【先出し週刊ファミ通】『勇者死す。』加隈亜衣さん、行成とあさん、福圓美里さんらが演じる5人のヒロインと、新要素の2周目を紹介!(2015年10月1日発売号)

ケータイアプリとして、コアな人気を獲得したRPG『勇者死す。』が、プレイステーション Vita用ソフトとして復活。週刊ファミ通2015年10月15日増刊号(2015年10月1日発売)では、本作に登場するヒロインと、プレイステーション Vita版で追加された、ヒロインごとの2周目の物語を紹介している。

●ヒロインの思惑と絡み合う世界の事情

 ケータイアプリとして、コアな人気を獲得したRPG『勇者死す。』が、プレイステーション Vita用ソフトとして復活。鬼才・桝田省治氏が手掛けた同作は、魔王を倒して平和が訪れたはずの世界を舞台に、勇者(=プレイヤー)が5日間の余命をくり返し過ごすRPGだ。

 週刊ファミ通2015年10月15日増刊号(2015年10月1日発売)では、本作に登場するヒロインと、プレイステーション Vita版で追加された、ヒロインごとの2周目の物語を紹介。森人の里に住む“リュー”(声:加隈亜衣)を始め、穴民と呼ばれる亜人種のナオミ(声:行成とあ)、世界中を飛び回る商人のビビ(声:福圓美里)、そして、先日の“東京ゲームショウ 2015”で公開されたサラ(声:五十嵐裕美)、メリーアン(声:松井恵理子)のそれぞれのプロフィールと、この世界での目的を解説している。

<関連記事>
【動画あり】PS Vita用ソフト『勇者死す。』、五十嵐裕美さんと松井恵理子さんが演じるキャラクターが発表!【TGS2015
セガブース 日本一ソフトウェア『勇者死す。』ステージは桝田省治氏の“生前葬”シミュレーション!?【TGS2015

▲右ページのキャラクターがリュー。そのほかのキャラクターは、本誌でご確認ください!

 詳細は、週刊ファミ通2015年10月15日増刊号(2015年10月1日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)
■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER


勇者死す。
メーカー 日本一ソフトウェア
対応機種 PSVPlayStation Vita
発売日 2016年2月25日
価格 5980円 [税抜]/6458円 [税込(8%)]
ジャンル RPG

(C)2016 Nippon Ichi Software, Inc.
(C) G-MODE, Shoji Masuda/Pyramid
※画面は開発中のものです。