『デジモンストーリー サイバースルゥース』イーターデザインを担当した大暮維人氏にインタビュー

2015年3月12日に発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『デジモンストーリー サイバースルゥース』。本作でプレイヤーの前に立ち塞がる凶悪な敵“イーター”のデザインを担当する大暮維人氏へのインタビューを掲載。

●『デジモン』シリーズにはない、新たなデザイン

 2015年3月12日に発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『デジモンストーリー サイバースルゥース』。本作でプレイヤーの前に立ち塞がる凶悪な敵“イーター”のデザインを担当するのは、『天上天下』や『バイオーグ・トリニティ』などでおなじみのマンガ家・大暮維人氏(文中は大暮)。『デジモン』シリーズに大暮維人氏が関わることで、どんな化学反応が起きたのか? 本記事で、大暮氏へのインタビューから紐解いていく。なお、本インタビューにはプロデューサーの羽生和正氏(文中は羽生)にも参加していただいた。

■既存の『デジモン』には絶対にいないクリーチャー

■大暮維人氏(自画像)

――『デジモン』の制作に参加することを引き受けたときは、どのような心境でしたか?
大暮 ビッグタイトルなのでビックリしました!! クリーチャーデザインは正直、困惑した部分はあります。いつもの僕のクリーチャーとデジモンはあまりにも方向性が違うので。「いいのかグレで?」という感じでした。
羽生 今回、大暮先生にお願いさせていただいた大きな理由としましては、「いままでのデジモンの既存ラインにはいないデザインを上げてほしい!」という思いが強くあったからです。ホントでしたらエロカワイイ女の子や、かっこいい男の子キャラをお願いするべきなのかもしれないのですが、大暮先生のマンガを拝見していると、演出として背景に描かれているモンスターのデザインが異様にカッコイイんですよ。ですので、新しいクリーチャーをお願いしてみたいと思い、ご相談させていただきました。

――新クリ—チャー(イーター)デザインを行うにあたり、気をつけたことはありますか?
大暮 ファンの多いタイトルなので、いい意味で裏切ってやろうと。既存の『デジモン』には絶対にいないクリーチャーを考えました。
羽生 本作は、大人向けの作品に仕上げるというコンセプトが基本としてあります。人間キャラクター、そしてデジモンの前に立ちふさがるキャラクターでしたので、嫌悪感やグロさを前面に出し、嫌悪の象徴となるデザインにしてほしいとお願いしておりました。
大暮 でも、あんまりにも行きすぎたデザインが多かったせいか、羽生さんからオーケーが出るまで随分かかりましたね(笑)。

――描く上でこだわったポイントやデザインコンセプト、注目してほしい箇所、デザインで苦労したことは?
大暮 “イーター(原種形態)”は、決まるまでにいちばん時間がかかりました。なんというか、基本コンセプトを僕があんまりわかっていなかったんですね。さんざん没が出た後に羽生さんから「これは“スライムポジション”なんですよ」と言われて、「ああ、なるほど!」と。そこからも試行錯誤はしましたが、視界が開けたのでけっこうすんなりと決まったと思います。
羽生 最初に上がってきたデザインがけっこう強そうなデザインが多かったんです。ただ、初期段階の形態でしたので自我など感じさせないアメーバーのようなイメージでお願いさせていただきました。“イーター(人型形態)”は、イーターが人を喰らい、人の姿へと進化した状態という具体的なイメージがあったので、このようなデザインになっています。夜道なんかの暗がりで人影が見えて、近づくとそれが人ではない別の何かだった! といった恐怖感を演出できるようにお願いをしておりました。
大暮 いちばん最初に決まったデザインです。全体のデザインを決める際に、このラフにあった要素がベースになりました。

■イーター(原種形態)

▲イーター(原種形態)のラフ。

■イーター(人間形態)の完成デザイン(左)とラフ(右)。

羽生 よく見るとムカデが絡み合って人の姿になっているんですよね。
大暮 “イーター・イヴ”に関しては、「もっとエロく」と思っていろいろなラフも出していたんですが、羽生さんに「それは全力で阻止します」と言われ、実際阻止されましたね(笑)。
羽生 大暮先生のデザイン画では体の部分と手の部分の白い部分が密着すると球体になる設定でデザインされていたんです。
大暮 卵形から開いて、あの形になるようにデザインしました。
羽生 ゲームではちょっと再現しきれなかったんですが……。個人的には非常に気に入っているデザインです。

■イーター・イヴ

▲イーター・イヴのラフ。

■イーター・アダム

――“イーター・アダム”はいかがでしょう?
羽生 “ベースコンセプトは特撮ヒーローの悪役っぽいデザインで”とお願いをさせていただきました。
大暮 コレはもっともすんなり決まりました。グレのベーシックなデザインなので。頭のウネウネしているところがポイントです。
羽生 それとまだ公開されていないデザインもあるのですが、これ以上はネタバレなので……。

――大暮先生らしさというのは、イーターデザインのどんなところに反映されていますか?
大暮 ありそうでないところでしょうか。ある程度の普遍性というのは大切だと思うので、わかりやすいデザインを根底に、少しだけ自分らしくしました。それがどこかと問われれば、本田(圭祐)選手的に言うと“オレの中のリトルグレに聞く”んですよ(笑)。グレがゲーム関連の仕事をすると、いつもゲームデザイナーの方が苦労されるそうで、今回も随分とがんばっていただいたそうです。
羽生 大暮先生にゲームキャラクターのデザインをお願いすると、必ずデザインの中で外連味を出すための「これって表現できる?」というチャレンジポイントを与えられるんです(笑)。今回はイーターのデザインの中にオレンジ色のタイリング模様があるのですが、それが本体とは独立して画面の中につねにフラットに映り込んでいるんですよね。デジタルな存在として次元をまたいで存在しているイーターのデザインとして象徴的な表現になっているかと思います。ゲームグラフィックスはどうしても制約のある中での制作になるのですが、その中でいかに大暮先生の課題を満たすか……、今回デザイナーの方ががんばっていただいて、3DCGモデル、モーションともにいいモノにできたかと思っています。デジモンと対峙した際、お互いの異なるデザインがひとつの世界観の中に溶け込みながら戦っている様子は、本作の新しい『デジモン』ゲームの象徴的なシーンとなったかと思います。

▲イーター・アダムのラフ。

――大暮先生が、とくに気に入っているイーターは?
大暮 原種形態ですね。手のかかった子どもほど、かわいい心境で。

――3Dモデルとなってゲームに登場したイーターをご覧になられた感想をお聞かせください。
大暮 やはり動くというのは、すばらしいです。原種形態のぬるぬる動く気持ち悪さは最高です。白黒のテクスチャーが体の動きとは関係なく平面的に動くというコンセプトは、いちばん初めから考えていたので、とてもいい感じですね。
羽生 触手の形状と相まって、いい感じで気持ち悪いのが逆に魅力的で、気持ちいい感じにできたかと思います(笑)。

――大暮先生がデザインを行ううえで心がけていることがありましたらお聞かせください。
大暮 コンセプトですね。作者の考えている思考まで透けて見えるデザインが好きなので。それが何をモチーフにしてどんな役割で、どんな経緯でその形になったのかが、初めて見た人でも直感でわかるデザインがいいなぁ、と。単純にキモいとか、カッコイイだけのデザインだとあまり意味がないと思うんです。ひと目見て「ウワっ、きも! ……あれ、でもよく見るとなんか……」って感じで、2度見してもらえたらうれしいです。

――本作を楽しみにしているユーザーに向けて、ひと言メッセージをお願いします。
大暮 デジモンを中から破壊する。喰い荒らす。それは本作の『デジモン』の基本コンセプトでもあり、そのために僕が選ばれたんだと思います。既存の『デジモン』シリーズにはない、異質なデザインに違和感を持つ方も「うわ、変なのがやってきた」と、グレとイーターともども感じていただければ。


デジモンストーリー サイバースルゥース
メーカー バンダイナムコゲームス
対応機種 PSVPlayStation Vita
発売日 2015年3月12日発売予定
価格 6640円[税抜](7172円[税込])
ジャンル RPG
備考 プロデューサー:羽生和正、ディレクター:大窪哲也(メディア・ビジョン)、キャラクターデザイン:ヤスダスズヒト、イーターデザイン:大暮維人、音楽:高田雅史、CGムービー:神風動画、開発:メディア・ビジョン

(C)本郷あきよし・東映アニメーション・テレビ朝日・電通 (C)BANDAI NAMCO Games Inc. ※画面は開発中のものです。