レベルファイブ原案の心霊ホラーRPG『うしろ』の世界観を踏襲する小説シリーズ第1弾が本日9月25日より全国書店にて発売

KADOKAWAとフィールズは、レベルファイブ原案の心霊ホラーRPG『うしろ』を小説化。第1弾として、角川ホラー文庫より『うしろ ふきげんな死神。』を本日2014年9月25日(木)より全国の書店にて発売する。

●執筆は後藤リウ氏、カバーイラストはtoi8氏が担当

 
 KADOKAWAとフィールズは、『妖怪ウォッチ』や『イナズマイレブン』、『レイトン教授』などで知られるレベルファイブ原案の心霊ホラーRPG『うしろ』を小説化し、第1弾として、角川ホラー文庫より『うしろ ふきげんな死神。』を、本日2014年9月25日(木)より全国の書店にて発売する。また、電子書籍配信サービス“BOOK☆WALKER”にて、同日0時より配信開始している。

 
<以下、リリースより>

 KADOKAWAとフィールズは、同作品の小説シリーズ化や他のメディア展開において、今後もレベルファイブとの協業を継続いたします。

 『うしろ ふきげんな死神。』は、レベルファイブが2008年にPSP用ソフトとして発表した(※)心霊ホラーRPG『うしろ』を原案とするホラー小説です。本作は、角川ホラー文庫が編集・出版し、『機動戦士ガンダムSEED』や『貞子3D 2—再誕』などをノベライズした後藤リウ氏が執筆を担当しています。
(※『うしろ』のゲームの発売は未定です)

 不思議な道具と能力で、死にゆく魂を捕獲する死神“うしろ”──宇城霊一郎(うしろれいいちろう)と、誰も死なせたくない高校生の西崎七名子(にしざきななこ)の奇妙な主従関係が織り成す心霊ファンタジーとして、心霊ホラーRPG『うしろ』の世界観を踏襲する新世代死神ストーリーを展開します。なお、2015年1月には第2巻の発売を予定しています。

■小説『うしろ ふきげんな死神。』(第1巻)
発売日:2014年9月25日(木) ※地域によって前後する場合があります。
電子書籍配信日: 2014年9月25日(木) 0時~ ※予告なく変更となる可能性があります。
著者:後藤リウ
定価:518円[税込]
判型:文庫判
カバーイラスト:toi8    
販売チャネル:全国の書店/電子書籍ストア(BOOK☆WALKER)
※2015年1月に第2巻発売予定
※『うしろ ふきげんな死神。』詳細情報

【あらすじ】
「おまえの命と引き換えに、願いをひとつ叶えてやろう」
校舎の屋上で西崎七名子が出会ったのは、ふつうの人には見えないはずの“死神”だった。
宇城霊一郎と名乗るその死神は、不思議な道具と能力で、死にゆく魂を捕獲するというのだが……。
新世代死神ストーリー開幕!

【登場人物】
宇城霊一郎(うしろれいいちろう)
 尽きようとしている命を嗅ぎ分け、人間の魂を奪うことで、死神としての役目を果たす。ふつうの人には見えない。

西崎七名子(にしざきななこ)
 前向きで明るい性格の高校一年生。ある事情により、うしろと眷属契約を結ぶことに。壊滅的な味覚の持ち主。

【著者】 後藤リウ
1967年三重県生まれ。著作『聖者が殺しにやってくる』、『イリーガル・テクニカ』など。『機動戦士ガンダムSEED』、『貞子3D2-再誕』などのノベライズも手掛けている。

KADOKAWA
 2013年10月、子会社9社と合併し新たな体制で比類なきメガコンテンツ・パブリッシャー、およびデジタルコンテンツ・プラットフォーマーとしてさらなる成長を目指す。また、アスキー・メディアワークス、エンターブレイン、角川学芸出版、角川書店、角川マガジンズ、中経出版、富士見書房、メディアファクトリーは、合併後も新しい組織概念“ブランドカンパニー”として独自ブランド強化につとめている。

フィールズ
 企業理念である「すべての人に最高の余暇を」の実現に向け、エンタテインメント業界でも類例のない、IP(知的財産)を主軸とした独自のビジネスモデルに挑戦している。コミックス、アニメーション、映画/テレビの分野で、さらにはパチンコ・パチスロからゲームに至る広範なマーチャンダイジングの分野でIPを創出し、循環させ、活用することで、これまでにない感動や驚きを体験できる商品やサービスを提供し、持続的な成長・発展を目指している。



(C) LEVEL-5 / KADOKAWA / フィールズ