『朧村正』に追加DLC“元禄怪奇譚”全4篇を封入したプロダクトコード入りパッケージが発売決定

マーベラスは、発売中のプレイステーション Vita用ソフト『朧村正』の追加ダウンロードコンテンツ“元禄怪奇譚”全4篇すべてを封入した『朧村正+元禄怪奇譚 DLC全四篇プロダクトコード入りパッケージ』を、2015年3月19日に発売することを発表した。価格は4500円[税抜](4860円[税込])。

●妖刀に秘められた奥義を極め、すべての敵を斬り倒せ!

 マーベラスは、発売中のプレイステーション Vita用ソフト『朧村正』の追加ダウンロードコンテンツ(DLC)“元禄怪奇譚”全4篇すべてを封入した『朧村正+元禄怪奇譚 DLC全四篇プロダクトコード入りパッケージ』を、2015年3月19日に発売することを発表した。価格は4500円[税抜](4860円[税込])。

 本作では美しく描かれた世界観、簡単操作で剣豪気分を味わえる爽快感はそのままに、新しい主人公、新しいストーリー、新しいシステムと、本編とは異なるアクションのDLC全4篇を楽しむことができる。

■作品概要
 プレイステーション Vita用ソフト『朧村正』は、絵巻物のように美しく描かれた和の世界を縦横無尽に駆け回り、簡単操作で剣豪気分を味わえる絢爛絵巻和風アクションRPG。主人公は、悪霊に体を奪われた百姫と、抜け忍として追われる鬼助のふたり。百姫は東から西へ、鬼助は西から東へ、それぞれの目的を果たすために、戦いの旅に出る。行く手に待ち受けるのは、忍者や侍のほか、鬼や妖怪といったさまざまな敵。妖刀に秘められた奥義を極め、すべての敵を斬り倒せ!

◆美麗なグラフィックとサウンドですべてが息づく和の世界
 江戸・元禄時代を舞台に、絵巻物のように緻密に描かれたステージと、繊細なアニメーションで躍動するキャラクター。荘厳なゲームサウンドとともに、妖しくも美しい和の世界がPS Vitaに最適なクオリティーで再現されている。

◆異なるゲーム性が楽しめるふたつのモード
 いつでも選択可能なふたつのモード“無双”、“修羅”で、プレイヤーのスタイルに合わせた異なるゲーム性が楽しめる。

◆簡単操作で華麗なアクションをいつでもどこでも!
 斬り裂く爽快感を徹底的に追及した、快適な剣戟アクション。簡単な操作ではじき返しや刀の切り替えなど息もつかれぬバトルが楽しめる。

◆妖刀108本をめぐる戦いの旅へ!
 百姫と鬼助、ふたりの主人公を操り日本各地に散らばる妖刀を探し、各々の刀に秘められた強力な“奥義”を解き放て! 妖刀の特性を生かした戦い方が親玉(ボスキャラクター)を倒すカギとなる。

◆新主人公4人による4つの短編シナリオ

<DLC第1弾“元禄怪奇譚 化猫 -津奈缶猫魔稿-”>
 主の無念を晴らすため化け猫お恋の復讐劇!
 綱釜藩主岡島義徳は将軍家へ秘蔵の茶器を献上することとなった。さっそく江戸家老犬飼剣持は、娘お恋と長男清次郎に国元から江戸の藩邸まで茶器持参を命じた。しかし剣持を妬むお留守居役の城代家老若宮捏蔵は茶器を奪って剣持を陥れようと企てる。

<DLC第2弾“元禄怪奇譚 一揆 -大根義民一揆-”>
 主人公・権兵衛たちによる一揆の結末は……!?
 大根藩の村々では飢饉が続く中、さらなる重税によって百姓たちが苦しめられていた。代表者が数名、江戸藩邸にいる藩主に窮状を訴え出ることになったが、藩政を預かる城代家老はそれ察知し、口封じのため密かに追手を放つ。

<DLC第3弾“元禄怪奇譚 白蛇 -七夜祟妖魔忍伝-”>
 七夜限りの命となった嵐丸を待ち受けるものとは!?
 忍の里を裏切ってひとり、骸衆に立ち向かう嵐丸。刺客との戦いの中で神社の神鏡を壊してしまう。その夜、神社に祀られていた白蛇が枕元に立ち、七夜で命尽きる神罰を言い渡すが……。

<DLC第4弾“元禄怪奇譚 鬼娘 -角隠女地獄-”>
 旦那様のためならと鬼娘羅邪が東へ西へ大活躍!
 女好きで放蕩者の清吉は、坊主が嫌で寺から逃げてきた所化あがり。ひょんなことから鬼娘に好きあった仲と勘違いされ、あちらこちらと連れ回される。果して鬼娘から逃れて無事に女遊びができるのか、清吉の運命やいかに。


朧村正+元禄怪奇譚 DLC 全四篇プロダクトコード入りパッケージ
メーカー マーベラス
対応機種 PSVPlayStation Vita
発売日 2015年3月19日発売予定
価格 4500円[税抜](4860円[税込])

(C)2009,2014 Marvelous Inc.
※画面は開発中のものです。