任天堂から2作品のキャラクターがゲスト参戦!! せがた三四郎も姿を見せた『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』ステージの模様をリポート【TGS2015】

2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。同イベントの3日目となる19日のバンダイナムコエンターテイメントブースにて、“『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』せがた三四郎参戦!? クロスオーバーの乱!!”と題したステージイベントが開催された。

●全員で拳を突き上げ「クロスゾーン、シロ!」

 2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。同イベントの3日目となる19日のバンダイナムコエンターテイメントブースにて、“『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』せがた三四郎参戦!? クロスオーバーの乱!!”と題したステージイベントが開催された。


01.JPG

こちらの速報にもあるように、イベント中では『ゼノサーガ』シリーズよりKOS-MOS(コスモス)と『ゼノブレイド』よりフィオルン、『ファイアーエムブレム 覚醒』よりクロムとルキナがペアユニットとして参戦することが明らかに。
 映像にて参戦が発表された際には、ステージ前を埋め尽くした観覧者からは「ええーっ!」、「マジかよ!」と興奮した声が噴出。カプコン、セガ、バンダイナムコエンターテイメントのキャラクターに加え、任天堂タイトルからのゲスト参戦には、予想もできないサプライズだったことだろう。なお、KOS-MOSはフィルオンと、クロムはルキナとのペアユニットでの参戦となる。


PXZ2_BNE_ゼノサーガ_コスモス.jpg PXZ2_NINTENDO_ゼノブレイド_フィオルン.jpg
PXZ2_NINTENDO_FE覚醒_クロム.jpg PXZ2_NINTENDO_FE覚醒_ルキナ.jpg
クロム&ルキナ_イベントシーン.bmp 回転斬り&サンダーソード_1.bmp 必殺技_炎の紋章・覚醒_1.bmp
必殺技_炎の紋章・覚醒_3.bmp 必殺技_炎の紋章・覚醒_4.bmp 必殺技_炎の紋章・覚醒_5.bmp

 話をステージに戻すと、モノリスソフトの森住惣一郎ディレクター、バンダイナムコエンターテインメントの塚中健介プロデューサーに加え、『ベア・ナックル』のアクセル・ストーン役の声優・杉田智和氏、せがた三四郎役の藤岡弘、氏が登場。4人によるクロストークでゲームの最新情報が明らかにされていった。


02.JPG 03.JPG

「ブレイズはいないぞ!」という台詞とともに、自身が演じるアクセルの必殺技ポーズで登場した杉田氏。自分の役の説明そっちのけで、せがた三四郎がいかに素晴らしかったかを暴走ぎみにトーク。藤岡氏も感心するほどのゲーム愛を炸裂させていた。また、クロム参戦発表時には「もう一役やってました」とも。

04.JPG 05.JPG

▲真宮寺さくら役の声優・横山智佐さんと共演した『サクラ大戦2』のCMに続いて、雄叫びを上げながら登場した藤岡氏。大勢の来場者を前に「燃えるねえ。当時を思い出すねえ」と優しくも力強い微笑みをたたえていた。道着については「当時の衣装がないということで自前です」と。

 最新キャラクターを使ってのバトル実演プレイも披露された。華麗なコンボを見せるクロム&ルキナ、せがた三四郎の様子には、杉田氏、藤岡氏とともにご満悦な様子。とくに藤岡氏はせがたが大暴れする様子に「血が騒ぐねえ」とニッコリ。ほかのキャラクターたちとの掛けあい台詞も多数収録されたとのことなので、どんな会話がかわされるのか、いまから楽しみだ。


06.JPG
07.JPG 08.JPG

▲ペアユニットをクロム&ルキナ、ソロユニットにせがた三四郎、サポートユニットにKOS-MOS&フィオルンとして、トレーニングモードでのバトルを森住氏が披露。流麗なコンボ、そして怒涛のせがたの攻撃には、興奮と笑いが同時に押し寄せていた。

 ここでさらに、本作のテーマソング『世界は一つの舞台』を唄うmarina氏が登場。初公開となるオープニングアニメーションの映像に乗せて『世界は一つの舞台』を生で披露。迫力ある歌声と参戦キャラクターたちが乱舞する映像に、来場者たちは大いに盛り上がっていた。


09.JPG

▲テーマソングを熱唱するmarina氏。

op_cut_01.jpg op_cut_02.jpg op_cut_03.jpg

 さらに、本編の発売前に体験版が配信されることも発表となった。体験版ではゲームの序盤を体験できるとのことなので、配信を楽しみにしておこう。


体験版_02.bmp 体験版_03.bmp 体験版_04.bmp

 さまざまな新情報が発表となったが、森住氏によると「(参戦キャラクターの)and more… はもうちょっとだけあります」とのこと。これまでにないクロスオーバーが加速することは間違いなしなので、発売までの情報にさらに注目しよう。


10.JPG

▲ラストは藤岡氏の「クロスゾーン、シロ!」のかけ声でシメ。観客全員が拳を突き上げる熱さの中、ステージは終了となった。



(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)モト企画
(C)SEGA
(C)SEGA (C)RED
(C)SEGA MUSIC (C)YUZO KOSHIRO
(C)SEGA (C)SANKI WORLDWIDE
(C)Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS
(C)Nintendo / MONOLITHSOFT
(C).hack Conglomerate
(C)藤島康介
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
※画面は開発中のものです。