『Axiom Verge』 細部まで作り込まれた探索型2Dアクションの大傑作!【とっておきインディーVol.35】

古今東西のインディーゲームを主観バリバリで紹介していくコーナー。今回は、精緻なドット絵の探索型アクション。

●開発期間5年! ひとりの男の執念が生んだ狂気のダンジョンエクスプローラー

 探索は、ビデオゲームの古典的テーマのひとつ。起源となる『メトロイド』と『キャッスルヴァニア』シリーズにあやかり、ゲーマーのあいだでは“メトロイドヴァニア”と呼ばれるジャンルを築いている。
 本作もメトロイドヴァニアタイプのゲーム。ジャンプとショットのオーソドックスな横スクロールアクションだが、ゲームデザイン、グラフィック、音楽、プログラミングのすべてが、Thomas Happ氏たったひとりで作られたことは驚異的だ。
 物語のテーマも探索にある。主人公の科学者Traceは実験中の事故に巻き込まれ、謎の惑星で目を覚ます。不思議な女性の呼び声に従って、惑星の探索を開始する。やがて過去の自分と向き合い、自己の内面を探求し始めることに……。
 有機的なビジュアルデザインや科学者というヒーロー像は、1980年代SFの王道モチーフだ。目新しさこそ少ないが、“自己の探求”というテーマは、メトロイドヴァニアというジャンルに見事にマッチ。ワンマン開発こその圧倒的統一感をご堪能あれ!


Elsenova

▲Elsenova(左) 助けを求める謎の生体コンピューター。危機に瀕する惑星を救うため、Traceに指示を与える。
▲Trace(右) 事故に巻き込まれた科学者。戦闘・探索もそつなくこなす、白衣のナイスガイ! その正体はいったい……。

01 02

▲ドット絵で表現される、圧倒的スケール感のボスバトル! ジャンプアクションを軸としつつ、多彩な武器を使い分けよう。

▲8bitを思わせる渋い色使いは、SF的設定にマッチ。探索の雰囲気を盛り上げる、レトロかつトリップ感がある音楽も必聴。

1980年代テイスト満載!
王道SFアドベンチャー


03 04

▲ビジュアルは、1980年代に『メトロイド』や『R-TYPE』などに影響を与えたと言われている、ギーガーの影響が非常に色濃い。

▲カットシーンもすべてドット絵。主人公が白衣の天才科学者という設定は、どこか懐かしさすら感じさせる。

●登場武器は20種類以上! 場面に応じて使い分けろ

 Traceが惑星で発見した生体兵器“Axiom Disruptor”は、通常ショットのほか、パーツ装着によって多様な武装が追加可能。敵の撃退だけではなく、スイッチのオン・オフにも武器を使用するため、地形やボスに応じて使い分けよう。紹介するのはごく一部で、パーツは探索で発見する。コンプリートはクリアーには必須ではないが、収集自体が楽しい!


001-nova

Nova
トリッキーな二段仕込み散弾銃
 ボタンを押すと弾丸が発射、再び押すと6方向に破裂する散弾銃。連射不可でダメージ効率は悪いが、隠れた場所の敵やスイッチに有効。序盤のお供。


05 06
002-kilver

Kilver
高威力、広範囲、便利な貫通性能
 終盤まで使える強力な近接武器。壁を貫通する電撃は、探索でもボス戦でも重宝する。突発的な戦闘にも強く、常時装備しておきたい。効果音も爽快だ。


07 08
003-LG

Lightning Gun
目標をサーチしてロックオン
 後半に入手できる自動サーチ型レーザー。威力は強いが射程は短く、敵単体にしか効果がない。そのため、ザコ戦よりもボス戦に真価を発揮。


09 10

アイテムを駆使して惑星を踏破せよ!
 探索アイテムも豊富だ。岩盤を掘削するドリル、壁をすり抜ける白衣、定番のワイヤーフック、小さな隙間を探索するリモートドローン。アイテムの入手とともに探索範囲が広がるのは、メトロイドヴァニアの醍醐味。通過した地点も慎重に調べてみよう。


11

▲探索でマップを埋めていくのが楽しいのも、メトロイドヴァニアゲームの特徴だ。

12 13

▲ドリルやワイヤーフックで未踏地点が突破可能! 広大なマップには隠し通路も多く含まれ、攻略の自由度は高い。目指せ、100%クリアー。

キーワードはバグ?
 テーマは探索だが、もうひとつのキーワードは“バグ(glitch)”。本作では、レトロゲーム時代のバグをビジュアルとしてあえて組み込んでいて、物語においてもキーとなっている。バグが発生した原因は何か? Traceはなぜこの世界にいるのか? 機械的複製が生み出す意識の謎に迫れ。


14 15

▲行く手を阻むバグは、道具で除去可能。裏ダンジョンに入ると、そこは完全にバグった世界!


Axiom Verge
メーカー Thomas Happ Games
対応機種 PlayStation Vita / プレイステーション4 / Windows
発売日 配信中
価格 Steam版は1833円[税抜](1980円[税込])
ジャンル アクション・アドベンチャー
備考 PS Vita、PS4版は国内未配信

(C)2014 Thomas Happ Games LLC