『LA-MULANA EX』PS Vitaへ向けた展開への想いとは 届けたかったのはガチンコアクションゲーム世代の“快感”【TGS 2014】

2014年12月発売に発売を予定されている、ピグミースタジオのプレイステーション Vita用ソフト『LA-MULANA EX』。同ソフトは、先日開催された東京ゲームショウ 2014にも出展された。ここでは、制作者からの『LA-MULANA EX』の展開への思いを記載する。

●友だちと深夜まで遊んだ、あの楽しさをもう一度

 2014年12月発売に発売を予定されている、ピグミースタジオのプレイステーション Vita用ソフト『LA-MULANA EX』。同ソフトは、2014年9月18日から21日(一般公開日は20日、21日)まで千葉県・幕張メッセで開催された東京ゲームショウ 2014にも出展され、ポスターには“いまこそアナコンだ”というキャッチコピーが堂々と書かれていた。ここでは、制作者からの『LA-MULANA EX』の展開への想いを記載する。 


■熱狂的なファンを中心に人気を集める『LA-MULANA EX』のPS Vitaへ向けた展開への想い

 ピグミースタジオは、メーカーゲームの受託開発をメインに活動する大阪のゲームデベロッパー。 そしてもう一方では、デジタルおもちゃ工場と名乗り、代表は、工場長と扮してインディーゲームを先駆的に発掘しパブリッシングしている会社である。販売タイトルは『野犬のロデム』、 『僕は森世界の神になる』(PSM)、 『ユーフロリア』(PSM)などなど。

 本作のプロデューサーの工場長こと小清水史氏は、ソニー・コンピュータエンタテインメントの“ゲームやろうぜ!”の1stよりインディーゲームに深く関わり、現在の会社でも“ニッチで面白い”をコンセプトに、尖ったゲームにこだわりつづける。

 そのピグミースタジオが、知る人ぞ知る人気のWii U、PC用ソフト『LA-MULANA(ラ・ムラーナ)』(NIGORO)を、プレイステーション Vita向けのゲームに新しい要素の追加とチューニングを加え、東京ゲームショウ2014の一般ブースとソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアブースにて、ダブル出展展示した。


image2

 簡単操作で触り心地重視のスマホゲームが主流の中で、あえて操作が難しいと言われるレトロアクションゲー ムを今、プレイステーション Vitaでゲームファンに再提示する狙いとは。

 会場にも大きくポスター展示していた“いまこそアナコンだ”というキャッチコピーは、スマホでは唯一、ゲーム専用機向けの"アクション"ゲームジャンルの独特の高揚感は得れないとし、ガチンコアクションゲームで遊んだ世代、スマホでのプレイでフラストレーションを感じたゲームファンに、方向キーの押し込み感、パチンとボタンを押すと得られる弾けるような快感を、いま、このタイミングでお届けしたかったとアピールした。

 目をこすりながら友だちと深夜まで遊んだ、あのガチアクションゲームの楽しさをもう一度。 そんな『LA-MULANA EX』は、12月にワールドワイドにて発売予定。


image3