“日本ゲーム大賞 2014”の経済産業大臣賞、ゲームデザイナーズ大賞、年間作品部門の各賞が決定【TGS 2014】

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する“日本ゲーム大賞 2014”の受賞式が行われ、年間作品部門の各賞と経済産業大臣賞、 ゲームデザイナーズ大賞が発表された。

●年間作品部門の大賞は『モンスターハンター4』、『妖怪ウォッチ』の2作品がダブル大賞!

 東京ゲームショウ 2014の初日となる2014年9月18日、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する“日本ゲーム大賞 2014”の受賞式が行われ、年間作品部門の各賞と経済産業大臣賞、ゲームデザイナーズ大賞が発表された。

 年間作品部門は、『モンスターハンター4』、『妖怪ウォッチ』の2作品がともに、もっとも栄誉ある“大賞”に。ゲームデザイナーズ大賞は、プレイステーション3用ダウンロードソフト『ブラザーズ 2人の息子の物語』(開発元:Starbreeze Studios/日本国内での発売・販売元:スパイク・チュンソフト)が受賞した。

 また、経済産業大臣賞は、レベルファイブ 代表取締役社長/CEOの日野晃博氏が受賞。受賞の理由は、「『レイトン教授』シリーズ、『イナズマイレブン』シリーズ、『ダンボール戦機』シリーズやスタジオジブリがアニメーションを担当した『二ノ国』シリーズなど、数々のヒット作品を手掛け、昨年発売された『妖怪ウォッチ』ではゲームを起点にテレビアニメ、マンガ、玩具など、多くの派生コンテンツを提供。新たな試みに満ちた数々の作品を通じて、ゲームのコンテンツとしての優位性とその可能性を示し、ゲーム産業の発展に多大なる貢献をされた点が評価された」としている。以下、リリースを抜粋する。

※“ゲームデザイナーズ大賞”は、プロの視点で評価・選考する日本ゲーム大賞のもうひとつの大賞として、今後のゲーム産業の発展におけるひとつの指標として、創造性豊かな作品を選出していく。

【ゲームデザイナーズ大賞」審査員(2014年)】(敬称略、五十音順)
飯田和敏(ゲームクリエイター)
ディシプリン*帝国の誕生/巨人のドシン                    

イシイジロウ(ゲームクリエイター)
タイムトラベラーズ/428 ~封鎖された渋谷で~/3年B組金八先生伝説の教壇に立て!

上田文人(ゲームデザイナー)
ICO/ワンダと巨像
                          
小川陽二郎(ゲームデザイナー)
きみのためなら死ねる/ソニックと秘密のリング/クロヒョウシリーズ

神谷英樹(プラチナゲームズ)
The Wonderful 101/BAYONETTA(ベヨネッタ)                       

桜井政博(ソラ)
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ/星のカービィ

外山圭一郎(ソニー・コンピュータエンタテインメント)
SIRENシリーズ/GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動

藤澤 仁(スクウェア・エニックス)
ドラゴンクエストIX 星空の守り人/ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族

※“日本ゲーム大賞 経済産業大臣賞”は、近年に制作・発表された作品の実績から日本の家庭用ゲーム産業の成長・発展に寄与し、多大なる貢献をされた人物や団体を称える唯一の賞として、経済産業省後援のもと、2008年に設立された。選考は、日本ゲーム大賞選考委員による厳選なる審査を行い、決定する。

【経済産業大臣賞 歴代受賞者】
2013年:パズル&ドラゴンズ開発チーム(ガンホー・オンライン・エンターテインメント)
2012年:ニンテンドー3DS開発チーム(任天堂)
2011年:石原恒和氏(株式会社ポケモン 代表取締役社長)
2010年:堀井雄二氏(ゲームデザイナー )
2009年:モンスターハンター開発チーム(カプコン)
2008年:宮本茂氏(任天堂)

【日本ゲーム大賞 2014 年間作品部門各賞一覧】(大賞/優秀賞:カナ50音順)
<大賞>
モンスターハンター4(カプコン/ニンテンドー3DS)
妖怪ウォッチ(レベルファイブ/ニンテンドー3DS)

<優秀賞>
艦隊これくしょん ~艦これ~(DMM.com、角川ゲームス/PC)
グランド・セフト・オートV(ロックスター・ゲームス/プレイステーション3、Xbox 360)
スーパーマリオ 3Dワールド(任天堂/Wii U)
DARK SOULS II(フロム・ソフトウェア/プレイステーション3、Xbox 360/PC)
パズドラZ(ガンホー・オンライン・エンターテイメント/ニンテンドー3DS)
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア(スクウェア・エニックス/プレイステーション4、プレイステーション3、PC)
ポケットモンスター X・Y(ポケモン/ニンテンドー3DS)
METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES(コナミデジタルエンタテインメント/プレイステーション4、プレイステーション3、Xbox 360、Xbox One)
モンスターハンター4(カプコン/ニンテンドー3DS)
妖怪ウォッチ(レベルファイブ/ニンテンドー3DS)
The Last of Us (ラスト・オブ・アス)(ソニー・コンピュータエンタテインメント/プレイステーション3)

<特別賞>
ソリティ馬(ゲームフリーク/ニンテンドー3DS)

<ベストセールス賞>
ポケットモンスター X・Y(ポケモン/ニンテンドー3DS)

<グローバル賞日本作品部門>
ポケットモンスター X・Y(ポケモン/ニンテンドー3DS)

<グローバル賞海外作品部門>
グランド・セフト・オートV(ロックスター・ゲームス/プレイステーション3、Xbox 360)

■『モンスターハンター4』、『妖怪ウォッチ』の2 作品がダブル大賞!
大賞2作品は、一般投票者からも多くの支持に加え、日本ゲーム大賞選考委員により、2013年度を象徴するにふさわしい作品として、大賞に選ばれました。今や遊びの枠を超え、新たなコミュニケーションを生み出した「モンスターハンター4」はシリーズを重ねるごとに新しいシステムを導入。従来のファンのみならず、本作を初めてプレイした新規ユーザーからも次回作への期待の声が高いなど、幅広い層から支持された点が評価されての大賞受賞となりました。妖怪という日本古来のキャラクターを再生させ、子ども目線にとことんこだわって、幼年層向けの新しいムーブメントを起こした「妖怪ウォッチ」は、ゲーム業界の枠を超えて、親子で楽しめるエンターテインメントの新しい形を提示した点が高い評価を受け、大賞を受賞しました。

■熱狂的なファンから幅広い層まで、圧倒的支持の高い作品が今年度も続々と優秀賞を獲得!
●『艦隊これくしょん ~艦これ~
歴史に基づいたゲーム設計で、史跡などを含めた周辺コンテンツが話題になるなど、ゲームユーザーのみならず歴史ファンまで、多様な層から支持がありました。

●『スーパーマリオ 3D ワールド
初登場の「ネコマリオ」や、分身が増えていくダブルチェリー、かぶり物など、豊富な新アクションの数々。特徴の異なる4人のキャラクターを操作して、3Dの奥行あるステージをクリアする楽しさに、「家族で、友達と一緒に楽しめた」と多くの声をいただきました。

●『DARK SOULS II
ソロプレイから、オンラインでの共闘プレイでの攻略性の高さにシリーズファンからの圧倒的な支持を受けました。

●『パズドラZ
その発売を待ち望んでいた多くの子どもたちから「自分のDSで遊べてうれしい!」との歓喜の声が。また、パズルとRPGとの融合や定期配信される「スペシャルダンジョン」は、ユーザーを飽きさせず、簡単な操作で楽しめ、「面白い!」との声が多く寄せられました。

●『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア
シリーズならではの美麗なグラフィックとキャラクター、そして豊富な設定でファンからの高い支持を獲得。「日本最高峰の MMOPRG!」との声も!

●『METAL GEAR SOLID V:GROUND ZEROS
自由度の高い、臨場感あふれるミッションに多くのユーザーから賞賛の声、更には本編への大きな期待を寄せられました。

●『The Last of Us(ラスト・オブ・アス)
リアルなグラフィックとサウンドによる圧倒的な臨場感と、サバイバルの緊張感。ストーリー展開がもたらす、主人公への感情移入と、ゲームへの没入感など、「PS3の性能を究極まで引き出した作品」として熱狂的な支持がありました。

■『ポケットモンスターX・Y』が、「優秀賞」・「ベストセールス賞」・「グローバル賞 日本作品部門」のトリプル受賞!
「ポケットモンスター」シリーズ初のニンテンドー3DS 対応作品。7言語に対応し、2013年10月12日の世界同時発売以来、今年 3 月末までの世界累計販売本数は1,226万本を記録。また、新たな追加機能に「面白かった」とのファンの声に加え、海外市場でもユーザ
ーからの圧倒的な支持を集め、今年度の「優秀賞」、「ベストセールス賞」、「グローバル賞 日本作品部門」のトリプル受賞を獲得しました。

■『グランド・セフト・オート』は、「優秀賞」・「グローバル賞 海外作品部門」のダブル受賞!
圧倒的なスケール感と、細部まで作り込まれたリアルなグラフィックで描かれた世界観で熱狂的なファンからは、「シリーズ最高傑作」との声も。また、全世界でも3,250万本以上の爆発的な売り上げを誇り、今年度の「優秀賞」、「グローバル賞 海外作品部門」のダブル受賞を獲得しました。

■ダウンロード専売タイトル『ソリティ馬』が特別賞!
トランプの定番ゲーム「ソリティア」をプレイすることでパワーをため、そのパワーでウマを走らせる競馬ゲーム。ニンテンドー3DS対応、ダウンロード専売新作タイトルとして多くのユーザーを獲得、一般投票においても人気投票を集め、今年度の「特別賞」を受賞しました。