『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 ~ジーラの放浪録~ 第9回(通算109回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険します!

●野生のヒューザに会えた!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 ハロウィンと同時期(?)から、冒険者たちのあいだで噂になっていた、通称“野生のヒューザ”。これは、ウェナ諸島のストーリーなどで登場した人気キャラクター・ヒューザがアストルティアのさまざまな場所を冒険している、というお遊びイベントです。

 ジュレットの町のストーリーをクリアーして、キーエンブレムを持っていることが条件になりますが、ヒューザと運よく出会えて、彼の要求を満たすことができれば、さまざまなアイテムをもらえます。

 ヒューザの出現場所や時間帯は、ある程度の法則性はあるようですが、ランダム要素が非常に高く、そうそう見つけられるものではありません。さらに、一定時間が経過すると、ヒューザはふらりとその場から旅立ってしまいます。フレンドやチームメンバー、またはほかの冒険者たちと情報交換しながら捜さないと、かなりきびしそうですね。

 まだ俺は1回しか出会えていませんが、そのときはすごい人だかりでした!

▲画面中央上側をご覧ください。人ごみに埋もれていますが、わずかにヒューザの顔が見えます!

▲俺が出会ったときは、まほうの小ビンを要求されました。それを渡すと、お礼としてメタルの香水をゲット。ヒューザさん太っ腹(笑)。

 こんな感じで、何度かヒューザを捜して、合計5回の要求に応えてあげると、ポーズ書“クール”がもらえるとか何とか……。立ちポーズが増えるアイテムですね。

 立ちポーズ“クール”は、いまのところこれでしかゲットできないみたいなので、ぜひ欲しいところ! これまではレンジャーの立ちポーズが気に入っていたのですが、もし“クール”が取れたら変えようかなぁ。

 ヒューザと出会ううえで厄介なのは、彼がアストルティアに現れる時間帯にかなりの幅がある、という点でしょうか。このイベントの終了期間などは発表されてないので、今後もしばらくは続いていくと思いますが、時間を自由に使える人(いつでもログインできる人)じゃないと、早期のポーズ書ゲットは難しそうですね。

 かくいう俺も、ヒューザと5回も遭遇できるのは、いつの日になるのだろう……(´・ω・`) まぁ、ゆっくりやっていきたいと思います。

●バージョン2.3後期の情報など気になる発表が!

 2014年10月23日にニコニコ生放送で放送された“DQXTV”は、バージョン2.3後期の最新情報を始め、第3期初心者大使のオーディションなど、盛りだくさんな内容でした! 気になるバージョン2.3後期アップデートの実施日は、11月6日(予定)と発表されましたね。

 ここでは、“DQXTV”で明らかになったバージョン2.3後期の情報の中から、俺が気になったものをまとめていきます。(※一部のゲーム画面は“目覚めし冒険者の広場”からの転載です)

■モンスターバトルロードが開幕!
 やはりバージョン2.3後期の目玉といえばコレ! モンスターバトルロードです! 自分が育てた仲間モンスター3体に、サポートモンスターと呼ばれる1体を加え、計4体でのパーティで戦うようです。サポートモンスターは、ほかの冒険者たちの仲間モンスターみたいですね。サポート仲間に近いシステムなのかな?

 さらに、自分の仲間モンスターの中で、1体だけ自分で操作ができるとのこと! 「こいつは俺が自分で動かす!」といった、お気に入りの仲間モンスターが絶対できそうですよね。さらに愛着が沸きそうです(笑)。

 バトルロードを勝ち抜いていくと“モンスターバッジ”を獲得できます。モンスターバッジとは、バトルロード内だけで装備できる仲間モンスター専用の装備品で、ステータスアップのほか、特別な特技が使えるようになるバッジもあるとか。バトルロード内限定の効果とはいえ、これは楽しくなりそう……(笑)。

■ピラミッドに第八霊廟が追加!
 ピラミッドに新たな霊廟が追加されます! 第七霊廟の敵もかなりの強さだったので、こちらも相当やばそうですね。さらに、報酬が“大きな黄金の秘宝”という情報も出ています。

 第七霊廟までは、“黄金の秘宝”を鑑定して出現するアイテムの確率はどの霊廟も同じだったけど、これはアイテム名からして明らかに違いますよね。必ずアクセサリーが出るのか、それともまったく別のものが出るのか……。気になります。

■新たな仲間モンスターが追加!
 まもの使いには“ドラキー”、どうぐ使いには“やみしばり”が追加されます。

 ドラキーは仲間全員の攻撃呪文の威力を2段階上げる“まりょくのうた”を使えるようです。「これは便利かも!」と一瞬思いましたが、よくよく考えると、攻撃呪文をメインとする職業(魔法使い、賢者など)は自分で呪文の威力を上げられますし、「どんな局面で役に立つんだろう?」とも思いました。旅芸人やスーパースターがパーティにいるときかなぁ。

 やみしばりは、使用武器がオノのようです。あの姿でどうやってオノを持つのかは謎ですが(笑)、バトルレックスに続く2体目のオノ使いなので、どんな戦いかたができるのか楽しみ! さらに、このタイミングでモンスター酒場に預けられる仲間の数が、16枠から20枠まで拡張されます。それ以降、しばらく枠の追加はないとのことなので、仲間にするモンスターは慎重に決めないといけませんね。

■強ボスが追加!
 レンダーシアのストーリーを進めている冒険者ならご存知の、ヘルバトラーの強バージョンが追加されます。報酬はグリーンオーブ2個とのことなので、これでレンダーシアの強ボスから、5色すべてのオーブを集められますね。

■特訓スタンプの上限解放と戦闘バランスの調整!
 特訓スタンプの上限値が4500から5000にアップします! これ以降は、しばらく特訓スタンプの上限解放はないとのことでした。

 さらに戦闘バランスが、下記のように調整されるみたいです。
・蒼天魔斬……マヒの効果時間が短くなる
・マホステ……詠唱時間が、かなり早くなる
・ヴァイパーファング……猛毒で与える継続ダメージが10→50にアップ
・せかいじゅの葉、ザオラル、ザオリク……蘇生時のHP回復量がちょっとだけアップ
・ツッコミ……魅了解除の成功率がアップ
・エンドオブシーン……状態変化解除の成功率が100%になる。変身系の状態変化も解除可能に。

 パッと見ると猛毒、蘇生呪文、エンドオブシーンの強化など、旅芸人にかなり恩恵がありそうな内容になっています。猛毒は、“ヴァイパーファング”とわざわざ特技を限定しているあたり、ほかの手段での猛毒は対象外なのかなぁ? それにしても、エンドオブシーンで変身系解除はすごいですね! いままでパーティで魔法戦士が入っていた枠に、旅芸人が入る選択肢もありそうです。

 これらのほかにも、“バシルーラ屋”がオープンしたり、王家の迷宮で扉を調べるだけで現在行けるエリアがわかったり、輝石のベルトを捧げるときに、カーソルを合わせただけでベルトの効果がわかるなどなど、細やかだけどうれしい調整も多々あります。

 もっと詳しく知りたい人は、ぜひ“目覚めし冒険者の広場”(http://hiroba.dqx.jp/)をご覧ください!

 それでは、また次回!

●お知らせ
 Windows版『ドラゴンクエストX』のベンチマークソフトはこちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”は→こちら

●過去の『DQX』プレイ日記 ~ジーラの放浪録~はこちら
第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回第8回

●過去の『DQX』プレイリポート(第1回~第100回)はこちら


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii UWii U / PCWindows / WiiWii
発売日 配信中
価格 30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は16GB以上のUSBメモリー必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』は各3800円[税抜](各4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は2014年8月7日発売、4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版とWii版はパッケージ版のみ)●バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』をプレイするには、バージョン1『目覚めし五つの種族』のソフトおよびプレイ用レジストレーションコードが必要です ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齊藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 サービス中
価格 30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●ソフト価格は3800円[税抜](4104円[税込]) ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●専用ダウンロード番号、60日間利用券引き換えコード、特典アイテムコード、ポスター、ふくびきカード付き ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齊藤力


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 AndroidAndroid
発売日 サービス中
価格 10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE対応 ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●プレイにはdocomo回線およびSPモードの契約が必要です ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齊藤力

(c)2012-2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2014年10月27日時点のものです。