初代PS風の絵作り・サウンドにこだわったインディーゲーム『Back in 1995(仮題)』が発表【動画あり】

インディーゲームスタジオのThrow the warped code outは、初代プレイステーション風の絵作り・サウンドにこだわった3Dアドベンチャーゲーム『Back in 1995(仮題)』を発表、ムービーを公開した。

●Tokyo Indie Fes 2015でのプレイアブル出展も

 インディーゲームスタジオのThrow the warped code outは、初代プレイステーション風の絵作り・サウンドにこだわった3Dアドベンチャーゲーム『Back in 1995(仮題)』を発表、ムービーを公開した。

 なお、本作は東京 秋葉原UDXで2015年5月8日、5月9日、5月10日(5月8日はビジネスデイ)に開催されるTokyo Indie Fes 2015のPlayStationエリアにてプレイアブル出展が予定されている。

以下、リリースより。



screenshot1

 本タイトルは、初代PS風の絵作り・サウンドにこだわった"3D"アドベンチャーゲームです。

 最近はインディーゲームから大企業のスマホアプリまで、さまざまな形でレトロゲーム回帰をテーマにした作品が世に出ております。しかしながら、その多くがファミコン~スーパーファミコンの「ドット絵レトロゲーム」です。弊スタジオではその後の時代、PlayStationやSega Saturnの質感を目指して開発しております。

 今回の映像は初期開発版となりますので、今後、グラフィックもより一層「デチューン」を行い、現在20歳後半~20代中盤の元ゲームキッズの皆さんへ、ピンポイントに響くゲーム体験をお届けいたします。


"Back in 1995" Tester trailer

screenshot2 screenshot3

※スクリーンショットは超低解像度ですが、タイトルの特性によるものです。

■タイトル情報
タイトル:「Back in 1995(仮)」
ジャンル:"3D"アドベンチャーゲーム
発売時期:2015年冬
プラットフォーム:未定
プレイ人数:1人
開発:Throw the warped code out
公式サイト

■イベント出展情報
「Tokyo Indie Fes 2015」PlayStationエリアにてプレイアブル出展を予定しております。
Tokyo Indie Fes 2015

■Throw the warped code out来歴
 2014年設立の個人インディーゲームスタジオ。これまでの作品はPlayStation Vita向け背面タッチアクション「CardBoard Cat EP」。
CardBoard Cat EP




(C)2015 'Throw The Warped Code Out'. All rights reserved.