『ファイナルファンタジーXV』ダンジョンのプレイ動画や広大な世界が実感できる特別映像も公開――田畑DのATR in ロンドン

『FF零式 HD』と『FFXV』の情報を発信するスクウェア・エニックスのWeb番組“田畑DのActive Time Report”がロンドンから配信。その放送では、『FFXV』のダンジョンやネイチャー・ドキュメント風の映像が公開。

●今回はロンドンから欧州向けに放送

 スクウェア・エニックスから国内では2015年3月19日に発売予定のプレイステーション4、Xbox One用ソフト『ファイナルファンタジー零式 HD』と2015年発売予定の『ファイナルファンタジーXV』。両作の情報を発信するWeb番組“田畑DのActive Time Report - London - 26.02.2015”が配信。今回の放送では、『ファイナルファンタジーXV』のダンジョンのゲームプレイの様子や、同作の自然世界の壮大さをうかがい知れる動画なども公開された。ここでは、その『ファイナルファンタジーXV』に関する情報をピックアップしてお届けしよう。

■ダンジョン内部に侵入

 ダンジョン内は真っ暗で一寸先や闇状態。懐中電灯の光を頼りに進むノクトたち。そこへ恐ろしい容姿をしたゴブリンたちが突然襲いかかる。キャー。「昔の『FF』のダンジョンは怖かったイメージがあるんですが、その怖さを最新の技術で表現しようとしています」(田畑D)。

■『FFXV』版ネイチャー・ドキュメンタリー?

 本放送は、イギリスからの中継ということで、『ファイナルファンタジーXV』の世界をBBC(イギリスの公共放送局)のネイチャー・ドキュメンタリー風に表現した特別動画“WOW(World of Wonder)”も公開。田畑Dは「通常のゲームプレイとは違う側面の映像として公開します。BBCがあるイギリスだからこそ、喜んでもらえるんじゃないかな(笑)。それと同時に『XV』の世界が、ここまでしっかり構築されているのか、ということがわかってもらえたらと思います」とコメント。その動画は、『XV』の世界がいかに広大か、フォトリアルに作られた世界がいかに美しいか、そしてモンスターの生態系・食物連鎖のようなものも感じられるものになっていた。

 ちなみに、前回の放送でも触れられた製品版の世界の広さについて、今回も改めて説明が。それをまとめると、体験版はダスカ地方の一部を切り取ったもの。ダスカ地方は街もあるし、遺跡などもあるような大きなエリアとなっている。正確に計ることは不可能だが、製品版はそのダスカ地方の少なくとも10倍以上はある、とのこと。

 体験版には街は入っていないが、ちょっとした施設があり、そこに「おもしろいカップルがいるので捜してみてください」(田畑D)。

■ロンドンっ子たちからの質問

▲宣伝担当の大藤氏(中央)も登場。

 今回のアクティブタイムリポートには、同番組でおなじみ、宣伝担当の大藤氏も登場。大藤氏は、前回の放送からの反響としてあった、 “ヒットストップ”について田畑Dに直撃。ヒットストップとは、攻撃がヒットした際に、その攻撃力の高さをストップモーションで表現したもの。単位時間あたりのダメージ調整などにも使われる。このヒットストップが前回放送された『FFXV』のバトルでは、長すぎるのではないか、という声があったという。

 これに対し、田畑Dは、「いま体験版のマスターアップを控えて、1週間単位で手触りがすごく変わっています。いまのバージョンではちょっと短くなっている」と、どこが最適か模索中であるとコメント。

 続いて、ガードについて。ガードについては、ガードボタンを押しっぱなしにしているあいだ、攻撃を自動で避けたりガードできたりするが、その分、MPがどんどん減るというのは、既報のとおり。だが、敵の攻撃に合わせて目押しする(ジャストガードする)と、MPの減りをある程度抑えられるという。また、MPを消費しないガードも存在するらしい。これはファントムソードを入手したあとに使えるようになる、テクニカルなガードがそれに当たるというが詳細は不明だ。

 番組恒例の質問コーナーも。ここでは、ロンドンっ子の質問の中からおもなものをピックアップ。

――ハードに備わっている配信機能を使った動画配信やシェアプレイ(PS4)はできる?

ファイナルファンタジーXV体験版→動画配信はできる。シェアプレイは体験版なのでできない(体験版は『XV』に限らず、もれなくできない仕様のようだ)。

――体験版では、防具やアクセサリなどは入ってる?

体験版には入っていないが、製品版には当然ある。

――クルマは道路でしか運転できない?

クルマは道路を走る。それ以外の場所では歩いたり、(製品版では)チョコボに乗ったりして移動できる。さらに別の移動手段もある。

――ボタン操作のカスタマイズは可能?

体験版では不可能(決定とキャンセルは日本と欧米とでは異なるため、その部分の変更は可能)だが、製品版ではカスタマイズできるようにする予定。どういったカスタマイズを実装するかは、体験版を遊んだ人からのフィードバックを参考にしたい。

――体験版のレベルキャップは?

99まで。体験版のすべての要素を楽しむために、99までレベルを上げる必要はない。製品版のレベル上限をどうするかは未定。

――メインキャラで好きなキャラは?

(ここはイギリスだからと前置きして)じつは、ブリティッシュ英語を話すキャラがいる。イグニス。

 アメリカ・ロサンゼルスに続き、二度目の海外からの配信となった今回。放送されたダンジョンとWOW(World of Wonder)動画は、後日、公開されるそうなので、ぜひ高画質な動画でチェックしよう。



※写真は放送をキャプチャーしたものです。