『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 ~ジーラの放浪録~ 第18回(通算118回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険します!

●明けましておめでとうございます!

 皆さん、明けましておめでとうございます! ゴジラ太田です!

 ついにアストルティアに3度目のお正月がやってきましたね! 俺は残念ながらアストルティアで年越しの瞬間を過ごせませんでしたが、年末年始はゆっくりと『DQX』を楽しんでいました。

 2015年は、追加パッケージ“バージョン3”に先駆けて、2月には『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』(PS3、PS4)、3月には『シアトリズム ドラゴンクエスト』(ニンテンドー3DS)と、『DQ』尽くしの1年になりそうです! もしかしたら『ドラゴンクエストXI』の新情報も出てくる……かもしれませんね!

 ともあれ、今年もアストルティアでの冒険を存分に楽しんでいきたいと思います! 皆さん、どこかで俺と出会ったときにはよろしくお願いします!(^-^)

▲リアルもまさにこんな感じの寝正月でした。ゴロゴロしながら『DQX』。至福の年末年始でした(笑)。

●バージョン2.4前期が始動!

 2014年12月25日にバージョン2.4前期の大型アップデートが実施されたこともあり、「年末年始は『DQX』にどっぷり浸かっていたよ」という人も多いと思います。

 個人的なバージョン2.4前期の目玉といえば、やはり久々のレベル上限解放でしょう! というわけで、アップデート直後にレベル上限解放クエストに行ってきました!

▲ブーナー熱帯雨林・密林の野営地にいる光導使ミーミに話せば、クエストを受注できます。クエスト内容は、ブルサベージとずしおうまるを1体ずつ倒すと手に入る“勇気の紋章”を持ち帰ってくること。

 ブルサベージは、ケラコーナ原生林やギルザッド地方など、ずしおうまるはジュレー島上層や落陽の草原などに生息していると教えてくれます。

 さっそく俺も教えてもらったエリアに向かってみましたが、アップデート実施直後だったこともあり、現場は冒険者たちで溢れ返っていました。もはや対象の敵を探すことも難しい状況です。

 そこで、ほかにも対象の敵が生息しているエリアがないか調べたところ、ブルサベージはローヌ樹林帯、ずしおうまるは偽りのワルド水源にも生息していることが判明しました!

 光導使ミーミも“など”と言っていたし、「きっとコチラに生息している敵でもクエスト進行上は問題ないはず!」と思い向かってみると、予想通りガラガラ!

 ほかの冒険者たちと競合が起きることもなく、サクっと“勇気の紋章”をゲットできました。(※現在は、ミーミが教えてくれる生息場所でも問題なく敵と戦えると思いますよ)

 手に入れた“勇気の紋章”をミーミのもとに持ち帰ればクエストクリアー。レベル上限が85になりました!

 久々のレベル上限解放ということで、ゆっくりとレベル上げを楽しんでもよかったのですが、俺的には「完璧な状態で全スキルポイントを振り直したい」という気持ちが強かったので、倉庫に眠っていた大量のメタキンのコインを使って、速攻で全職レベル85に(笑)。おかげで、納得のいくスキル振りもできたし大満足。150スキルが解放されるまで、楽しくやっていけそうですヽ(*´∀`)ノ

 さて、レベル上限解放のつぎに俺が気になっていたのは、やはりストーリーです!

 今回のアップデートで追加されたストーリーで、バージョン2の物語はエンディングを迎えるということだったので、ワクワクしながら進めました。

 細かい話はネタバレになるので書きませんが、自分はバトルマスター、サポート仲間で魔法使い、賢者、僧侶というパーティ編成で進めていったら、最後の最後(いわゆるボス)で見事な返り討ちに(笑)。

 そこで今度は自分が僧侶、サポート仲間でバトルマスター、賢者、僧侶という編成に変えて挑戦したところ、無事にボスを撃破! 感動のエンディングを迎えることができました。まだ未プレイの方は、ぜひストーリーやバトルを楽しみながら進めてみてください!

 ……ここまで進めて俺が気になったのは、バージョン2のサントラCDに収録されている曲。エンディングまで進めた段階でも、「サントラには収録されているけどまだ使われていない曲」があるのです。

 未使用のままバージョン3まで持ち越されることはない……と思うので、今後配信される夢現篇や、バージョン2.4後期で使われる曲なのかもしれませんね。どんなシーンで使われるのか、とても気になります!

●王家の迷宮もリニューアル!

 さまざまな新要素でテコ入れされた王家の迷宮も、気になっていた要素のひとつ。まず王家の迷宮に入ると、“序開の地”という場所に着きます。

▲序開の地には、“輝き右大臣”と“輝き左大臣”が待ち構えています。このふたり、とにかくデカイ!(笑) 

 この大臣に勇気の輝石を3個捧げると、
■クリアー時に解放されるエリアの数がふたつになる
■“ゆめみの化身”の出現率が2倍になる
 という効果が必ず発動します。

 上記の2種類とは別に、さらにもうひとつ効果を与えてくれるのですが、それは毎回ランダムで変化するようです。ざっと俺が確認できた効果だけでも、
■ゆめみの箱取得時、勇気の輝きの消費が半分になる
■風のように早く走れるようになる
■迷宮の主の部屋の前に、ゆめみの金箱がふたつ現れる
■迷宮の主の部屋の前に、ゆめみの竜箱がふたつ現れる
■獲得経験値が4倍になる
■獲得ゴールドが5倍になる
 などなど、このほかにも数々の効果があるようです。

 ちなみに、“ゆめみの化身”というのは、今回のアップデートで追加された新たな敵です。王家の迷宮内でまれに現れることがあり、倒すと必ず宝箱を落とします。また、倒すごとに“ゆめみの化身のおたからレベル”が上がっていくという特徴があります。

▲エリア内にゆめみの化身がいるときは、そのエリアに入った時点でアナウンスされます。ゆめみの化身はオーラのようなものを纏っているので、見逃すことはないでしょう。

 初めてゆめみの化身を倒したときは、おたからレベルがまだ1ということで、宝箱から“ゆめみの銅箱”が出ました。おたからレベルが上がっていくと、この宝箱から金箱や竜箱などが出るようになるんじゃないかなぁ、と。もちろん、おたからレベルは王家の迷宮を出ても蓄積されていきますよ。

 以上のことを踏まえ、大臣に勇気の輝石を3個捧げることによるメリット・デメリットをまとめました。

 まず、輝石を捧げれば必ず発動する下の効果。
■クリアー時に解放されるエリアの数がふたつになる
■ゆめみの化身の出現率が2倍になる
 これは、単純に迷宮1回分の効果を与えてくれるものですね。ゆめみの化身の出現率が2倍と聞くとすごそうですが、勇気の輝石を3個使ってもう1度迷宮に行けば、期待値は同じです。

 つまり、大臣に勇気の輝石を3個捧げることによるメリット・デメリットは、
■メリット
 迷宮1回分の時間を節約できる
■デメリット
 迷宮1回分で取れるはずのゆめみの箱が取れなくなる
 ……という感じでしょうか。

 そのため、大臣に勇気の輝石を捧げるかどうかの判断は、上記で説明した「ランダムで発生する3つ目の効果」がとても重要になります。

 個人的に、「これだったら勇気の輝石を捧げてもいい」と思える効果は、
■迷宮の主の部屋の前に、ゆめみの金箱がふたつ現れる
■迷宮の主の部屋の前に、ゆめみの竜箱がふたつ現れる
 このふたつでしょうか。

 たとえ迷宮に入っても、運が悪いと銅箱だけで終了、なんてこともよくあります。なので、確実に金箱や竜箱が2個出現するという効果は、前述したデメリットを十分に補ってくれる内容かなぁと思います。

 次点としては、このあたりも狙い目でしょうか。
■ゆめみの箱取得時の勇気の輝きの消費半分
■風のように早く走れるようになる

 これらの効果も、王家の迷宮を手堅くクリアーできるようになるので、迷宮1回分の時間を節約というメリットと併せて考えれば、選択肢に入ると思います。

 そんなわけで、「リアルが忙しくて勇気の輝石を消費しきれるほど時間がない」という状況を除いては、3つ目の効果を確認してから、勇気の輝石を捧げるかどうか決めるのがいいと思います。しかし遊びかたは人それぞれなので、あくまで俺の個人的な考えということはご了承ください。

 とにもかくにも、バージョン2.3のとき以上に王家の迷宮は遊びやすくなっているので、「最近行ってないなぁ」という方はぜひ!

 ちなみに、アナザー13階クリアー時に入手できる“めざめの秘石”(輝石のベルトに新たな効果を付与できるアイテム)は、どのベルトに使おうかと悩んでいる状態です。

 「このベルトに使おうかな、いやこっちもいいな……」
 「もしかしたら、めざめの秘石を使っちゃった後に神ベルトを入手できるかも……」

 ……なんてことを考え始めちゃうと、このアイテムは一生使えませんね(笑)。俺のように優柔不断な人は、「いつか使おう」なんて思いながら屋根裏にしまい込んだままになりそうな気がします(笑)。果たして使えるときはくるのかな……。

 そんなところで、また次回!(笑)

●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストX』のベンチマークソフトはこちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記 ~ジーラの放浪録~はこちら
第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回 

●過去の『DQX』プレイリポート(第1回~第100回)はこちら


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 WiiWii / Wii UWii U / PCWindows
発売日 サービス中
価格 30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は16GB以上のUSBメモリー必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』は各3800円[税抜](各4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版とWii版はパッケージ版のみ)●バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』をプレイするには、バージョン1『目覚めし五つの種族』のソフトおよびプレイ用レジストレーションコードが必要です ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齊藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 サービス中
価格 30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●ソフト価格は3800円[税抜](4104円[税込]) ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●専用ダウンロード番号、60日間利用券引き換えコード、特典アイテムコード、ポスター、ふくびきカード付き ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齊藤力


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 AndroidAndroid
発売日 サービス中
価格 10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE対応 ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●プレイにはdocomo回線およびSPモードの契約が必要です ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齊藤力

(c)2012-2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2015年1月6日時点のものです。