【動画あり】『KITCHEN』を東京ゲームショウ2015で体験! 心臓が弱い方にはオススメしません!【TGS2015】

2015年9月17日~9月20日の期間、千葉県の幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2015。カプコンは、バーチャルリアリティシステム “PlayStation VR”(Project Morpheus)用タイトル『KITCHEN』を参考出展していた。その体験リポートをお届け!

●キッチンのことなら料理好きの俺にまかせろ! ……って、こういう内容かよ!

 2015年9月17日~9月20日の期間、千葉県の幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2015。カプコンは、ソニー・コンピュータエンタテ インメントジャパンアジアのバーチャルリアリティシステム“PlayStation VR”(Project Morpheus)向けのデモンストレーション用ソフト『KITCHEN』を出展していたので、さっそく体験。じつはコレ、2015年6月に開催された E3 2015でも出展されていたものだ(当時の体験リポートはこちら)。E3 2015の取材班によるとかつてない恐怖体験だったようだが、編集部イチの怖いもの知らず(自称)である記者が、さっそく体験することに。どうせ、みんな 大げさに言ってるだけでしょ?


00.jpg 01.jpg

▲PlayStation VR初体験でやる気マンマンの記者。ホラー映画・ホラーゲームは大好き。

 まずは、頭にPlayStation VRを装着。なお、記者はPlayStation VR自体、今回が初体験だ。まずは、意外な軽さにまず驚かされた。また、何があってもズレないよう、キツめに固定してもらったのだが、それでもまったく痛くない。まさにピッタリフィットという感じで、装着していて心地いい。いい気分になったところで、“PUSH ANY BUTTON”の表示が出たので、コントローラーを手に持ち、いよいよスタート! 何が起ころうとも、俺が返り討ちにしてやるぜ!(※本作はゲームではありません。記者が勘違いしているだけです。)
 なお、本記事では画面写真を掲載していません。気になる方はSCEブースでぜひ体験してください。

 視界いっぱいに広がるのは、カビ臭そうな台所。記者は椅子に座ってプレイしているのだが、この台所にいる自分の分身も、視点の高さから座っていることがわかる。まずは左右を見渡して観察してみると、キッチンの広さは4~6畳といったところだろうか。暗い廊下も見えるので、密室というわけではなさそう。目の前には三脚で固定されたビデオカメラのようなもの。そして左奥には……男性が倒れている。

 なるほど。とりあえず男性が生きているのかどうか確かめたくなったが、手もとを見ると、両手首を縛られた、自分自身の手が見える。なぜ自分自身の手だとわかったかというと、コントローラーを持っている手とまったく同じポーズだったことと、リアルで手を動かすと、その手も思い通りの方向に動かせたから。もっともそれ以前に、視野のすべてに光景が広がるPlayStation VRのおかげで臨場感がMAXなので、違和感自体をまったく感じないのだが。

 どうやら、台所にいる俺自身は、手首だけでなく体全体が椅子に固定されているらしく、動けない状態であることがわかった。なるほど、そう来たか。“目の前に人が倒れている”という危険な香りが漂う場所で、身体の自由がきかない状態というのは、さすがの俺でもちょっぴり不安になる。とは言え、腕を動かすことはできるので、なんとかこの状況を打破する方法はないか考える。すると、“コントローラーを奥に突き出せ”というアイコンの指示が。言われるがままに手を突き出すと……三脚を奥に向かって倒してしまった。

 ああっ、三脚を手もとに手繰り寄せれば何かできたかもしれないのに。俺のバカ! 今度は“やっちゃった感”でますます不安に。すると、左奥に倒れていた男性がモゾモゾ動き出す。


02.jpg 03.jpg

▲プレイ中の記者。思わず体が動く!

 「うわっ、ビックリした!」

 死体だと思っていたのと、三脚の件で意識が男性から逸れていたので、余計に驚かされた。また、「この男が悪い奴だったらヤバイよな……」という不安も頭をよぎる。すると、男性が何かを拾い上げた。その手には……包丁!? ヤバイんじゃないのコレ? しかし、男性の挙動を見るに、敵ではない様子。となると、その包丁で手首を縛る紐を切断してほしいところ。

 そんな思惑を読み取ってくれたのか、男性がこちらへ近づくが、手さぐりで動いているようで、様子がおかしい。アンタ、もしかして目が視えてないんじゃないの? しかも、男性は何かに怯えており、手もとがおぼつかない様子。早く自由になりたい気持ちはあるが、落ち着いて! こんなので大ケガさせられたらたまったもんじゃない! もう少しで紐が切れると思ったそのとき、男性の背後から黒髪で白い服の女性が現れた。その女性の表情を見た瞬間、記者の背筋が凍った

 「この女性、絶対ヤバイ奴だ! 早く助けて!」

 その直後、紐を切るのに夢中になっていた男性がナイフで刺され、横に突き飛ばされる。そして女性が記者のほうを向き、襲いかかってきた。こちらは、手首の紐がまだ切れておらず、一切の抵抗ができない状態。こ、怖い!! このまま痛めつけられて、じわじわと殺されるのかと思った直後、突き飛ばされた男性が立ち上がり、女性にタックルをかます。よし!

 しかし、目が視えない男性は、再び起き上がってきた女性に飛びかかられ、背中をメッタ刺しにされながら、暗い廊下へ引きずられていく。ああっ、いますぐ男性に加勢したい! でも動けない。男性の断末魔が聞こえてきた後、なんと男性の生首がボールのようにバウンドして飛んできた。思わず「ヒッ」と声が出る。男性が殺されたということは、次に殺されるのはやはり……。うわー、やめてくれ!

 記者の心臓がドッドッドッと鼓動を早める。しかし、女性の姿は見えず、走り回る音だけが聴こえてきた。その音が背後のほうに回り込んだので、「後ろから来るのか!?」と振り向くも、やはり女性の姿は見つからない。このまま遠くへ行ってくれないかな……。 少しでも冷静になろうと、男性の頭部にふたたび目をやった瞬間、記者の顔を撫でまわすように女性の手が! そして、背後から覗き込むような、女性の狂気に満ちた笑顔が目の前に!

 そして、記者はそのまま殺されてしまった。記者が味わった恐怖を少しでもお伝えしたいので、最後にプレイ中の記者の様子を動画で見ていただこう。


『KITCHEN』にチャレンジ中のででお

 撮影を兼ねているため、動画にフラッシュ音などが入っていますが、プレイ中の記者の感覚はヘッドフォンとPlayStation VRで外界と完全に遮断されています。ちなみにこちらはSCEブースで体験できるので、気になる方はぜひ足を運んでほしい。


04.jpg

▲プレイを終えて、顔面蒼白の記者。「俺の全細胞がこの場所から逃げ出したがっていた」