対応言語は2ヵ国語から7ヵ国語へ

 バンダイナムコエンターテインメントは、カプコン、セガゲームス、セガ・インタラクティブの4社と連携したニンテンドー3DS用ソフト『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD(プロジェクト クロスゾーン2:ブレイブニューワールド)』を、2015年秋にワールドワイドで発売することを発表した。企画・開発・販売はバンダイナムコエンターテインメントが担当する。

 既報の通り、ファミ通.comで発表された本タイトルは、各メーカーを代表するキャラクターが集結し、世界観の枠を越えて強大な敵と戦うシミュレーションRPG。前作が海外で好評を博したことから、本作では対応言語が7ヵ国語に。国内はもちろん、海外でも人気の高い作品・キャラクターが中心に採用されるという。

※関連記事:『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD(プロジェクト クロスゾーン2:ブレイブニューワールド)』始動!!

 以下、リリースより。


日本のゲームキャラクターがゲームメーカーの枠を超え、世界へ!
「プロジェクトクロスゾーン2:ブレイブニューワールド」
2015年秋、世界に向けて発売
~海外でも人気の高いキャラクターを採用&7言語対応に~

 株式会社バンダイナムコエンターテインメント(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大下聡)は、株式会社カプコン(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:辻本春弘、以下:カプコン)、株式会社セガゲームス(本社:東京都大田区、代表取締役社長:里見治紀、以下:セガゲームス)、株式会社セガ・インタラクティブ(本社:東京都大田区、代表取締役社長:杉野行雄、以下:セガ・インタラクティブ)の4社が連携したニンテンドー3DSソフト「プロジェクトクロスゾーン2:ブレイブニューワールド」を2015年秋にワールドワイドで発売します。企画・開発・販売はバンダイナムコエンターテインメントが行います。

■ゲームメーカーの枠を超えた夢の共演
 本作は、各メーカーを代表する人気キャラクターが一堂に会し、作品や世界観の枠を超えて協力しながら、強大な敵と戦うシミュレーションRPGです。2012年10月に発売した前作「プロジェクトクロスゾーン」はワールドワイド累計出荷本数40万本を突破。多数の作品の世界観がクロスオーバーし、キャラクターたちによるゲームメーカーの枠を超えた夢の共演が描かれた点に多くのお客様からご好評をいただきました。

■日本のゲームキャラクターが世界へ
 前作は海外で想定以上の好評をいただき、出荷本数は海外が国内を上回る人気となりました。そこで本作では、対応言語を前作の日本語と英語の2言語から、7言語に増やし、世界中のより多くのお客様に遊んでいただけるよう展開してまいります。
また、登場作品・キャラクターについても、各ゲームメーカーの人気作品から多数のキャラクターが登場します。バンダイナムコエンターテインメントからは「鉄拳」シリーズ、「テイルズオブヴェスぺリア」、「.hack」シリーズ、カプコンから「バイオハザード」シリーズ、「デビルメイクライ」シリーズ、「ロックマンX」シリーズ、セガゲームス/セガ・インタラクティブからは「龍が如くOF THE END」、「サクラ大戦」シリーズ、「バーチャファイター」シリーズなど、本作では国内はもとより、海外でも人気の高い作品・キャラクターを中心に採用します。
 本作の登場キャラクターはすべてが日本発のゲームキャラクターです。国内ゲームメーカーが会社の枠を超えて連携プロジェクトを組み、世界中のお客様にこの夢の共演をお楽しみいただくべく開発を進めてまいります。

【製品概要】
製品名 :「プロジェクトクロスゾーン2:ブレイブニューワールド」
プラットフォーム :ニンテンドー3DSTM
ジャンル :クロスオーバー・シミュレーションRPG
発売エリア:日本・北米・中南米・欧州・アジア
対応言語:英語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・スペイン語・韓国語・日本語
発売時期:2015年秋(国内外ともに)
価格:未定
対象年齢:審査予定
※WEBサイト