プレイステーション4が世界累計実売台数2020万台を達成

2015年3月4日、ソニー・コンピュータエンタテインメントは、同社が販売するプレイステーション4が、2015年3月1日時点で全世界の累計実売台数が2020万台を超えたことを明らかにした。依然、歴代プレイステーションハード史上最速での普及拡大が続いているとのこと。

●依然、歴代プレイステーションハード史上最速で普及が拡大

 2015年3月4日、ソニー・コンピュータエンタテインメントは、プレイステーション4の累計実売台数が2015年3月1日時点で2020万台を超えたことを明らかにした。依然、歴代プレイステーションハード史上最速での普及拡大が続いているとのこと。

 以下、リリースより。


 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が販売する「プレイステーション4」(PS4)は、2015年3月1日時点で全世界の累計実売台数が2,020万台※1を超えました。引き続き、歴代「プレイステーション」ハードウェア史上最速での普及拡大が続いています。

 「世界中のゲームファンの皆様に、PS4™を最高の遊び場として引き続きお選びいただいていることを大変嬉しく思います。全てのユーザーの皆様に心から感謝するとともに、PS4のパワーやソーシャルとの連携を活かした、活発でインタラクティブなエンタテインメント体験をこれからも提供してまいります。」(代表取締役 社長 兼 グローバルCEO アンドリュー・ハウス)

 PS4向けタイトルについては、今後もソフトウェアメーカー各社様およびSCEワールドワイド・スタジオ(SCE WWS)から、『ペルソナ5』(株式会社アトラス)、『ストリートファイターV』(株式会社カプコン)、『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)、『FINAL FANTASY XV』(株式会社スクウェア・エニックス)、『Bloodborne』、『The Tomorrow Children(トゥモロー チルドレン)』、『Until Dawn -惨劇の山荘-』(SCE WWS)、またインディーズ(独立系)開発者様から『Oddworld:Abe's Oddysee : New'n tasty』(OddWorld Inhabitants Inc.)、『アスタブリード』(株式会社アクティブゲーミングメディア)、『メゾン・ド・魔王』(株式会社メビウス)をはじめとして、魅力的なタイトルを続々と発売する予定です。※2

 SCEは、これからもより多くのお客様に「プレイステーション」ならではのエンタテインメントの世界をお楽しみいただけるよう、PS4の更なる普及拡大を強力に推進してまいります。

 PS4は現在123の国と地域※3で販売しています。

※1. 実売数量は、当社調査による推計値です。日本は、2014年2月22日から2015年3月1 日までの数値、北米は2013年11月15日から2015年2月28日まで、ラテンアメリカ、欧州は2013年11月29日から2015年2月28日まで、アジアは2013年12月17日から2015年3月1日までの数値です。
※2. 発売されるタイトルならびにタイトル数は地域によって異なります。
※3. 2014年12月2日時点。