一騎当千の快感と迫力の集団戦を両立 『アルスラーン戦記×無双』ステージイベントレポート【TGS2015】

東京ゲームショウ2015の初日(ビジネスデー)となる17日、コーエーテクモブースにて『アルスラーン戦記×無双』のステージイベントが行われた。

●キャラクターの再現度には相当力を入れた

 2015年9月17日~20日の期間、千葉・幕張メッセにて開催されている東京ゲームショウ2015(17、18日はビジネスデー)。そのイベント初日となる17日、コーエーテクモブースにて『アルスラーン戦記×無双』のステージイベントが行われた。

▲コーエーテクモブース内でひときわ目立っていた、馬にまたがった躍動感あふれるアルスラーンの巨大な像。

▲会場では試遊が可能だったほか、原作マンガの荒川弘先生の描き下ろし色紙や、アニメ各話で流されたエンドカードなども展示されていた。

 イベントは『アルスラーン戦記×無双』のプロデューサー、中臺重人氏が登壇し、この日初公開となった最新PVが流れてスタート。その後に中臺氏の口から、『アルスラーン戦記』と『無双』シリーズのコラボレーションが実現した経緯、『アルスラーン戦記×無双』の魅力、ゲームシステムについて語られた。
 そもそもは、田中芳樹氏の小説版を学生のころに愛読していたことがきっかけで『アルスラーン戦記×無双』製作に立候補したという中臺氏。企画が起ちあがった当時はまだアニメ化の発表がされておらず「コミックとのコラボレーションかな?」(中臺氏)と思っていたらアニメだったということで驚いたという。しかしそういうことならば「アニメと連動して盛り上げていけたら」と、『アルスラーン戦記×無双』をテレビアニメの終了直後にその内容を追体験できる内容にしよう、と決めたという。しかしアニメと並行したゲーム製作は苦労も多かったらしく、「(物語の後半に出てくるキャラクターたちは)アニメの設定がない状態でゲームのキャラクターを作らなければならなかった」とのこと。「ただ『アルスラーン戦記』製作委員会の協力できっちりしたものに仕上がっていますのでご安心ください」とも語っていた。

▲“アニメそのまま”なキャラクターたちがゲーム内で敵をつぎつぎとなぎ倒す本作。アニメ版と密な連携が取れたことにより、1話から(9月17日現在ではまだ放映されていない2話を含めた)最終話までの戦いが収録されている。また、アニメでは描かれなかった原作マンガのエピソードも外伝イベントとして数多く再現されている。

 キャラクターの再現には相当力を入れたらしく、「アニメとゲームのキャラクターが乖離しないよう」(中臺氏)『無双』シリーズでは珍しいトゥーンレンダリングを採用。一方で『無双』シリーズらしい爽快感あふれるバトルを実現するために、ゲーム内のアクションは中臺氏らゲーム製作側のスタッフから提案し、キャラクター性を壊さない範囲で脚色もしたとのこと。
 ナルサスの筆を使った攻撃は、原作の“絵がうまい”という設定から着想し、「そこまでイメージから逸脱したものではないだろう」という運びで採用、それと同じ流れでギ―ヴのウード(楽器)も武器として使われるようになったという経緯が語られた。

 キャラクターの話のつぎは、戦闘アクションについての話題に。数百~数千単位の軍団を率いて突撃する“マルダーンラッシュ”や、攻撃中に武器を切り替えて派手なコンボを決められる“チャージシフト”、アニメの絵をふんだんに使ったキャラクター強化システム“スキルカード”など、『アルスラーン戦記×無双』で初めて導入&アニメにマッチしたシステムの解説が行われた。

 ひと通り中臺氏の話が終わると、実機でのゲームプレイを交えてのより詳細な解説がスタート。マルダーンラッシュは初心者にとってはゲームクリアーのための救済措置のひとつ、アクションゲーム好きなプレイヤーにとってはコンボ稼ぎのポイントであるということ、チャージシフトをうまく使えば従来の『無双』シリーズよりも格段に長いコンボを決められることがわかった。また、シナリオの途中で操作するキャラクターが変わる(スタート時はアルスラーンを操作していたのだが、あるイベント発生後にダリューンを操作してアルスラーン救出に向かう展開に変化)という新要素もわかったが、ここでゲームショウの開演時間の都合もあり、イベントは終了した。

 この続きが気になる人は、10月1日に発売される『アルスラーン戦記×無双』の発売まで待つか、9月19日、20日に東京ゲームショウ2015のコーエーテクモブースを訪れ、本作を実際にプレイしてみてほしい。

▲『無双』シリーズ経験者としては、シナリオの途中で操作キャラクターが変わる点と、目に見えて強化されていた馬上攻撃も印象的だった。

▲アニメのブルーレイ特典や、別冊少年マガジンに本作のダウンロードコンテンツが封入されることも発表された。