▲ドロルは毒沼地帯に数多く生息している。奇妙な姿をしていて、ときおり毒の玉を吐いて攻撃してくるのだ。
▲がいこつは冒険の序盤で出会うことになる強敵。手にした剣で襲いかかり、こちらを追い詰めてくるぞ!

ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 PSVPlayStation Vita / PS4プレイステーション4 / PS3プレイステーション3
発売日 2016年1月28日発売予定
価格 PS4版:7800円[税抜](8424円[税込])/PS3版:6800円[税抜](7344円[税込])/PS Vita版:5980円[税抜](6458円[税込])
ジャンル ブロックメイクRPG
備考 ゼネラルディレクター:堀井雄二/キャラクターデザイン:鳥山明/音楽:すぎやまこういち