小林画伯の描く似顔絵に騒然!? 『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』ステージをリポート【TGS2015】

2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。一般公開日の初日となる19日にセガブースで開催された『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のステージをリポート。

●不朽の名作がフルリメイクされてPS4・PS Vitaへ!

 2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。一般公開日の初日となる19日にセガブースで開催された『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』(以下『YU-NO』)のステージをリポートする。

関連記事:【速報】『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』はPS4・PS Vita用ソフトとして、2016年2月18日発売決定!!【TGS2015】

 このイベントには、『YU-NO』のプロデューサーを務める浅田誠氏(5pb.)、コンポーザーの与猶啓至氏、声優の林勇さん、小林ゆうさんという豪華なスタッフが参加した。

 まず、浅田誠プロデューサーが登場し、最新PVを紹介した。既報のとおり、このPVで対応機種がプレイステーション4とプレイステーション Vita、発売日が2016年2月18日予定であることが明らかにされた。
 浅田氏がプレイステーションのロゴ入りパーカーで登場したこともあり、想像通り、PSプラットフォームでの発売となった『YU-NO』。PVでは、凪良氏デザインによるキャラクターのほか、オープニング曲が佐々木恵梨さんの歌う『Recalling』になったことも判明した。また、試遊台も19日12時以降にプレイできると伝えられた。これは楽しみ!

▲浅田誠プロデューサー(左)と与猶啓至氏(右)。

◆スペシャルゲスト第一弾は与猶啓至氏!
 ハードや発売日などが発表された後、サウンドクリエイターの与猶啓至氏がゲストとして登壇した。与猶氏は、セガサターン版から参加し、今回のフルリメイク版でもBGMを担当しているとのこと。約80曲をアレンジしたという与猶氏は「最後まで思いっきりアレンジさせてもらったので、間違いない」と自信をのぞかせた。

◆音声収録は絶好調!
 続いて登場したのは、有馬たくや役の声優・林勇さんと武田絵里子役の小林ゆうさん。郷かな声優陣が集結したフルリメイク版『YU-NO』だが、テキスト量がとても多く、とくに主人公を演じる林さんは、収録期間が2ヵ月にも及んでいるそうだ。現在も絶賛収録中だが、「楽しくやらせてもらっています」と林さん。音声収録は終盤になりつつあり、浅田氏からは「もう少しで完成するので、いい情報、新しい情報が出せると思います」とコメントがあった。
 それから、それぞれが演じるキャラクターについての紹介コーナーへ。なんと、声優のふたりに演じたキャラクターの似顔絵を描いてきてもらったのこと。

※この辺りから、ニコ生のコメントも会場も“ざわっ”

 どうやら巷では小林さんが“画伯”として名を馳せているようで(笑)、林さんも「僕はもう前フリのようなものなので」と前置きし、スケッチブックに描いたたくやの似顔絵を公開。たくやの性格については、「憎まれ口を叩くようなこともあるが、愛情深いところがあり、クールでイヤなヤツに見られがちだが、じつはすごくいいヤツ」だと、長い期間演じていることで気づいたそうだ。一方、小林さんの絵里子評……の前に、“画伯”の似顔絵が公開!! 「マジメに一生懸命描きました」という小林画伯に対し、浅田Pは「いま隙間から少し見えたけど、かなりヤバイ(笑)」とコメント。い、いったいどんな似顔絵なのか!?

▲豪華声優陣が、フルリメイク版に新たな命を吹き込む。

 あ然とする会場の反応を見て「あれ?」と首をかしげる小林さん。「ウソでしょ~!」と驚く林さん。似顔絵(?)の各所を指差しながら説明するも納得を得られず。浅田Pの「白衣はどの辺ですか?」という質問にも、「この辺です」と説明するのだが、ゴメンナサイ、全然わかりませんでした……。
 絵里子について小林さんは、「とってもステキな方で、姉御肌で、この絵を見て分かるように、ボディコンで……」と説明するものの、林さんらは「どの辺がボディコンかわからない(笑)」。

▲林さんと小林画伯の似顔絵。画伯のイラストをよ~く見ると……。

▲こんな感じ。凡人の記者には理解できなかった……。

 浅田Pはたくやと絵里子について、「どちらも『YU-NO』の中でも重要なキャラクターで、とくにたくやはこんな主人公はいないよね」と言うと、林さんが「いろいろな顔を持っているので、演じていて楽しいです。それにこんなに多くの女性からモテルことなんで、一生かかってもないでしょうね。幸せです」と笑った。

 イベントも終わりを迎え、ステージには、『YU-NO』に登場するキャラクターのコスプレレイヤーさんが登場し、華を添えた。TGS期間中は、彼女たちがセガブース周辺で特製リュックやキャラクターの名刺を配っており、とくに名刺は全5種類を集めると、キャラクターデザインの凪良氏描き下ろしポスターがもらえるとのこと。声優のふたりが口をそろえて「おもしろい」と絶賛するフルリメイク版『YU-NO』。セガブースではTGS専用の体験版となる試遊台も用意されているので、TGS最終日には、セガブースをチェックしよう。

 そして、オープニングテーマを唄う佐々木恵梨さんが、イベントの最後にサプライズゲストとして登場。自身が作詞し、志倉千代丸氏が作曲した『Reccalling』という曲について、「世界観に合ったステキな曲になりました」とコメントした。そして、浅田Pから、志倉氏が「イメージと違う」とダメ出しをし、一週間前に急遽歌い直した……というマル秘エピソードを公開してくれた。スタッフの熱意とこだわりが垣間見られた瞬間だった。

▲なぜか、小林さんがリードする「ユーノ! ユーノ!」というコールが響き渡る。

▲サプライズゲストの佐々木恵梨さん(左)。