気になるストーリーもチラリ? 『ファンタシースターオンライン2 -ON STAGE-』キャスト顔合わせの様子をリポート

2014年12月4日(木)〜12月7日(日)の間、舞台公演が行われる『ファンタシースターオンライン2 -ON STAGE-』のキャスト、スタッフ顔合わせが2014年11月8日(土)に行われた。その模様をリポートする。

 2014年12月4日(木)〜12月7日(日)の間、舞台公演が行われる『ファンタシースターオンライン2 -ON STAGE-』(以下、『PSO2 ON STAGE』)のキャスト、スタッフの顔合わせが2014年11月8日(土)に行われた。顔合わせには、『PSO2』のシリーズプロデューサー酒井智史氏、シリーズディレクター木村裕也氏も同席した。
 この舞台は、『PSO』シリーズが2015年に15周年を迎えることを記念して企画されたプロジェクトであり、『PSO』をさまざまなメディアに広げていくための第一弾として立案され、実現に至った経緯がある。

舞台のストーリーを少しだけ紹介!

 気になる『PSO2 ON STAGE』のストーリーだが、『PSO2』本編とは異なる完全オリジナルストーリーで展開される。現在から8年後の世界、『PSO2』が10周年を迎える年の出来事を描いたもので、主人公の高校生は、仲間と『PSO2』をプレイしているとき、ある事件に巻き込まれてしまう。その事件をオンラインとオフラインの両面から解決していくものになるという。

 注目のポイントはオンラインゲームがモチーフである部分。オンラインゲームの特色を活かし、同一の登場人物でも、オフラインとオンラインではそれぞれ異なるキャストが演じる場合もあるとのこと。主人公を演じる蒼井翔太さんはオン、オフのどちらもご本人が演じるというが、そのほかのキャストに関しては実際の公演が楽しみだ。

 舞台上で展開されるゲーム内の世界にもエネミーが出現するが、これらは『PSO2』のものと同じものが登場する。BGMも同様に、ゲーム内で使用されているものが使われるという。また、オリジナルの歌も舞台では披露されるそうで、詳細はまだ明かせないが、これは『PSO』に関わりのある方が担当している。

 酒井氏、木村氏の両名はスーパーバイザーとして、『PSO2』の世界をより丁寧に表現できるようにシナリオの監修などを行ってきたというが、なんと初期の脚本では“ゲーム開発者”という役どころが用意されていて酒井氏が出演する予定だったという。決定稿では残念ながらなくなったとのことだが、『PSO』シリーズを深く愛するファンならば、少なからず見てみたかったところはあるだろう。その代わりというわけではないが、“PSO2放送局”は未来でも続いているだろうとのことから、同放送に出演している榎本温子さん、会一太郎さんは観客との橋渡し役として出演が決まっている。

 最後に、酒井氏、木村氏の両名よりコメントをいただいた。『PSO2』というコンテンツをさまざまなメディアに広げ、新しい血を取り入れることに対して非常に意欲的だったおふたり。舞台化はその足がかりとなる第1弾であり、第2弾、第3弾とまだまだ『PSO』の世界を広げるものを企画中とのこと。来年、2015年に15周年を迎える『PSO』シリーズは、舞台公演を以外にも、その展開からまだまだ目が離せないものになりそうだ。

蒼井翔太さん、新田恵海さんにインタビュー!

 メインキャストの蒼井翔太さん、新田恵海さんにもお話を伺うことができたので、以下にインタビュー形式でお届けしよう。

——新田さんは今回が初舞台で、新曲もありますが、意気込みはいかがですか?
新田恵海 初めての舞台ということで緊張しているんですけれども、ずっと役者を目指していたので、大好きなステージの世界に自分が立てることを本当にうれしく思っています。歌も歌わせていただけるということで、劇場で歌うというのも初めてなので、すごく楽しみにしています。
——新曲のデモは聞かれましたか?
新田恵海 とてもかわいらしい曲で、キラキラしていて、いまから歌うのがとても楽しみです。
——今回はそうそうたるメンバーのなかでダブル主演ということですが、脚本を読んでみての印象はいかがですか?
蒼井翔太 オンラインゲームが大好きな方からすれば“あるある”的なものがありますが、日常のことからオンラインの世界まで、すごくリアルに描かれていますので、脚本を読んでいてとても楽しめました。キャラクターを演じさせていただけるのはとても楽しみですし、そうそうたる皆様といっしょに舞台を作り上げていくのもとても楽しみで、皆さんにも早く観ていただきたいなという思いでいっぱいです。本当に短い時間なんですけれども、その時間ですごいものを作り上げていけたらいいなと思っています。
——初めてキャストの皆さんとお会いになった印象はいかがでしょうか?
蒼井翔太 顔合わせはすごく緊張するものでして、スケジュールの都合もあり、なかなか皆さん全員が揃うことはないんじゃないかと思うほどの方々が集まっているので、今日という顔合わせの時間はすごく大切だと思っています。だからこそのプレッシャーもありますけれども、この後の読み合わせが楽しみです。
新田恵海 舞台というものが初めてなので、顔合わせも初めてで、非常に緊張しているんですけれども、ここにいる皆さんと素敵な舞台を作り上げていくんだな、というワクワクで胸がいっぱいです。
——おふたりがもし実際に『PSO2』の世界に入れるとしたら、どんなキャラクターをやりたいですか?
新田恵海 私、敵がいいです(笑)。
蒼井翔太 今回、舞台で主役をやらせていただくので、それに伴って、自分でキャラメイクするなら飾りなどを付けて派手にできたらいいなと思います。今回、僕の演じさせていただくタクヤというキャラは、オフラインの服装など、自分に似せている部分があるようなキャラクターなので、新田さんが演じるキャラクターと、演じているキャラクターが使っているオンライン上のキャラクターのギャップだったりとか、“オンラインゲームあるある”を楽しんでいただけたらと思います。
——ありがとうございました。

まだ間に合う!チケットの購入はこちら

 本公演のチケットは、以下の各プレイガイドから購入できる。また、チケット購入、パンフレット購入ともに特典アイテムコードがついてくるので、これを手に入れ、思う存分『PSO2』内でドヤってやろう!



(C)SEGA