なぜバトルフィールドは円形なのか? “吉Pに物申す”ほか『FFXIV』来場者参加ステージリポート【ニコニコ超会議2015】

2015年4月25日、26日の2日間、千葉・幕張メッセで開催されたニコニコ超会議2015。その『ファイナルファンタジーXIV』ブースで催された来場者参加型ステージ、“超太鼓の達人大会”、“超トリプルトライアド大会”、そして“吉Pに物申す!”の模様をお届けする。

● “極タイタン討滅戦”で開発者全員が床ペロ!?

 2015年4月25日、26日の2日間、千葉・幕張メッセで開催されたニコニコ超会議2015。その『ファイナルファンタジーXIV』ブースで催された来場者参加型ステージ、“太鼓の達人大会”、“超トリプルトライアド大会”、そして“吉Pに物申す!”の模様をお届けする。

 初日に催された超太鼓の達人大会は、ブース内に設置された『太鼓の達人』筐体限定でプレイできる曲“過重圧殺!~極タイタン討滅戦”を、事前に抽選で選ばれた来場者が開発コアメンバーとタッグを組んでプレイし、ふたりの合計得点で成否を決めるという催しだ。もっとも高得点だったチームの来場者には、“I BEAT TAIKO”と書かれた超激レアのTシャツがプレゼントされるということもあり、多くの参加者が集まった。

▲司会進行役はおなじみコミュニティチームの室内俊夫氏。

▲このイベントのために作られたという超貴重なTシャツ。『太鼓の達人』のどんちゃんとタイタンがコラボレートした、イカしたデザインだドン!

▲複雑な譜面でプレイヤーを苦しめる、難度“むずかしい”での挑戦となった。

 イベントが始まると、まずはゲストとしてバンダイナムコエンターテインメント『太鼓の達人』ディレクターの江藤裕平氏が登場。じつは江藤氏は『FFXIV』の熱心なプレイヤー。そのため、みずからの思い入れを『太鼓の達人』の“極タイタン討滅戦”に込め、ゲーム中のバトルの感覚を曲で再現するというコンセプトのもと製作したという。

▲メインジョブはナイトという江藤裕平氏。白魔道士がメインの御夫人といっしょにプレイしており、大迷宮バハムート:侵攻編4に挑戦中とのこと。

 江藤氏は、「こんなにすてきなステージにご招待いただいたので、お土産を持ってきました」と、『太鼓の達人』のキャラクター・和田どんと『FFXIV』をコラボレーションさせたイラストを披露した。

▲1枚目は“蒼天のイシュガルド 竜騎士”バージョンの和田どん。「『蒼天のイシュガルド』の発売決定おめでとう! という意味を込めて」と江藤氏。いわば“蒼天のイシュガルどん”?

▲2枚目は『旧FFXIV』からずっと不滅隊に所属している江藤氏が、恩義に報いるために作ったという“ラウバーン&ナナモ”バージョンの和田どん。

▲3枚目は2.0シリーズでこの方の活躍を忘れてはいけないということで披露された、“事件屋 ヒルディブランドン”。このイラストに対し、室内氏は「もはやどんちゃんは、どこにいったんでしょう!?」とツッコミを入れていた。

 続いて江藤氏と、当日のリポーターひげおやじ氏がデモプレイを披露。さすがは『太鼓の達人』ディレクター。ミスなく、リズムよく、294コンボを(太鼓だけに)叩き出す凄腕を見せつけた。

▲下が江藤氏のリザルト。真ではなく極という部分に注目。高めの難度で作られたという“極タイタン討滅戦”だが、見事なバチさばきでクリアした。

 そしていよいよタイタン討伐の時間。サウンドディレクターの祖堅正慶氏、世界設定担当の織田万里氏、リードトランスレーターのマイケル・クリストファー・コージ・フォックス氏(以下、マイケル氏)、メインシナリオライターの前廣和豊氏が順に来場者とタッグを組み、“極タイタン討滅戦”に挑戦した。

 来場者は、ステージ上の巨大スクリーンに映し出される開発コアメンバーたちのタッグのプレイを鑑賞。高難度の譜面にアタフタするメンバーの姿に笑いが巻き起こるなど、大盛況のままステージは進行。いずれの開発メンバーも苦戦を強いられ、“極タイタン討滅戦”の難度の高さを窺わせた。

▲“極タイタン討滅戦”は、ほかの曲の最高難度“おに”レベルで製作されている。『FFXIV』の極タイタン討滅戦を再現すべく、フェーズごとの曲調の変化に合わせ、譜面も変わる難曲に仕上がっているのだ。

▲中盤にタイタンの心核(くすだま)が出現。時間内にふたりの連打数が規定数を上回れば破壊成功。ちなみにフロアアクティビティの『太鼓の達人』“極タイタン討滅戦”では、この心核を破壊した挑戦者にうちわがプレゼントされた。

▲ほかのタッグが最終フェーズの譜面に苦戦するなか、祖堅氏とペアとなった来場者が安定したバチさばきを見せ、大きく得点を伸ばして優勝。ちなみに心核は、マイケル氏のタッグ以外は破壊に成功。総合得点に差はあるものの、どのタッグも健闘するという結果になった。

 最後に、優勝した祖堅氏のペアとなった来場者にTシャツがプレゼントされ、イベント“超太鼓の達人大会”は無事終了。「つぎは事件屋の曲をやりたい」と江藤氏がコメントしていたので、第2回の大会があれば“ヒルディブランドン”が見られる可能性も急浮上。まずはその開催に期待したいところだ。