『ガールフレンド(仮) きみと過ごす夏休み』ゲーム内容とかわいい8人のガールたちを紹介

バンダイナムコエンターテインメントは、2015年8月20日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『ガールフレンド(仮) きみと過ごす夏休み』について、夏休みをともにする8人のガールたちの情報を公開した。

●PS Vitaならではの機能も充実!

 バンダイナムコエンターテインメントは、2015年8月20日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『ガールフレンド(仮) きみと過ごす夏休み』について、夏休みをともにする8人のガールたちの情報を公開した。

■夏休みに進展するガールたちとの関係

◆心がキュンとする夏の恋愛アドベンチャーゲーム
 プレイヤーは聖櫻学園でガールたちとともに学ぶ2年生の男の子。夏休みの間、さまざまなスポットでガールたちと出会い関係を進展させてゴールへと近づくことができるか!?

▲夏ならではのイベント満載の、どきどきの恋愛ストーリー。

◆学校や街、海でガールたちとすごす最高の夏休み!
 ガールたちは、それぞれの過ごし方で夏休みを満喫している。“部活”や“委員会”活動を頑張る子、 “夏休み中にやりたい何か”を持っている子。プレイヤーは主人公となり、街のさまざまなスポットでガールたちと出会い、コミュニケーションすることでガールたちとの関係を進展させていく。夏休みならではのイベントも満載!

▲夏休みならではのイベントが盛り沢山! ゲームオリジナルストーリーを堪能しよう!

◆豪華声優陣がフルボイスで贈る、ゲームオリジナルストーリー!
 ガールたちの声はもちろん、豪華声優陣によるフルボイス収録。さらに、一部のイベントではバイノーラル録音を採用し、ヘッドホンを使用することでまるで耳元でささやかれているようなシチュエーションを体感できる。ガールたちとの距離感をより身近に感じられる演出でシーンを盛り上げる。

◆プレイステーション Vitaならではの機能も充実!
 プレイステーション Vitaならではのワイド画面に複数のガールたちが登場。会話シーンではガールたちに囲まれる臨場感が満載! プロフィールメニューではボイスや衣装などを確認したり、ガールたちのより詳しいプロフィールも閲覧可能。お気に入りのガールとの好感度の確認もできる。

■夏休みをともにする8人のガールたち

◆椎名心実(声.佐藤聡美さん)

 文武両道、優等生の美少女。なんでもオールマイティーにこなすが自然体。礼節を守りつつ、誰にでも気さくに接することができる。基本的に頭がよくしっかりした人物だが、育ちの良さからかどこか天然気質。男女ともに人気があるが、本人には自覚がない。

 甘いものが大好きだが、新体操のプロポーションを保つために我慢することが多い。部活は熱心に励み、毎回大会では上位にランクインする実力者。幼少期からさまざまな習い事を経験したうえで、適正と本人のやる気から現在まで新体操を続けている。

◆村上文緒(声.名塚佳織さん)

 無愛想で口数少なく、淡々と作業をこなす他は本を読んでいる図書委員。無口でクールな図書室の華……思われているが、実際は感情表現が苦手で口下手なだけの人。誤解されやすいが、口下手なためにそれをうまく訂正できずにいる。内面的には善良な常識人で、ほどほどに年頃の女の子。

 時折自分から何かしようとしたときに、知識だけで行おうとしておかしなことになることがある。親切心で何か言っても、無愛想で端的な調子で誤解される自分に、内心落ち込むことが多い。

◆望月エレナ(声.原田ひとみさん)

 写真部員。甘い色っぽい雰囲気で誰をも虜にしてしまう。とにかく女の子が大好きで、色んな女の子をモデルにして写真を撮るのが趣味。男子にかなり人気があるが、女の子にモテたほうがうれしい。

 エレナのセルフポートレートや、人物写真は写真コンテストで入賞したことが何度もあり、撮影センスはかなり良い。愛用のデジタル一眼は家族からのプレゼント。いつも持ち歩いている。

◆クロエ・ルメール(声.丹下桜さん)

 フランス人留学生。日本文化研究会に所属しているが、経験のため色々な部活に体験入部をしている。自国で放送されていた日本製アニメから日本に興味を持ち、趣味が高じて留学までしてきた日本マニアのフランス人。

 現在はアニメだけでなく、歴史・文化など広く日本のことに興味を持ち、日々勉強している。明るくのどかな人柄だが、留学までしてくるだけに好奇心が強く行動力があり、日本の常識とのズレもあって、時折困った事態を引き起こす。

◆ミス・モノクローム(声.堀江由衣さん)

 謎のアンドロイド。複数作られた姉妹の中で、何故か自我を持った唯一の個体。ほかの固体は“対人コミニュケーションとしてプログラムされた表情・感情表現”を行なうが、ミス・モノクロームはそれを上手く行なうことができない。感情とその表現をうまく理解できておらず、わからないままにそれを行なうことを自我が無意識に拒絶しているため、と考えられている。

 研究の一環で、多感な世代の集団の中に置くことで感情を学習させる、という目的のために学園に転入してくることになる。

◆櫻井明音(声.佐藤利奈さん)
 2年生。放送部のヒロイン。普段は明るく朗らかな雰囲気で、感じの良い女の子。機転が利いて気配りもできるクラスの頼れる人気者であり、友人も多い。マイクを持って放送に入るとノリがよくなり、熱い実況者になる。憧れはスポーツの実況アナウンサー。実際に実況について勉強しており、女性ながら実況アナウンサーになることを目指している。

 ポニーテールにはこだわりがあり、マイゴールデンポイントを日々研究している。髪を結ぶシュシュをたくさん持っていて、シュシュ収集はひとつの趣味。