伊藤かな恵さんと大塚明夫さんの競演も

 セガより2014年11月27日に発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『ファンタシースター ノヴァ』について、連続で情報をお届けしている。第4回目となる今回は、サバイバルの“拠点”と、ラボや武器ショップなどの施設、伊藤かな恵さんと大塚明夫さんが演じるキャラクター2名を紹介しよう。

■拠点について

 主人公たちは、墜落した“デルタ・ヴァリアント”の付近を、行動の“拠点”とすることになる。拠点となる場所は、最初はただの荒れ地だが、ゲームを進めることで、冒険に必要な各種施設を建設できるようになる。

 施設は惑星マキアに存在するエネルギー源“グラン”を消費して建築するため、自分のプレイスタイルに合った施設から建設することが有効。また、施設にはレベルがあり、施設のレベルがあがると、施設効果が発生するようになり、さまざまな恩恵を得られるようになる。

 ゲームをある程度進めると、好きな場所に施設を建設・移動することができるようになるので、自分好みの拠点にカスタマイズすることが可能。同じ施設であっても、複数のデザインが存在するので、例えば和テイストな町並みを作ったりすることもできる。

■施設紹介

◆ラボ
 サバイバルの生き抜くための発明や研究を行っている施設。パイルやヘイロウなどの新武器も、このラボで開発された。また、各種施設もラボで開発することになる。ラボで開発したい施設を作って、拠点内に配置をする。各種施設のレベルを上げるのも、ラボの役割。

◆武器ショップ
 プレイヤーの武器を制作するための施設。レベルが上がることで、制作できる武器の種類が増える。同じ武器でも素材となる“コア”の能力によって、作られる武器の性能が異なる。

▲レベル1。
▲レベル2。

◆防具ショップ
 プレイヤーの防具を制作するための施設。プレイヤーの防御力は“シールドユニット”を装備することで上昇する。レベルが上がることで、制作できる種類が増え、より高性能なシールドユニットを作れるようになる。

▲レベル1。
▲レベル2。

◆アイテムショップ
 “モノメイト”や“ディメイト”といった回復アイテムをはじめ、各種アイテムを作ることができる施設。武器や防具同様に、アイテムを制作するためにも素材が必要。レベルが上がることで制作できるアイテムの種類が増える。

▲レベル1。
▲レベル2。

◆クラスカウンター
 プレイヤーのクラスを変更することができる施設。クラスには“ハンター”、“レンジャー”、“フォース”、“バスター”の4種があり、ゲーム開始時に選んだクラス以外は、ここで変更が可能。クラスごとにレベルが存在するので、レベルを上げたいクラスで経験値を入手する必要がある。

▲レベル1。
▲レベル2。

◆コスチューム
 プレイヤーの衣装を作ることができる施設。衣装の制作には素材が必要となる。衣装ごとに必要な素材の種類と数は異なるので、作りたい衣装の素材を冒険で集める必要がある。

▲レベル1。
▲レベル2。

■キャラクター

◆シャロン
 どんな難題も笑顔で請け負う発明家

「んー、んー、わかりました!やってみます!」

種族:キャスト 女性
クラス:フォース
声:伊藤 かな恵(いとう かなえ)さん

 デルタ・ヴァリアントの研究スタッフ。やさしく落ち着きがあり、人に頼まれると断れない性格。発想力に富み、無理な開発要求に対しても一瞬の閃きと発明によってその都度応えてくれる研究者だが、恋愛に憧れるロマンチストな一面も。

◆オルクス
 戦場を離れることができない歴戦の勇士

「死んで得するのは敵さんだけだ」

種族:ヒューマン 男性
クラス:レンジャー
声:大塚 明夫(おおつか あきお)さん

 デルタ・ヴァリアントの戦闘班リーダー兼教官。勇敢で実力のある歴戦のレンジャーだが、若者に理解がある。命を粗末にする奴は鉄拳制裁をする。フォトンの使えない状況下での戦闘技術を模索し、新たな戦闘術を開発する。