PS Vita『学戦都市アスタリスク 鳳華絢爛』ステージイベントリポート 小説、アニメ、ゲームそれぞれで楽しめる要素が満載【TGS2015】

2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。同イベントの2日目となる18日に、“学戦都市アスタリスク 鳳華絢爛ミーティング”が行われた。その模様をリポート。

●発売日、初回限定生産版の制作も決定!

 2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。同イベントの2日目となる18日に、“学戦都市アスタリスク 鳳華絢爛ミーティング”が行われた。その模様をお届けする。

 『学戦都市アスタリスク』は、MF文庫Jの人気作で、10月3日からはテレビアニメも放送される人気コンテンツ。PS Vita『学戦都市アスタリスク 鳳華絢爛』では、主人公・天霧綾斗となって出会った仲間たちと絆を築きつつ、星武祭(フェスタ)の戦いに参加していく。仲間と力をあわせ、みずからの望みを叶えるために戦いをくり広げるというものだ。

 イベントには、アニメ『学戦都市アスタリスク』で主人公・天霧綾斗の声優を務める田丸篤志さん、沙々宮紗夜役の井澤詩織さんのほかに、PS Vita用ソフト『学戦都市アスタリスク 鳳華絢爛』プロデューサーの二見鷹介氏、アニメプロデューサーの梅本聡一郎氏、MF文庫J担当編集者の池本昌仁氏が登壇した。


WA3_6128.JPG

▲田丸篤志さん(左)、井澤詩織さん(右)

WA3_6119.JPG

▲右から、MF文庫J『学戦都市アスタリスク』担当編集者の池本昌仁氏、アニメプロデューサーの梅本聡一郎氏、ゲームプロデューサーの二見鷹介氏

 トークでは、ゲームだけではなく原作小説、アニメについてまで語られた。まず主人公・天霧綾斗について田丸さんは、「普通の少年だけどひょうひょうとしている」と述べ、事件に巻き込まれたとき予想外の行動をするので、台本を読みながら思わず心の中でツッコミを入れてしまうとのこと。沙々宮紗夜について井澤詩織さんは、マイペースな性格で「見た目と反して、とても大きい武器を使うのが新鮮だった」とコメントした。

 続いて、プロデューサー陣から『学戦都市アスタリスク』プロジェクトについての説明が行われた。今回のようなクロスメディアプロジェクトは、原作からアニメ化され、さらにそれをゲーム化する流れが一般的だが、『学戦都市アスタリスク』では小説、ゲーム、アニメが同時進行しているという。ゲームの設定がアニメに、そしてアニメ・ゲームの設定が原作にといったように、相互にフィードバックしていくスタイルで制作しており、より魅力的な作品に仕上げているとのとこだ。


WA3_6180.JPG

 また、本作の魅力について問われると梅本氏は、登場キャラクターが皆前向きで「見ていてスカッとする」とコメント。気難しい内容ではなく、あくまで娯楽作品として楽しんでもらえるようにしているという。それに対して池本氏は、本作の特徴に緻密かつ壮大な世界観、登場キャラクター数の多さをあげ、「深みのある世界観となっており、普通の小説では説明が多くなって読者を置いてけぼりにしてしまうが、そこは原作者の三屋咲ゆう先生がうまくまとめている」と述べた。
 二見氏は、「疾走感のあるバトルをゲームでも再現できるように頑張ります」とコメント。登場キャラクターの綺凛とシルヴィアがお気に入りとのことだ。


WA3_6220.JPG

 続いて、最新PVが公開。映像で発売日が2016年1月28日に決定したことが発表され、価格は通常版が6800円[税抜]、初回限定生産版は9900円[税抜]のなるとのこと。初回限定生産版の制作も発表され、初回限定生産版にはドラマCDがあると伝えられた声優陣は驚きを隠せなかった様子。井澤さんは仕事が増えたことをよろこんでいた。

 またステージでは、初公開となる実機でのデモプレイも披露された。


WA3_6295.JPG
WA3_6296.JPG

▲ゲームは2対2のバトルが楽しめるとのこと。各キャラクターの必殺技の演出にもこだわっているという。

 ゲームでは、アニメや小説と違った結末が体験できるとのこと。10月にはテレビアニメがスタート、小説の発売と、ファンには嬉しいイベントが多数あるので、3つのコンテンツで本作を楽しんでもらいたい。


WA3_6381.JPG