劇場版『ラブライブ!』μ’sキャスト9人よりアフレコ後コメントが到着

2015年6月13日公開予定の完全新作劇場版アニメ『ラブライブ!The School Idol Movie』について、μ’sのアイドルたちを演じる9人の声優よりアフレコ後コメントが到着した。

●“ベストアルバム2”が発売中!

 2015年6月13日公開予定の完全新作劇場版アニメ『ラブライブ!The School Idol Movie』について、μ’sのアイドルたちを演じる9人の声優よりアフレコ後コメントが到着した。

▲写真左上から
久保ユリカ、飯田里穂、Pile、徳井青空、南條愛乃、楠田亜衣奈
内田彩、新田恵海、三森すずこ
※敬称略

以下、リリースより。


Q1. 『ラブライブ!The School Idol Movie』のアフレコを経て、どのような想いを抱きましたか?
Q2. ファンの皆さんへ一言お願いします!

<高坂穂乃果役:新田恵海さん>
Q1. 細部まですごくこだわっていて、キャストはもちろんのことスタッフや関わってくださるみなさんの大きな愛情で、この作品は作られているんだなぁと実感しました。そして、ラブライブ!という作品は、私にとってかけがえのない特別なものなんだと、改めて感じることができました。
Q2. 私たちとスタッフのみなさんと、そしてファンのみなさんとの今までとこれからが詰まっています。みなさんの心に響く瞬間があったらうれしいです。どうかμ's の「今」を見つめてください☆

<絢瀬絵里役:南條愛乃さん>
Q1. 長い付き合いになったなァと。色々なことがあったなと思いながら、彼女たちが大きなスクリーンで成長する姿が見られて嬉しいなと思いました。
Q2. 大ボリュームのストーリーと、メンバーの成長、曲、全てを楽しみにしていて下さい。きっとハラショー!です!

<南 ことり役:内田 彩さん>
Q1. 今まで彼女達と過ごしてきた5年間、本当にみんな同じように悩んで考えて、みんなで進んできました。ラブライブ!は、μ's とキャストの、「私達」の軌跡なんだって、胸がきゅっと切なくなりました…
Q2. 『みんなで叶える物語』のみんな一人ひとりに、ラブライブ!、μ’s に対する気持ち・想いがあると思います。劇場に、それを持ってきてね…!

<園田海未役:三森すずこさん>
Q1. アニメの時と同じく、学生時代を海未としてもう一度生きている気持ちになり、すごく切ない感情が溢れてきました。かけがえのない時間を大切にしたいと想いました。
Q2. 劇場版を楽しみにしていてくれる沢山のファンのみなさん、誇りを持ってお届けできる素敵な作品が出来ました!!ぜひワクワクして待っていてください(((o(*゜▽゜*)o)))

<星空 凛役:飯田里穂さん>
Q1. μ'sがここまで来たのか、、μ's頑張った、凄いね。夢は本当に願えば叶うんだね。と演じていてもすっかりラブライブ!の世界にどっぷりはまって圧倒されていました。どの台詞も一言一句逃さないよう想いを込めました。スタッフさん、キャストの熱量が改めて一つになったと感じました。沢山のみなさんに届きますように。。☆
Q2. みなさんいつも応援ありがとうございます!!劇場版ではまだまだあるμ'sの魅力に驚かされると思います!! μ'sの全身全霊!の姿、劇場版でもしっかり見てくださいね☆ ちゃんと見てくれないと山頂アタックにゃ~~>ω</☆笑

<西木野真姫役:Pile さん>
Q1. まず、声優という仕事を初めてさせていただいたのがこの作品であり、TVアニメ1期から2期、そして劇場版まで出来る作品に参加できたことがとても感慨深く、たくさんの素敵な経験ができたな、と改めて思いました。
Q2. 皆さんも楽しみにしていただいてると思いますが、私もまた元気にはつらつと動くμ's に会えるのがとっても楽しみです!!  ラブライブ!は細かいところにもたくさんこだわっていて、制作してくださってる方々の愛情がたくさん詰まっています。一度と言わずに二度三度と劇場に足を運んでいただいてけたら毎回新しい発見があり楽しめると思うので、是非何度も観て欲しいです!

<東條 希役:楠田亜衣奈さん>
Q1. 劇場で観るのがより楽しみになりました。TVアニメ2期の時は卒業というテーマで寂しい気持ちが大きかったのですが、それを乗り越えて、清々しい気持ちになりました。
Q2. スタッフ、キャスト、そして劇場公開を楽しみにしてくださる皆さんの愛が詰まった作品になっていると思います。『ラブライブ!The School Idol Movie』楽しみにしていてください!!

<小泉花陽役:久保ユリカさん>
Q1. 出来上がりの楽しみが一番大きいですが、それと同じぐらいなぜか寂しさ、というか切なさがありました。色々な方々の力が合わさってできている作品だと改めて感じて、感謝の気持ちでいっぱいです。
Q2. 今までずっと応援して来てくださっている方も、最近出会ってくださった方にも、どんな立場・状況であっても楽しんでいただける作品だと思います。私自身も、みなさんにより喜んでいただける表現ができるように努めますので…これからも、ラブライブ!から繋がる皆さまの笑顔を見せ続けてくださいね!!

<矢澤にこ役:徳井青空さん>
Q1. 自分にとってμ's のみんながどんな存在なのか、これからのことも含めてすごく考えさせられました。やっぱりにこ達μ's が大好き!!!
Q2. いつも応援ありがとうございます!μ's のみんなが劇場でお待ちしています!μ's の想いをしっかり受け止めて欲しいと思います。挿入歌もすごく素敵なので何度も聴きに来てくださいね!

■ラブライブ!ベストアルバム2 μ's Best Album Best Live! Collection II 好評発売中!
超豪華限定盤 9,200 円(税抜)/通常盤 3,700 円(税抜)

●TVアニメ1期OP主題歌「僕らは今のなかで」~BiBi「冬がくれた予感」までに発売された楽曲全38曲+リミックス曲8曲収録!

【超豪華限定盤】μ's のいつもあなたのそばに…セット 付属
 アルパカパスケース(♀)/特大イヤホンジャックアクセサリー
 マイクロファイバーメモリアルジャケットバスタオル/特製収納ボックス

【超豪華限定盤・通常盤共通】CD3 枚収納デジパックケース
 発売元:株式会社ランティス 販売元:バンダイビジュアル株式会社

■『ラブライブ!The School Idol Movie』作品概要

≪ラブライブ! The School Idol Movie とは?≫
 「みんなで叶える物語」をキーワードにオールメディア展開するプロジェクト『ラブライブ!』。 スクールアイドルグループ「μ’s (ルビ:ミューズ)」による音楽 CD リリースの他、ライブイベントやアニメーション、 雑誌連載、ノベル・コミック、スマートフォンアプリ、ラジオなど、様々なメディアでの展開を行っています。
 2013年1月よりTVアニメ1期、2014年4 月よりTVアニメ2期を放送し、最終話放送終了後に完全新作劇場版である本作の制作を発表。そして遂に、「ラブライブ!The School Idol Movie」として 6月13日(土)より劇場公開いたします。

◇これまでのお話
 廃校の危機にある国立音ノ木坂学院を救うため、スクールアイドルグループ「μ's」を結成した、2年生の高坂穂乃果をはじめとする9人の女子生徒たち。彼女たちの活躍で廃校は阻止され、3年生にとって最後のチャンスとなるスクールアイドルの祭典「ラブライブ!」第2回大会では、数々の困難を乗り越えて見事決勝戦進出を果たす。そんな彼女たちは今日、卒業式を迎えていた。3年生の卒業をもってμ's はおしまいにする。そう決めていた9人は、思い出を辿りながら校内を巡っていく。そして校門を出ようとしたその時、彼女たちのもとに 1通のメールが届いて……!
 μ's の新たな物語が遂に幕を開ける!!

◇イントロダクション
 卒業式の直後、μ’s のもとに飛び込んできたひとつの知らせ。3年生の卒業をもって活動をおしまいにすると決めていたμ’s だったが、その知らせを受けて、新たなライブをすることに! 見たことのない世界とふれあい、また少しずつ成長していく9人。スクールアイドルとして、最後に何ができるのか——。限られた時間の中で、μ'sが見つけた最高に楽しいライブとは!?

◇スクールアイドルとは?
 近年、全国各地の学校内で結成されているアイドルグループのこと。学生ながらトップクラスのスクールアイドルグループは10代を中心に絶大な人気を誇っている。雑誌などのメディアに露出する機会も多く、有名なスクールアイドルが在籍する学校は注目を集めている。

[CAST]
高坂穂乃果:新田恵海/絢瀬絵里:南條愛乃/南 ことり:内田 彩/園田海未:三森すずこ
星空 凛:飯田里穂/西木野真姫:Pile/東條 希:楠田亜衣奈/小泉花陽:久保ユリカ
矢澤にこ:徳井青空

[STAFF]
原作:矢立 肇/原案:公野櫻子/監督:京極尚彦/脚本:花田十輝
キャラクターデザイン・アニメーションディレクター:室田雄平/セットデザイン:高橋武之
美術監督:守安靖尚、岡崎(※崎は旧字)えりか/色彩設計:加藤里恵/デザインワークス:西田亜沙子
撮影監督:野上大地、杉山大樹/CG プロデューサー:松実 成/編集:今井大介
音響監督:長崎行男/音楽:藤澤慶昌/音楽制作:ランティス/アニメーション制作:サンライズ
製作:2015 プロジェクトラブライブ!ムービー/配給:松竹



2015年6月13日(土)公開
(C) 2015 プロジェクトラブライブ!ムービー
(C) 2013 プロジェクトラブライブ!