ブラスに和楽器、そして豪華フルオケ! フェス最終日を迎えた“4starオーケストラ2015”の盛り上がりは最高潮に!

4年に1度のゲーム音楽フェス“4starオーケストラ2015“。最終日の模様をお届け。

●最終日も大いに盛り上がった!

 2015年5月3~5日にかけて開催された、4年に1度のゲーム音楽フェス“4starオーケストラ2015“。最終日となったこの5月5日も、2会場にまたがって3つの公演が行われた。これまでにも数々の名曲たちが演奏され、連日参加していたであろう観客たちは、ゲーム音楽の世界にどっぷりと浸れる貴重な経験をしたはず。それでは、かなりのボリュームのリポートをお楽しみいただきたい。

[関連記事]
※4年に1度のゲーム音楽の祭典“4starオーケストラ2015”をリポート フェスは1日目から大盛り上がり!
※ピアノ、バンド、フルオーケストラにて奏でられるゲームの名曲たち。“4starオーケストラ2015”2日目の模様をリポート!


4star_day3/01 4star_day3/02

▲初日には空きスペースの目立ったフラッグは、最終的にはこの状態に。参加者それぞれのゲーム音楽に対する愛情がかいま見える。

▲この日もサイン会は大盛況。『ポケットモンスター』シリーズの作曲者である一之瀬剛氏と景山将太氏がファンとの交流を楽しんだ。

●力強い吹奏楽団の響きに燃えた! BRASS EXCEED TOKYO in 4Star 2015

 八王子市芸術文化会館 いちょうホールの大ホールで開かれたのが、吹奏楽コンサート“BRASS EXCEED TOKYO in 4Star 2015”。演奏を受け持つBRASS EXCEED TOKYOとは、さまざまなジャンルの音楽を自由な発想にてエネルギッシュに奏でるスタイルが特徴の吹奏楽団。これまでにもゲーム音楽コンサートの開催や、日本ファルコムの音楽CDに参加するなど、ゲーム音楽とは深い縁がある。それだけあって、演奏はもちろん、司会を務めた吉田純也氏のハイテンションなトークも手伝い、会場全体が一体となっての盛り上がりとなった。


4star_day3/03

▲パンチの効いたブラスの演奏で数々のゲーム音楽を演奏したBRASS EXCEED TOKYO。大人数の男女混声コーラス隊による歌声も非常に印象的なものとなった。

 最初に披露されたのは、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』の楽曲をシーンごとにメドレー形式で演奏するプログラム。『ポケモン』シリーズならではの元気いっぱいな楽曲たちが原曲のよさを活かした形でアレンジされ、さらにドラムセットのあるビートの効いたサウンドとあってノリノリな仕上がりに。タイトル、戦闘、シティ、そしてポケモンに乗っての飛行シーンと、プレイヤーにとって想い出深い情景を切り取ったかのような楽曲構成は、すばらしいのひとことであった。

 演奏の合間にステージに登場したのは、作曲者であるゲームフリークの一之瀬剛氏と、SPICA MUSICAの景山将太氏。ふたりとも登場時から興奮した様子で、「12年前に作曲したときは生演奏になるとは思っていなかったので、超~感動しました。」(一之瀬氏)、「すごく大人っぽく艶があって、生演奏ってすばらしいと思いました」(景山氏)と大絶賛。また「天翔ける幻」「天翔ける夢」については、「ポケモンに乗って大空を飛びたいと誰しもが思った夢が『オメガルビー・アルファサファイア』で実現したのですが、僕自身が開発中に初めてそれを見た時の感動を素直に音楽にしました」(景山氏)と、作曲当時の想い出深いエピソードを披露していた。


4star_day3/04

▲ステージで軽妙なトークを披露したMCの吉田純也氏、そして作曲者の景山将太氏と一之瀬剛氏(左から)。景山氏のゲームフリークへの採用面接を受け持った一之瀬氏は「作品はすごくいいのにすごくやつれていた印象で“彼は大丈夫かな?”」が第一印象だったとか。

 かわいらしくファンタジックな演奏で表現された『風のクロノア door to phantomile』メドレー、荘厳なコーラスやギターサウンドにて神秘渦巻く壮大な世界観を再現した『クロノ・クロス』メドレーにて前半は終了。この段階で、観客たちはすっかりBRASS EXCEEDが作り出すゲームの世界観に浸っている様子だった。

 後半となる第二部で演奏されたのは、交響組曲『ファイナルファンタジーV』。これは、BRASS EXCEED TOKYO公演の“吹奏楽が奏でるゲーム音楽”シリーズでもっとも人気が高かった『ファイナルファンタジーV』メドレーに、さらなるアレンジを加えて全四楽章に構成しなおしたプログラム。ゲームのシナリオ進行に沿った楽曲構成に加え、幕間にMC吉田氏による朗読寸劇(名セリフの再現付き!)も披露されるなど、まるでゲームをプレイした“あの頃”を思い出すかのような、見事な完成度となっていた。最終曲目の“エンドタイトル”、そしてアンコールとしてピアノソロ→フル編成による“ファイナルファンタジー”が終わると、場内は割れんばかりの拍手に包まれていた。


4star_day3/05

▲終演後の出演者。(左から)吉田純也氏、コンサートマスターの福井健太氏、ピアノソリストの安田結衣子氏、指揮者の津堅直弘氏、景山将太氏、一之瀬剛氏。

■BRASS EXCEED TOKYO in 4Star 2015 セットリスト

ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』メドレー
M01 タイトルデモ ~ホウエン地方の旅立ち~、タイトルデモ2、タイトル ~メインテーマ~
M02 戦闘! 野生ポケモン、戦闘! ジムリーダー
M03 ミシロタウン、カイナシティ、ハルカ、20番道路、海の科学博物館、ルネシティ
M04 天翔ける幻、天翔ける夢
M05 『風のクロノア door to phantomile』メドレー
I'M ON YOUR SIDE、THE WINDMILL SONG、THE RONGO LANGO、GRANPA'S CHAIR、WEEPING KARAL、BALADIUM'S DRIVE、RESURRECTION
M06 『クロノ・クロス』メドレー
CHRONO CROSS ~時の傷痕~、神の庭、テルミナ アナザー、次元の狭間、MAGICAL DREAMERS ~風と星と波と~、時のみる夢、CHRONO CROSS ~時の傷痕~

(休憩)

M07 交響組曲『ファイナルファンタジーV
【一楽章】オープニング~ファイナルファンタジーV メインテーマ~街のテーマ~ダンジョン~バトル1
【二楽章】呪いの地~ハーヴェスト~幻惑されて~バトル2~王家の宮殿
【三楽章】暁の戦士~はるかなる故郷~思い出のオルゴール
【四楽章】光を求めて~ビッグブリッヂの死闘~決戦~最後の闘い~親愛なる友へ~エンドタイトル

EC01 ファイナルファンタジー【ファイナルファンタジーV】