複数役を演じるに際しては、「ああ、たいへんなことをするんだな」と

 ワーナー エンターテイメント ジャパンより、2014年11月6日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、Wii U、ニンテンドー3DS用ソフト『レゴ ムービー ザ・ゲーム』。本作は、8人の声優さんが50以上の役柄を演じるのが魅力のひとつ。ここでは、本作にてワイルドガールやユニキャットを演じる沢城みゆきさんへのインタビューの模様をお届けしよう。

[インタビュー記事更新予定スケジュール]
・森川智之さん⇒記事はこちら
・山寺宏一さん⇒記事はこちら
・玄田哲章さん⇒記事はこちら

映画がゲーム化されるのは初めての経験だったので、驚きだった

――まずは、映画版の話から聞かせてください。『レゴ ムービー』のオファーが来たときのご感想を。
沢城 いつもの映画の吹き替えのつもりで挑んでいたので、そんなに違和感はなかったですね。“人以外のもの”というよりは、ふつうに人間を演じる感じでした。

――洋画を演じる感覚でしょうか。
沢城 海外のCGアニメに近い感覚ですね。ふつうの日本のアニメよりも、3倍くらい早い尺で、アニメのようなお芝居をするという。

――なるほど。ちょっとずつ作法が違うんですね。そのへんで今回戸惑われた部分もあったり?
沢城 そうですね。あと、今回(劇場版)は鈴木おさむさんが監修に入ってくださったので、吹き替えの台本というよりも、ちょっとバラエティー感があったんです。ノリがちょっと違っていて、そこがとってもおもしろかったですね。

――そんな差異も演じ分けるんですね……。それはすごいなあ。本作は、8人で演じ分けられたとのことですが、いかがでしたか?
沢城 「ああ、おもしろいことをするんだな」と人事のように思って、「ああ、たいへんなことをするんだな」と自分事として捉えました(笑)。

――どのような感じで演じ分けていこうと思われたのですか?
沢城 性別としては女性をメインに演じているんですけど、どちらも割りと両極端なキャラクターだったので、あまり懸念はせずに、全力で演じられた感じですね。

――今回は、皆さん単独での収録だったということで、ご苦労などはなかったのですか?
沢城 ひとりで演じていると、いつの間にか自分の尺のことでいっぱいいっぱいになってしまう傾向はありますね。本来は会話として、誰かの言葉に対する“リアクション”としてしゃべらないといけないものが、全部“アクション”になってしまう癖があるんです。あくまでも“相手を受けて”という意識が薄れないようにしようと気をつけてはいるのですが、なかなか難しくて。会話がメインになるような、ちょっと静かなシーンは私が収録のファイナルだったので、森川さんの声を聞かせてもらって、「あ、日本語はこんな感じだったんだ」と咀嚼してから、あてさせていただいたりもしましたけれど。

――今回、オリジナル版は有名な声優さんが担当していますが、彼らの声を聞いて参考にしたりしました?
沢城 そうですね。吹き替えの場合は、なるたけ向こうの役者の意図を汲めるように心掛けています。それで、よく聞いているつもりではいたのですが、山寺さんは、それを超えて吹き替えていらっしゃるので、「原音よりもどきどきするなあ」「わくわくするなあ」というのはありますね。

――原音を超えた吹き替えですか?
沢城 なかなか言葉にしづらいのですが、原音よりもおもしろいんです。原音よりもいっぱいサービスしてもらっている感じですね。原音よりもキャラクターが膨らんでいるんです。

――そんなことを言ったら、沢城さんだって!
沢城 私史上とにかく尺が“最早”で。聴感がすごく早口に感じると思うんです。ところが山寺さんなんかは、同じ尺のはずなのに普通に喋っているように聞こえるんです。

――沢城さん史上“最早”といったら、沢城さんファンは必聴ですね。
沢城 恐縮です(笑)。

――では、演じていて楽しかった役は?
沢城 ネコスキーという、猫をたくさん飼っている役をやらせていただいたんですけど、彼女が飼っている猫十数匹を一匹一匹名前を呼ぶシーンがあるんですね。なぜか最後が、“○○チュウ”という呼び名になっていて、しれっとして演じさせていただきました(笑)。あとは、やっぱりユニキャットですね。常軌を逸した猫だったのですが、とにかく元気でかわいくて、演じていてとても楽しかったです。いつになく、伸び伸びと演じさせていただいた印象がありますね。

――今回そんな『レゴ ムービー』がゲーム化されることになりましたが……。
沢城 私にとっては、映画作品がゲームになるというのが初めての体験だったので、お話を聞いたときは「どういうこと!?」という感じで、驚きでした。

――ああ、そうだったんですか。となると、沢城ファンにとっては貴重なゲームになりますね。
沢城 いえいえ(笑)。どんなゲームになるのか、あまり想像がつかなかったのですが、ゲームのアフレコにあたって映像を見せていただいたところ、とてもおもしろそうなシーンばかりで、さらにピンチになるとリンカーンが助けに来てくれる。「これは贅沢だな」みたいな(笑)。映画と同じように楽しめる要素がもりもり入っている感じで、「遊びたいな」と思いました。

――映画の世界観をしっかりと反映しているのですね。ちなみに尺には悩まされることはなく?
沢城 いえ、相変わらず早いです(笑)。そこは変わらずですね。

――早口は、『レゴ ムービー ザ・ゲーム』の聞きどころかもしれないですね。では、レゴブロックの思い出などありましたら……。
沢城 痛い。

――ああ(笑)。
沢城 踏むと痛い。弟が遊んでいた記憶があるのですが、しょっちゅう踏んづけていた記憶があります。

――なるほど(笑)。では、最後に『レゴ ムービー ザ・ゲーム』ファンに向けて、オススメのコメントをお願いします。
沢城 ゲームを楽しみにしてくださっている方にとっては、本当に期待を上回るデキになっていると、私は感じております。で、まだゲームを楽しみにしてくださっていない方にとっても(笑)、本作は世界観が本当に細かく楽しくできていて、「私でもできるかな……」という印象のゲームで、難しくなさそう。大勢でわいわいプレイして、楽しく遊んでいただけたらいいなって思っています。