テレビアニメ『実は私は』女性キャスト、スタッフ、メインビジュアルが一挙解禁

トムス・エンタテインメントは、テレビアニメ『実は私は』のメインスタッフ、キャストを、AnimeJapan 2015(2015年3月21日・22日 東京ビッグサイト)開催にあわせて発表した。

●芹澤優、水瀬いのり、上田麗奈、内田彩、M・A・O、新田恵海と個性的な若手が抜擢

 トムス・エンタテインメントは、テレビアニメ『実は私は』のメインスタッフ、キャスト、メインビジュアルを、AnimeJapan 2015(2015年3月21日・22日 東京ビッグサイト)開催にあわせて発表した。

以下、リリースより。


 『実は私は』は2013年より『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて連載開始し、現在コミックス10巻(以下続巻)まで刊行されている大人気チョイアホ人外ヒロインラブコメです。

■スタッフ

 今回監督に『侵略!?イカ娘』、『ヒーローバンク』などを手掛けた山本靖貴を起用。シリーズ構成には『フレッシュプリキュア!』、『宇宙兄弟』でおなじみ山下憲一。そしてキャラクターデザインに『マクロスF』、『ノブナガ・ザ・フール』を手掛けた、丸藤広貴を起用し、実力派スタッフが集結いたしました。

■キャスト

 吸血鬼ヒロイン白神葉子役には芹澤優を抜擢。初の関西弁ヒロインを果敢に務めます。そのほか、宇宙人委員長藍澤渚役に水瀬いのり、外道クイーン朱美みかん役に上田麗奈、狼男で痴女の紫々戸獅穂役に内田彩、校長で悪魔の紅本茜役にM・A・O、茜の末裔でクラス担任の紅本明里役に新田恵海と個性的な若手を配し、本作のドタバタラブコメ感を盛り上げます。以下、男性キャストの発表は順次お知らせしてまいります。

『実は私は』の詳しい情報は下記サイトにて
テレビアニメ公式サイト
公式Twitter @jitsuwata_anime

■資料

【作品概要】
 気になっていた女の子、白神葉子に告白するため主人公・黒峰朝陽が開けた放課後の教室の扉。するとそこには“牙”と“コウモリのような羽”をはやした葉子の姿があった。白神葉子はなんと吸血鬼だったのだ!

 葉子はほか人に吸血鬼であることがばれてしまったら、退学するという約束を父親としていた。それを聞いた朝陽は、「秘密は絶対にばらさない」と葉子に誓う。このことをきっかけに距離が縮まる朝陽と葉子。朝陽はなんとか己の好意を伝えようとするが、つぎからつぎにトラブル発生、さらには沢山の“人外の者たち”も現れて・・・果たして朝陽の恋の行方は・・・!?

【メインスタッフ】
・原作:増田英二(週刊少年チャンピオン/秋田書店)
・監督:山本靖貴(『ヒーローバンク』)
・シリーズ構成:山下憲一(『フレッシュプリキュア!』『宇宙兄弟』)
・キャラクターデザイン:丸藤広貴(『マクロスF』『ノブナガ・ザ・フール』)
・アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

【キャストプロフィール】
◆白神葉子(しらがみようこ):芹澤優
<主な出演作品>
『プリパラ』/南みれぃ役
『寄生獣 セイの格率』/真樹子役 ほか

◆藍澤渚(あいざわなぎさ):水瀬いのり
<主な出演作品>
『ご注文はうさぎですか?』/チノ役
『天体のメソッド』/ノエル役 ほか

◆朱美みかん(あけみみかん):上田麗奈
<主な出演作品>
『ハナヤマタ』/関谷なる役
『アルモニ』/真境名樹里役 ほか

◆紫々戸獅穂(ししどしほ):内田彩
<主な出演作品>
『ラブライブ!』/南ことり役
『宇宙戦艦ヤマト2199』/岬百合亜役 ほか

◆紅本茜(こうもとあかね):M・A・O
<主な出演作品>
『まじっく快斗1412』/中森青子役
『デュラララ!!×2』/ヴァローナ役 ほか

◆紅本明里(こうもとあかり):新田恵海
<主な出演作品>
『ラブライブ!』/高坂穂乃果役
『境界線上のホライゾン』/マルガ・ナルゼ役 ほか



(C)増田英二(週刊少年チャンピオン)/じつわた製作委員会