2015年4月25日と26日の2日間、千葉県の幕張メッセで開催されているニコニコ超会議2015。超アニメエリアで開催されている『アイドルマスター』イベントの模様をお届け。

●香港出身モデルのブルーツ・リー……いったい何木瑠璃子なんだ……

 2015年4月25日と26日の2日間、千葉県の幕張メッセで開催されているニコニコ超会議 2015。超アニメエリアでは、『アイドルマスター』関連のイベントが多数開催されている。4月25日には、”アイドルマスター シンデレラガールズ 〜シンデレラG4Uパックを紹介してみた〜”と題し、大橋彩香さん(島村卯月役)、福原綾香さん(渋谷 凛役)、原 紗友里さん(本田未央役)、青木瑠璃子さん(多田李衣菜役)の4人が出演。2015年4月23日に発売されたばかりの『TVアニメ アイドルマスター シンデレラガールズ G4U!パック VOL.1』の魅力をアピールした。

 大橋さん、福原さん、原さんの3人が登場すると、会場のプロデューサー(『アイドルマスター』シリーズのファン)たちからは声援が上がる。最初のコーナーは、”アニメ振り返ってみた”。これは、テレビアニメ『アイドルマスター』プロデューサーの鳥羽氏や宣伝プロデューサーの高橋氏とともに、テレビアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ』を文字通り振り返ってみようという内容だ。
 大橋さんが挙げたのは、テレビアニメ第1話から、卯月が満面の笑みを浮かべるシーン。鳥羽氏によると、第1話は2015年7月から始まるアニメ第2シーズンにもつながるストーリーということで、練り込みが必要だったため、制作には苦労したそうだ。また、原さんは第13話における未央の笑顔のシーンを、福原さんは同じく第13話から、凛の素足がアップになっているシーンをそれぞれチョイスした。

 『G4U!』プレイしてみたのコーナーでは、『G4U!』の操作のスペシャリストとして、『アイドルマスター』シリーズ総合プロデューサーの坂上陽三氏が登場。卯月をモデルに、大橋さん、福原さん、原さん3人の希望の写真を坂上氏が撮影し、キャスト陣は卯月のかわいらしさに興奮していた。

 リアルに撮影してみたのコーナーでは、香港出身モデルの”ブルーツ・リー”こと青木さんを被写体に、ビデオカメラで撮影。怪鳥音を上げそうな名前に「あ〜、香港出身ってそういうことね」と記者は勝手に納得してしまったが、ともかく、福原さんや大橋さんがカメラマンとなり、セクシーなポーズやかわいらしいポーズなど、さまざまな姿を撮影していた。

 最後には、2015年7月23日発売予定の『G4U!パック VOL.3』のPVが公開。見逃した方は、ぜひニコニコ生放送のタイムシフトで試聴してみよう。