ゲームの舞台は現実世界そのもの!

 ポケモン、Niantic、任天堂は Android/iOS端末向けの新サービス、『Pokemon GO』を2016年にスタートすることを発表。公式リリースが到着した。

[関連記事]
ポケモンがスマホ用タイトル『Pokemon GO』を発表、開発は『Ingress』のNiantic Labsが担当、ビジネスパートナーに任天堂
ポケモンと任天堂がスマホゲーム『Pokemon GO』用の新デバイス“Pokemon GO PLUS”を開発!

 以下、リリースより。


1.『Pokemon GO』のご紹介

『Pokemon GO』は、位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルするといった体験をすることのできるゲームです。
このゲームはモニターの中だけで完結せず、プレイヤーは実際に家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーと出会いながら楽しむことができます。

元々『ポケットモンスター』シリーズは、ポケモンの交換やバトルといった要素によってプレイヤー同士が繋がる、ゲーム内で閉じないことを大事にしてきたゲームです。
『Pokemon GO』は、そんなポケモンの世界を更に拡げ、これまで以上にリアルとバーチャルを行き来しながら楽しむことのできるゲームになります。

『Pokemon GO』は、AndroidとiOSにて、2016年サービス開始予定です。
基本プレイは無料、アイテム課金有りのサービスを予定しております。

2.Pokemon GO Plusのご紹介

Pokemon GO Plusは、スマートフォンの画面を見続けなくても『Pokemon GO』を遊ぶことのできるデバイスです。
Bluetooth Low Energyを用いてスマートフォンと連携し、近くにポケモンがいる等のゲーム情報を、ランプと振動で知らせます。
また、ボタンを押すことでポケモンを捕まえる、等の基本操作を行うことも出来ます。

3.最新映像のご紹介

本日発表した『Pokemon GO』の世界を体感できる映像を、ポケモンの公式YouTubeチャンネルにて公開しております。

4.新プロジェクトの体制のご説明

今回、この新プロジェクトの開発を手がけるのは、Googleの社内スタートアップから始まったNiantic, Inc.です。
更に、ポケモンの世界観をしっかりと表現するために、株式会社ゲームフリークの増田順一氏も参画しています。

そして、スマートフォンの画面を見続けなくても『Pokemon GO』を遊べるデバイス、Pokemon GO Plusの開発・製造協力として、任天堂株式会社が参画しています。

このように、本プロジェクトは株式会社ポケモンだけでなく、Niantic, Inc.、増田順一氏、任天堂株式会社をはじめ、様々なパートナーと共に進めていくプロジェクトとなっています。


Pokemon GO
メーカー ポケモン
対応機種 iOSiPhone/iPod touch / AndroidAndroid
発売日 2016年配信開始予定
価格 基本プレイ無料(一部アイテム課金あり)
備考 発売元・開発元:Niantic ※端末やOSのバージョンによっては、プレイできない場合がございます。