26日は思う存分、注目作を試遊するだけ!

 日本マイクロソフトは、本日2015年9月25日に“Xbox One 大感謝祭 2015”プレス向け事前体験会を開催。その第一部として行われたメディア向け説明会の模様をリポートする。

 明日26日は、一般公開され、さまざまなXbox One用ソフトが試遊可能だ。会場に行ける人はぜひ! 無理な人は、ニコ生での放送もあるので、そちらをチェックしよう。

“Xbox One 大感謝祭 2015”特設サイト

▲日本マイクロソフト Xboxマーケティング戦略本部 グループシニアマネージャー
井上正之氏

 今回のメディア向け説明会は、9月25日に東京、10月4日に大阪で開催される“Xbox One 大感謝祭 2015”に先駆け、年末に向けてのXbox Oneの施策や最新タイトルを試遊してもらおうと、メディア向けに開催されたものとなる。
 まず、日本マイクロソフトの井上正之氏が登壇し、今年のE3以降、多くのXbox One専用タイトルが発表され、さらに9月17日に発売された『Forza Motorsport 6』、10月29日発売予定の『Halo 5: Guardians』、11月12日発売予定の『Rise of the Tomb Raider』と、Xbox One専用の大作が続々とリリースされている現状を報告。続いて、各タイトルの注目ポイントを説明へと移行した。

『Halo 5: Gurdians』は発売前日にローンチイベントを開催!

 最初に紹介されたのは、Xboxを代表するシリーズの最新作『Halo 5: Guardians』。

Halo 5: Guardians - ブルーチーム オープニング シネマティック

 シリーズ累計4600万本以上を誇る『Halo』シリーズ最新作は、Xbox OneとXbox Liveのパワーをフルに活用し、1080p/60fpsの高画質で楽しめるXbox One専用アクション・シューティングゲームだ。壮大な宇宙を舞台にしたストーリーは、想像もつかない結末を迎えるという。また、オンライン中プレイヤーが抜けてもAIがプレイを継続し、運桁プレイヤーが戻ればふたたび協力プレイに参加できる。本作では、ふたつのマルチプレイヤーモードが搭載されており、e-Sports向けに進化し、従来の8人対戦が楽しめる“ARENA”と、12人対12人の大規模マルチプレイが可能な“WARZONE”だ。残念ながら、今回の“大感謝祭”には出展されないが、発売前日となる10月28日に発売記念イベントを開催することが明らかになった! 詳細は後日発表とのこと。

▲“大感謝祭”には出展されないが、発売の前日にイベント開催が決定した!

 続いては、1080p/60fpsで描かれる最高峰のレーシングシミュレーター『Forza Motorsport 6』。ウェット時のハイドロプレーニング現象やナイトレース、460車種、26の有名サーキットが収録され、最大24人での大規模レースを走ることができる。
 さらに日本でXbox Oneが発売され約1年が経過したこともあり、これまでに発売されたタイトルから選りすぐりのタイトルを“Xbox One グレイテストヒッツ”シリーズとしてリリースすることが発表された。対象となるのは、『デッドライジング3』、『Ryse: Son of Rome』、『Sunset Overdrie』の3本。発売は10月15日で、価格は2900円[税抜]となる。

▲“Xbox One グレイテストヒッツ”が発表された。まずは、『デッドラ3』など、3タイトルが発売となる。

若きララ・クロフトが見せる新境地

▲Crystal Dynamics
アソシエイト ブランド マケージャー
クリス・ジョンストン

 この年末、Xboxプラットフォームでのみリリースとなる『Rise of the Tomb Raider』。今回は、開発元のCrystal Dymamicsからクリス・ジョンストン氏が登壇し、実機デモを交えて、本作の魅力をアピールした。本作で主人公のララ・クロフトは、初めての遺跡探検に挑むことになる。
 デモプレイでは、新しいシステムとして、壁画や文章などを調べることで言葉の能力を高めることができ、ほかの言語を収録できることが明らかにされた。こうして、モノリスや壁画に書かれた文字を解読し、冒険へと役立てることとなる。
 また、遺跡の中には数々の危険なトラップが設置されている。クリス氏曰く「あらゆる曲がり角の先には危険がある」のだという。デモプレイでは、ほかにも銃で空中の物体を撃って水面に落とし、それを足場にして上ったり、パズル的な仕掛けの例も披露してくれた。最後に最新トレーラーを披露して、クリス氏のプレゼンは終了した。

▲言葉の理解力を高めることができるようになる。
▲冒険の道中には、さまざまなトラップが満載。

Rise of the Tomb Raider - 伝説となる運命

 ふたたび井上氏が登壇し、10月以降の発売タイトルとして、『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』、『アサシン クリード シンジケート』、『ニード・フォー・スピード』、『スター・ウォーズ バトルフロント』、『Fallout 4(フォールアウト4)』を紹介した。なかでも『Fallout 4(フォールアウト4)』は、Xbox One版に“MOD”搭載されるが、詳細については今後発表されるとのことだ。

 そして、月額518円で、エレクトロニック・アーツのゲームをとことん遊べる“EA Access”についても紹介された。Xbox Oneのみで提供されているこのサービス(※内容の詳細はこちら、エレクトロニック・アーツの新作タイトルを、リリース前にプレイすることができ、Xbox Oneでのデジタル版購入はすべて10%OFFで購入可能だ。気になるタイトルがあれば、ぜひ!

▲サードパーティーからも、続々と大作が発売される。
▲非常にお得な“EA Access”。チェックしたい手はない!?