2015年3月14日からクランクインした映画『コープスパーティー』の撮影現場取材リポートが到着した。

●作品を彩るキャスト陣を発表&劇場公開日のほかニコニコ生放送での同時公開も決定

 15年以上の人気を誇るアドベンチャーゲームシリーズ『コープスパーティー』の実写映画化発表から半月。早くも劇場公開日が公開された。気になる公開日は、2015年8月1日(土)。シネ・リーブル池袋ほかにて全国順次ロードショー予定だ。今回、2015年3月14日からクランクインした映画『コープスパーティー』の撮影現場取材リポートが到着した。役衣装に身を包んだ、生駒里奈さん(中嶋直美役)、池岡亮介さん(持田哲志役)、前田希美さん(篠崎あゆみ役)に加え、山田雅史監督の4人での囲み取材の模様をお届けする。また、原作者の祁答院慎氏からのコメントや、そのほかのキャスト情報も掲載。ぜひ、チェックしてほしい。以下、リリースより。


――クランクインし、実際に学校で撮影を開始しての感想は?
生駒 自分が主演という形での映画の撮影は初めてで、キャスト内では私がいちばん未経験者なので、どれが正しいのか、どれがいいのか悪いのかもわからず、昨日は一生懸命がんばってクランクインしたのですけれども、思った以上に難しくて。でも、チャレンジしてよかったなとまず思えたので、この作品をどんどんもっとよくしたいなあと思いました。
池岡 僕自身、ホラー映画が初めてなので、新鮮な気持ちで演じさせていただいています。ホラー独特な撮りかたといいますか、山田監督の指導のもと、「こういう撮りかたもするのだなあ」といろいろな発見もありつつ。校舎での撮影は、やはり夜は怖いですね。昼との雰囲気がぜんぜん違うので。学生時代は夜の校舎に憧れを持ったものですが、こんなに怖いものだと思いませんでした。
前田 出演が決まったとき、ゲームをプレイしてみました。ゲームの中のストーリーが、実際自分が演じているシーンと同じだったりするのがうれしくて、そこがスゴイ楽しくて、今日もすごく撮影楽しんでいます。
山田監督 まだちょっと寒い校舎の中での撮影なので、哲志は衣裳が薄いので、申し訳ないなあと思いつつ(笑)。それぞれ皆さん、カラーをいかして演じてくれておりますので、慎重に力を合わせて撮影していきたいと思います。

――かなりグロテスクなシーンが多いようですが、撮影はいかがですか?
生駒 昨日の撮影で、腐乱した死体につまずいて転ぶシーンを撮りました。すごく人形が怖くて。人形に芋虫をのせて、ウゴウゴしているんですよ。見てたら怖いなって思うんですけど作っている側で見ていると、こういう風に作っているのだと発見があり楽しく思いました。それから、勝手なイメージで血のりは臭いのかなと思っていたのですけど、ちょっとだけいい匂いがして、「あ、こんな感じなんだ」って嗅ぎながら、床にベターって付けながら演じていました。

――池岡さんと前田さん、そして監督から見た生駒さんの演技の印象は?
池岡 映画初主演と聞いたのですが、すごく真っ直ぐな目をして芝居をしてくれるなという印象です。初めてお会いしたときの印象は、すごく緊張なさっていたのか、ずっと顔を赤らめていて、なかなか目も合わせてくれなかった。それが、お芝居が入るとガラッと印象が変わりました。
前田 私はまだいっしょに同じシーンを演じていないので、演技をいっしょにできること、いまからすごくワクワクしています。
山田監督 がんばっていろいろとやってくれています。言ったことに対して非常に素直に反応してくれるので、信頼して最後までいきたいと思います。

■山田雅史監督
■前田希美さん(篠崎あゆみ役)
■生駒里奈さん(中嶋直美役)
■池岡亮介さん(持田哲志役)

――生駒さん演じる直美は、池岡さん演じる哲志に想いを寄せる役ですが、そういった演技はいかがですか?
生駒 いままで考えたことがなかったので、できなかったいい青春をここで送れているなと。

――昨日は、直美と哲志が手をつなぐシーンもあったそうですが、池岡さんがリードしたのですか?
生駒 握手会以外で、初めて男性とつなぐので、どうしようかと。
池岡 お芝居の面で引っ張って行けたらなと思ったのですが、でも哲志は意外と臆病で女性よりも弱い部分があったりするので、引っ張っていくよりは、意識はせずに、ひた向きで健気に演じられている彼女を見ていて、そんな彼女にちょっとずつ心を動かされていくように演じようと思いました。

――乃木坂のメンバーから、演技のアドバイスを教えていただきましたか?
生駒 若月とか万理華には、「どうしたらセリフが覚えられるのか?」聞きました。真夏にも聞きました。スマホに自分の声と相手の声を録音して、聴きながら覚えるということを、若月も真夏もやっていて。私もやろうと思ったのですが、逆に難しくて。でも、経験者がいっぱいいる乃木坂だから、「どうしよう」という不安な気持ちを、佑美ちゃんも慰めてくれて。すごくがんばろうと思いました。

――(2015年)3月18日、ニコニコ生放送で撮影現場の生中継をいたします。たくさんの人たちにリアルタイムで、現場を観ていただくことへの意気込みや、観ていただく方々へメッセージをお願いします。
生駒 ニコ生に出れることがうれしいです。私自身、ふつうにニコ動のユーザーなので、自分の携わっている作品が、そのようにニコ生を使って盛り上がっていく経験をさせていただくことは、すごくうれしい。興味がある人だけが観るのではなく、たまたま観たという人もたくさんいると思うので、そういう方々に「おもしろいな」、「映画を観にいってみようかな」と思ってもらえるように。作品を撮っている最中ですが、興味を持ってもらえるように、一生懸命、映像で伝えたいと思います。
池岡 僕はずっとカメラを回されていて、それがずっと生中継というのは、ちょっと苦手というか怖いです。ふだんの自分も全部、生でお届けされてしまうので。余計なことを言わないようにしようかな(笑)。その中でも、撮影の裏の風景とかを観ていただいて、この作品の魅力を、多くの方に届けられたらと思います。
前田 どういう風になるのかとワクワクしているのと、私が初めてゲームをしたときに、「何だ、このゲームは?」とすごく興味を持って、すごく大好きになったので、観ていただいた方にも、同じようにそれが伝わるようになればと思います。撮影の合間の楽しい感じとかもお届けできたらいいなあと思います。
山田監督 僕は裏側なので、キャストの皆様が中心で。怒鳴り散らさないようにがんばります(笑)。

――映画『コープスパーティー』撮影への意気込みをお願いします。
生駒 初めてのことばかりで、すごく緊張していますが、皆さんに「怖い!」と思ってもらえるすばらしい作品を作りたいと思います。がんばります!
池岡 みんなで力を合わせて、怖い作品を作り上げて行きたいなあと思っています。
前田 私が演じるあゆみという役は、生駒さんが演じる直美と池岡さん演じる哲志の関係に嫉妬して、いろいろなことが起きるのですが、そこに注目して観ていただけたらうれしいです。がんばります。
山田監督 まだ撮影が始まったばかりですが、原作のすばらしい世界観を活かしつつ、その中で、それぞれの役者の皆さんが生き生きした姿を撮れればいいなあと思います。

■原作者・祁答院慎氏による制作現場見学の感想

 今日初めて映画『コープスパーティー』の撮影現場を見学させていただいたんですが、いままで二次元で見ていたキャラクターたちが、人間が動くことによって、こんなにも説得力が強くなるものなのかとビックリしました。それと同時に、自分の作ってきたキャラクターたちが、ちゃんと生きて動いているということに感動しました。演者の皆さんも、原作を大切に演じてくれていることが伝ってくる演技をしてくださっていたので、出来上がりがいまからとても楽しみです。ゲームやアニメやマンガ、どこから入ってくれた方にも喜んでもらえる新しい『コープスパーティー』という世界観がしっかり出来上がってきていますので、ぜひ皆さん楽しみにしていてください!

■映画『コープスパーティー』の世界を彩る出演陣たち

岸沼良樹役:JUN
篠原世以子役:喜多陽子
鈴本 繭役:美紗玲奈
森繁朔太郎役:諒太郎
持田由香役:松浦愛弓
鬼碑忌コウ役:金山一彦

■JUN
<岸沼良樹役>
原宿発がけっぷちボーイズグループBEE SHUFFLEとして、そのスマイルと人懐っこい関西弁で多くのファンを魅了! 過酷なミッションに挑戦しながら、発売シングル2作とも見事オリコン5位にランクイン初主演した映画『原宿デニール』で演技に初挑戦し、今後、音楽以外での活躍が期待されているニューフェイス!

■喜多陽子
<篠原世以子役>
1993年1月17日生まれ。大阪府出身。2010年『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』で映画デビュー。おもな映画出演作品として『日々ロック』(2014)、『神様の言うとおり』など。ドラマ出演作として、TBS『ごめんね青春』(2014)、TBS『ぶっせん』(2013)などがある。

■美紗玲奈
<鈴本 繭役>
1994年7月25日生まれ。福岡県出身。福岡でドラマ『博多ステイハングリー』、『博多ステイハングリー2-夢王-』に立て続けに出演し話題に。その後、活動の拠点を東京に移し、映画『それでも、みんな行きて行く』、舞台『LOVEどきゅ~ん15』などに出演しながら、グラビアでも活躍中。

■諒太郎
<森繁朔太郎役>
1991年5月28日生まれ。福岡県出身。2013年にデビューし、舞台、ドラマで活躍。おもな出演作として、TBS『アリスの棘』(2014)、テレビ東京開局50周年『新・刑事吉永誠一』(2014)などがある。2015年にはミュージカル『テニスの王子様』に出演し、今後の活躍が期待される若手俳優。

■松浦愛弓
<持田由香役>
2001年6月3日生まれ。1歳1ヵ月より子役として活躍し、多くのドラマ、映画などに出演。おもな出演作品として、映画『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE』(2011)、テレビ朝日『烈車戦隊トッキュウジャー』、NHK『東京が戦場になった日』など。2010年からは声優としても活躍。声優としてのおもな出演作は『君のいる町』(2013)、『交響詩篇 エウレカセブン』など。

■金山一彦
<鬼碑忌コウ役>
1967年8月16日生まれ、大阪府出身。数多くの映画、ドラマに出演。おもな映画主演作として『交渉人 the movie』 (2010)、『少女たちの羅針盤』(2011)、『名無しの十字架』(2012)、『裸のいとこ』(2013)など。おもなドラマ出演作としてフジテレビ『7人の敵がいる』(2012)、TBS『ペテロの葬列』(2014)、テレビ東京開局50周年『新・刑事吉永誠一』(2014)、NTV『学校のカイダン』(2015)など。

■イントロダクション

 乃木坂46/AKB48兼任の生駒里奈初主演映画『コープスパーティー』が、2015年3月14日よりクランクインいたしました! 合わせて、本作の公開日が2015年8月1日から、シネ・リーブル池袋ほか、全国順次公開で決定いたしました。劇場公開と同時に、ドワンゴが運営するニコニコ動画と連動し、劇場とネットシネマで同時公開を実施。

 本作の主演を務めるのは、乃木坂46のセンターを1stシングルから5thシングルまで務め、現在は同グループとAKB48の選抜メンバーを兼任する国民的アイドル・生駒里奈。本作が映画初主演となります。脇を固めるキャスト陣には、舞台『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』で人気を獲得し、映画『1/11 じゅういちぶんのいち』(2014)で初主演を果たした若手俳優、池岡亮介、popteen公式モデルであり、映画『リアル鬼ごっこ4』(2012)、ドラマ10『紙の月』(NHK/2014)など、ドラマ、映画でも活躍する前田希美など、注目のフレッシュなキャストが勢ぞろい。

 本作はコンシューマーゲームシリーズ計10万本以上、コミカライズシリーズ100万部以上、そのほかにノベライズ、オリジナルアニメ、ドラマCDなど、幅広く展開し、2015年夏にニンテンドー3DS版をリリースするホラーゲームシリーズ『コープスパーティー』が、ついに実写映画化したものです! 監督には、『ほんとうにあった怖い話』シリーズや、『ひとりかくれんぼ 劇場版』(2009)、『トイレの花子さん 新劇場版』(2013)など、ホラー作品を中心に活動する山田雅史。主題歌はゲーム・アニメ全シリーズで楽曲を提供している今井麻美が、実写版でも担当する。

■ストーリー

 高校生活最後の文化祭も終わり、どこか寂しげな雰囲気の中、直美(生駒里奈)は、幼なじみの哲志(池岡亮介)やクラスメイトたちとクラスで文化祭の片付けをしていると、怪談好きの委員長あゆみ(前田希美)の提案で“ここにいるみんながずっと友だちでいられる”と言われているおまじない“幸せのサチコさん”を行うことに。しかし、そのおまじないの正体は、過去の陰惨な殺人事件により廃校になった、閉鎖された空間“天神小学校”へといざなう、呪いの儀式であった。果たして呪われた校舎に閉じ込められた直美たちを待ち受ける運命とは……。

【公開予定】2015年8月1日(土)
【公開劇場】シネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー+ニコニコ生放送(同時公開)

出演:生駒里奈 池岡亮介 前田希美ほか
監督:山田雅史 脚本:赤松義正 主題歌:今井麻美(5pb.Records)
原作:Team GrisGris/MAGES./5pb. 製作:映画「コープスパーティー」製作委員会
配給:ツインピークス / キャンター