カプコンの『戦国BASARA』と、ディー・エル・イーのアニメ『秘密結社鷹の爪』のコラボ展覧会が、渋谷パルコ・PARCO GALLERY Xにて、2015年9月3日から9月28日まで開催される。開催に先立ち実施された、メディア向けの内覧会と、トークイベントの模様をお届けしよう。

●グッズはFROGMAN氏自身が監修

 カプコンの『戦国BASARA』と、ディー・エル・イーのアニメ『秘密結社鷹の爪』(以下、『鷹の爪』)のコラボ展覧会が、渋谷パルコ・PARCO GALLERY X(渋谷パルコ PART1・B1F)にて、2015年9月3日から9月28日までに開催される。まずは、展覧会の内容の一部をお届けしよう。

 会場に入ると、そこには『戦国BASARA』、『鷹の爪』それぞれのグッズのほか、コラボレーションしたグッズもズラリ。2000円以上グッズを購入すると、オリジナルコースターがランダムで1枚プレゼントされる。そのほか、写真撮影が可能な甲冑着用体験も可能だ。

▲Tシャツ(S,M,L)
吉田、博士の2種
各2700円[税込]
▲ハンドタオル
伊達政宗、真田幸村、石田三成、毛利元就、徳川家康、長曾我部元親、前田慶次の7種が用意
各734円[税込]
▲ボールペン/シャーペン(吉田・博士)
各540円[税込]
▲手ぬぐい
1620円[税込]
▲アクリルスタンド
伊達政宗、真田幸村の全2種
各1620円[税込]

 じつはこのコラボ展は、2015年11月14日に実施される、島根県松江市の“松江城”を使って戦国時代の城攻めをリアルに体感できるイベント“鷹の爪団のSHIROZEME”のPRのひとつとなっている。

※関連記事
『秘密結社鷹の爪』島根県の松江城にて攻城戦ツアー“鷹の爪団のSHIROZEME”が開催決定 東京では『戦国BASARA』とのコラボイベントも実施

 ここからは、『鷹の爪』の作者であるFROGMAN氏と、ジャーナリスト・作家であり“鷹の爪団のSHIROZEME”でアドバイザーを務めた宇田川敬介氏によるトークの模様をお届けしよう。

▲左から、FROGMAN氏、宇田川敬介氏、そして特別に会場に訪れた『鷹の爪』のキャラクター・吉田君。
ちなみに、FROGMAN氏が着ている甲冑は“鷹の爪団SHIROZEME”公式のものだそうだ。

 FROGMAN氏によると、松江城で城攻めのイベントをやってみたい、夏といえば“戦国もの”をやりたいということから企画が始まり、ちょうど10周年を迎える『戦国BASARA』とコラボすることを思いついたとのこと。カプコン側は、いままでも『逆転裁判』などで『鷹の爪』とコラボしていたこともあり、今回のコラボも快諾してくれたそうだ。
 なお、今回のコラボ展のグッズはFROGMAN氏自身が何度も監修を行っており、“きっと満足していただけるもの”に仕上がっているとのことだ。

 FROGMAN氏によると、近年では島根を初めとしてちょっとした“城ブーム”があり、歴史に興味を持つ若い人が増えているという。
 宇田川氏は「若い人が、とくに幕末の時代に興味を持たれているようです。そして、歴史好きな女性も増えています。そういう意味では『戦国BASARA』は美形のキャラがたくさん出てきていますから、さらに女性の歴史ファンが増えそうですよね」とコメントした。