『ブレイブルー セントラルフィクション』既存キャラクタープレイリポート! ラグナやハザマなどの注目キャラをチェック

アークシステムワークスの新作アーケード版対戦格闘ゲーム『ブレイブルー セントラルフィクション』の既存キャラクターのプレイリポートをお届け。

●編集部注目の既存キャラクターをレビュー

 こんにちは。ファミ通の格闘ゲーム好き編集者の豊泉三兄弟(次男)です。ついにアークシステムワークスの最新アーケード版対戦格闘ゲーム『ブレイブルー セントラルフィクション』のロケテストがスタートしましたね。こちらの開発スタッフインタビューと、こちらの新キャラクタープレイリポートはもう読んでいただけたでしょうか? まだの方はまずはそちらを読んでいただけると。そして今回は、僕と攻略ライターのH.H、甲田 久の3人で協力して、編集部注目の既存キャラクターのプレイリポートをお届けします! あ、バングはこちらのブログに詳しく書きましたので、よろしくお願いします。

※本記事は2015年7月18日の体験会バージョンをもとに、編集部調べにて作成しています。製品版や今後のバージョンとは内容が異なる場合があります。

ラグナ
 立ちC→しゃがみDのリボルバーアクションルートが削除されたが、立ちB→しゃがみDが連続ヒットする。この変更点はオーバードライブ中に特に影響しそうな点なので覚えておきたい。なおしゃがみDは上段攻撃となったため、中距離での下段攻撃はレバー前+Cをメインに用いると良さそうだ。新技のナイトメアエッジは空中から地上へ相手を叩きつける攻撃。追加攻撃では相手を真横に吹き飛ばすので、密着で起き攻めを狙うか画面端へ押し込むかを使い分けることができる模様。

ハザマ
 新技の蛇骸は目の前を攻撃する技で、使用後は蛇刹を構えるのが特徴。地上の相手にヒットさせるとよろけを誘発するので攻め継続に効果を発揮。空中ヒット時は蛇刹からの派生攻撃が連続ヒットするので、画面端でのコンボの発展性に期待したい。ウロボロスゲージは今までのストック制ではなく、時間経過による回復制が採用されていた。蛇翼崩天刃は無敵時間が無くなったものの、攻撃発生は早くなっているようだ。

ジン
レバー前下+Cのモーションが足元を切り払う攻撃に変化。リーチがかなり長く、立ちC先端からでも連続ヒットし、尖晶斬が繋がるのでコンボ面での利用価値が高くなっている。新技の氷翔刹はヒートゲージを25%消費して画面内に氷のオブジェを設置する攻撃。オブジェの持続時間は長めなので、立ち回りで設置した時は相手の行動を制限する効果が高い。固めで用いる場合は密着でガードさせてもジン側が有利になり、ヒット時は相手を凍らせる性能になっているので25%分の価値はありそうだ

ミュー
しゃがみCはジャンプキャンセル可能に。受け身不能時間は長いままなので、コンボの中継技としての用途に期待したい。立ちC→レバー前+Cのリボルバーアクションは空中の相手にも連続ヒットするので中距離ではジャンプ防止のプレッシャーが上昇しているぞ。新技のクーノトコタチは設置したガンナーが誘導弾となって相手方向へ移動する。クニノトコタチを追いかけながら相手に近づけば、かなり安全に攻撃のチャンスを作ることができそうだ。

レイチェル
ジャンプ中のレバー下+Cは発生直後が中段攻撃に変更。下方向へのシルフィードと組み合わせれば高速中段になるので、密着時のガード崩し行動として利用したい。新技のアイビー・ブロッサムは画面内に複数の小さなコウモリ群を召喚する技。このコウモリ群は攻撃判定は無いものの、相手に近づくだけで相手の体力を奪い去る性能になっている。シルフィードによって移動し、相手方向へ誘導すれば防ぎようの無い攻撃となる面白い必殺技だ。オーバードライブは全通常攻撃のジャンプキャンセル可能化は無くなったものの、オーバードライブ中のシルフィードゲージの回復速度はかなり早いので固めでの利用価値に期待したい。