森利道プロデューサーが出展タイトルを紹介! アークシステムワークスステージ【TGS 2014】

2014年9月18日から21日の期間、千葉県の幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2014。18日にアークシステムワークスブースで行われたステージイベントの模様をお届けする。

●魅力的なタイトルラインアップを紹介!

 2014年9月18日から21日の期間、千葉県の幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2014。18日にアークシステムワークスブースで行われたステージイベントでは、森利道プロデューサーが自社の出展タイトル紹介を行った。その模様をリポートする。

●『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』(PS4、PS3)

 まずは、2014年12月4日に発売予定のプレイステーション4・プレイステーション3用ソフト『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』(以下、『GGXrd』)のトレーラー映像を公開(→こちら)し、「10年経つとここまで進化するんですね。初めて見たときは一瞬アニメかと思うくらい僕もビックリしました」と森氏。さらに、「映像に出ていたヒゲのおっさんが誰だか気になりますね」という意味深なコメントも。

 続いて森氏は『GGXrd』のオススメポイントのひとつとして多彩なゲームモードを挙げ、各モードを紹介していった。

・チュートリアル
「基本的な操作方法が学べるモードで、初心者はまずこのモードから触れてほしいですね」(森氏)

・チャレンジ
「必殺技コマンドや簡単なコンボに挑戦するモードです。チュートリアルに慣れてきたらつぎにプレイしてほしいですね」(森氏)

・ミッション
「特定の技をガードしたあとに反撃するなど、実戦形式の練習が行えます。これで対戦のさまざまなシチュエーションに慣れていけると思います。」(森氏)

・トレーニング
「覚えたことを復習したり、自分でアレンジした練習を行うのに便利です」(森氏)

・ネットワーク
「各種モードで練習したら、このモードで全世界の方々との通信対戦を楽しんでください。同じ機種どうしはもちろん、プレイステーション4とプレイステーション3による対戦も可能です。」(森氏)

・ストーリー
「ついに『ギルティギア』の物語が進みます。一般日(18日・19日)のステージで、石渡が詳しく紹介してくれると思います。」(森氏)

 ゲームモードをひと通り説明したあとは、家庭用からの新キャラクターのシンとエルフェルトにも触れた。

「シンはゲームをやり込むと使えるようになりますが、すぐ遊びたい人はDLCを購入してアンロックしてください。遊びやすく、初心者もとっつきやすいキャラクターだと思います。」(森氏)

「エルフェルトは、2種類の銃を使うおもしろいキャラクターです。こちらは、早期購入特典としてついてきます。すぐに使いたいという人はぜひソフトを予約してください!」(森氏)

 また、早期購入特典として付属するサウンドトラックCDや限定版(プレイステーション4版のみ)に同梱される特製6ボタンパッドも紹介された。

●『ブレイブルー クロノファンタズマ』Ver2.0(アーケード)

 続いてプレゼンが行われたのは『ブレイブルー クロノファンタズマ』Ver2.0。本作の特徴を森氏は、“全キャラクターのバランス調整”と“新キャラクターのセリカとラムダ”と紹介。

↑プレイヤーズギルドも進化。段位などがリセットされるが、いくつか項目が増えているそうなので稼動後ぜひチェックしてほしい。

 小説版のオリジナルキャラクターだったセリカがゲームにも登場することについては、当初想定していなかったそうで「僕としてもすごくうれしい」と素直な気持ちを表現していた。一方、今回復活することになったラムダについては、「ラムダのストーリーはものすごいネタバレがあるので、アーケードモードをプレイした人はまだプレイしていない人に言わないでほしい(笑)」と、ストーリーファンには見逃せない内容になっていることを明かした。肝心の稼動日については、「いまは10月の早いうちとしか言えませんが、OKが出たら東京ゲームショウ期間中に言えるかもしれない」とのこと。もしかしたら今後のステージで発表があるかもしれない。その後、会場では稼動日が言えない代わりにということで、アーケード版のオープニング映像が流された。

●『エクスブレイズ ロストメモリーズ』(PS3、PS Vita)

 『ブレイブルー』のつぎは、まだそのほとんどの内容が謎のベールに包まれているアドベンチャーゲーム『エクスブレイズ ロストメモリーズ』。森氏の紹介によれば、前作『エクスブレイズ コード:エンブリオ』の続編で、ディレクターの増澤氏がさまざまな施策を練っている作品だという。また、プレゼンで公開された映像(→こちら)を観た森氏は「『ブレイブルー』の物語を知っていれば、本作はより楽しめる作品です。いまの映像にも『ブレイブルー』ファンであれば、“あれ?”となるシーンがあるはず」と語っており、映像の中に重要なシーンが含まれていることを示唆。なお、気になる発売日は2015年の暑くなる前には、とのこと。

●『ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会~オールスタースペシャル~』(PS3)

 その後に紹介されたのは、2014年冬発売予定のプレイステーション3用ソフト『ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会~オールスタースペシャル~』。往年の名作アクションゲームのリメイク作だが、森氏いわく「ただのリメイクではない!」とのことで、本作には待望のオンライン対戦の機能が加わっているという。

●『インフェルノクライマー』(PS4)

 ステージの最後には、プレイステーション4用ソフト『インフェルノクライマー』が紹介された。2015年の発売を目標に開発されているアクションRPGとのことだが、ゲーム内容の詳細は明かされず。今回の東京ゲームショウに参考出展という形で出展されているので、実際にプレイしてその目で確かめてほしいとのことだ。

 東京ゲームショウ2014の一般公開日は、20日と21日。ステージで紹介された『ブレイブルー』以外のタイトルはプレイアブル出展されているので、記事を見て気になった人は会場で実際にプレイしてみてはいかがだろうか?