『零』シリーズ最新作&メディアミックス発表会が開催、任天堂・宮本茂氏や映画主演キャスト陣など豪華ゲストが続々登場

コーエーテクモゲームスは、2014年7月17日、東京・ラフォーレミュージアム六本木において、“『零』シリーズ最新作&メディアミックス発表会”を開催した。

●超大型メディアミックスの全容が判明、『零』最新作情報も!

 コーエーテクモゲームスは、2014年7月17日、東京・ラフォーレミュージアム六本木において、“『零』シリーズ最新作&メディアミックス発表会”を開催した。
 <こちら>で既報の通り、『零』シリーズのメディアミックス展開は、ゲーム最新作をはじめ、小説、コミック、KADOKAWA配給の映画、ハリウッド映画までが制作決定している大がかりなもの。今回の発表会では、いよいよその詳細が明かされるとあって、多くの取材陣が集結。発表内容と、つぎつぎと登壇する豪華なゲストの言葉に聞き入っていた。

 発表会は、まずコーエーテクモゲームスの取締役会長・襟川恵子氏の挨拶からスタート。襟川氏は、自身は「痛いこと、怖いことが大嫌い」とのことで、ひとりでトイレに行けず、友人と連れだってトイレにいっていたという高校生時代のエピソードを披露しつつ、『零』シリーズの怖さをアピール。そして、多くの才能によって展開されるメディアミックスについて、「たいへん優秀なクリエイターの方々が、彼らの個性豊かな表現を活かしてコラボレーションをしてくれることになりました。ぜひご期待いただければ幸いです」と語った。

 続いて、『零』シリーズ最新作の発売元であり、コーエーテクモゲームスと共同開発を進めるパートナーでもある任天堂から、専務取締役の宮本茂氏が登壇。宮本氏も、襟川氏と同様に、怖いものは苦手であることを明かしながらも、「『零』最新作はWii Uを活かした映像で、本当に怖いですよ」と、作品の仕上がりに太鼓判を押した。
 また宮本氏は、Wii Uの現状について、「まだ、名前は聞いたことがあっても、よく知ってもらえていない。GamePadをリビングで使うという感覚を覚えていただくと、本当にほかに代わりのないゲーム機なのですが、それを皆さんに理解してもらえるよう、一生懸命取り組んでいます」と説明した。そして『零』最新作について、「Wii U GamePadをカメラのようにして使うのですが、これがサブのネタではなく、メインのネタになっています。Wii Uでしか遊べない作品を大いに期待してほしいです」と語った。

▲襟川恵子氏

▲宮本茂氏

●樹林氏が仕掛けるコミックの新しい表現!

 ここからは、各メディアミックス作品がつぎつぎと紹介されていった。最初はコミックから。概要は以下の通りだ。

■コミック
○タイトル: 零 影巫女(ぜろ かげみこ)
○原作:樹林伸(天樹征丸)
○漫画:hakus
○公開日:2014年7月18日(金)午前0時 第1話公開
○連載:マンガ雑誌アプリ「マンガボックス」(www.mangabox.me)

 登壇したのは、コミックの原作を手掛ける樹林伸氏。樹林氏は、『金田一少年の事件簿』、『神の雫』など多数の人気作品を手掛けた人物で、今回のコミック版『零』が連載される“マンガボックス”の編集長も務めている。

 樹林氏は、『零』のコミカライズについて、普段から親しくしている襟川会長から直接オファーを受けたのだそうだ。そこでとりあえず前作をプレイしてみたところ、見事にハマり、「これは引き受けるしかないな、と」(樹林氏)となったと説明した。
 そしてやるからには最高の体制を用意した、と語る樹林氏。漫画家は、新人ながらずば抜けた画力を持つという“hakus”氏。原作は、樹林氏が『金田一少年の事件簿』などで使う大事なペンネームである“天樹征丸”名義となる。さらに、連載の場となるコミックサイト“マンガボックス”は、つい先ごろに500万ダウンロードを突破した勢いがあるとともに、「紙ではできない表現ができるので、新しくおもしろい連載ができるのではないかと思います」(樹林氏)とのこと。

●シリーズ史上最大のボリューム、今回の舞台は屋外へ!

 続いては、やはりゲームファンにとってはもっとも気になるゲーム最新作が紹介された。壇上には、プロデューサーを務めるコーエーテクモゲームス・菊地啓介氏が登場。いきなり初公開となるPVを上映した後、ゲームの情報が詳細に解説されていった。

※関連記事:『零』シリーズ最新作のタイトルは『零 ~濡鴉ノ巫女~(ぜろ ぬれがらすのみこ)』 発売日も発表!【画像・動画追加

 待望の『零』シリーズ最新作のタイトルは、『零 ~濡鴉ノ巫女~』。Wii U専用ソフトで、発売日は2014年9月27日(土)予定、価格は6,600円(税別)。

 菊地氏によると、今回のキーカラーは“濡鴉色(濡羽色)”。これは、日本女性の美しい黒髪を形容する言葉で、黒色が光を反射して青や緑に写ることを表すのだそうだ。ただし本作の“濡鴉ノ巫女”は恐怖の象徴で、プレイヤーは、“濡鴉ノ巫女”の謎を追うことになるのだという。

 ここで改めて、『零』シリーズの成り立ちについてのお話に。菊地氏の説明によると、『零』シリーズの開発チームは、いちばん怖いものは“人間が想像したもの”であるとし、“想像力に訴えかける怖さ”をコンセプトに制作しているのだそうだ。それは、見えにくいもの、聞こえにくいものを、プレイヤーが想像でおぎなうことによって、怖さが生まれるからだ。
 縁の下や障子の裏に何かが潜んでいそうな日本家屋を舞台にしていることや、どこから襲ってくるかわからない怨霊の存在も、“想像によって生まれる怖さ”を引き立たせるためにある。また、例を倒すことができる唯一の武器“射影機”にも、「怖いものにあえて目を向けて、撮影しないと倒せない。そうしたジレンマを楽しんでもらおうと」(菊地氏)という狙いがあるわけだ。

 そうした『零』シリーズが培ってきた怖さの源泉は継承しつつ、最新作では、“Wii Uで体感する濡れる恐怖”というコンセプトのもとに制作されているという。ポイントはふたつで、ひとつは、和風ホラーを凝縮した物語の舞台として、山を舞台にした、水にまつわる恐怖を作り出しているとのこと。もうひとつは、Wii U GamePadを構えて怨霊撮影するという、Wii Uならではの臨場感あふれる仕組み。これらが、従来作を超える恐怖を生み出すのだという。

▲舞台は、“死に誘われる山”日上山(ひかみやま)。どうやら豊富な水がキーポイントとなるようだ。菊地氏いわく、「従来は日本家屋の中の探索がメインでしたが、今作では和の恐怖を味わえるオープンエリアを巡る、心霊スポットめぐりのような、肝試し的な怖さを体感できます」とのこと。

▲主人公は“影見”の不来方 夕莉(こずかた ゆうり)。菊地氏の説明によると、彼女は幼いころからものに触ると秘密を見られるという能力があり、それゆえに孤独にさいなまれ、死を覚悟したこともある……という過去があるのだそうだ。

▲Wii U GamePadを“射影機”に見立てて、縦横に傾けたり、見回したり、そこに写っている霊を浮かび上がらせたり、倒したり。より体感的な恐怖が味わえるという。

 そしてこの場で、本作のテーマソングも発表された。曲は、現役高校生シンガーソングライター“AnJu”のデビューシングルとなる「HIGANBANA」。概要は以下の通りだ。

○アーティスト: AnJu
○タイトル: 「HIGANBANA」
○発売日:
2014年10月8日(水)release 予定
2014年9月24日(水)先行配信予定
○発売元: SPACE SHOWER MUSIC
○作詞・作曲: AnJu
○SOUNDPRODUCE:キハラ龍太郎
○AnJu official web:anju-web.net

 “AnJu”については、現時点では、現役高校生であること以外は明かされなかったが、今後情報が公開されていく模様。注目しておこう。

 最後に菊地氏は、「最新作は、いままでで最大のボリュームの作品になります。過去にまつわる因縁、人間ドラマ、禁断の儀式をたくさん詰め込んで、和風ホラーの集大成として仕上げている最中です。どうぞご期待ください」とアピールし、プレゼンテーションを締めくくった。

●監督&キャストも登場、華やかなトークショウに

 つぎに、映画『劇場版 零~ゼロ~』についての発表が行われた。本作は、すでに2014年9月26日より全国公開となることが発表されているが、発表会では、ゲストも交えて、より詳しい内容が明かされた。
 まずは配給元であるKADOKAWAより、取締役会長の角川歴彦氏、代表取締役専務の井上伸一郎氏が登壇。角川氏は、「和風ホラーのキングとも言える『零』に最新作が発表されるとのことで、従前のものを超える大きなものにしたい。角川グループの総力を挙げて応援します」と語った。井上氏は、「映画とゲームをいっしょの時期に、というのは、制作ペースが違うので難しいのですが、今回はコーエーテクモゲームスさん、任天堂さんにご協力をいただいて、同時期に重ねることができました。大きなメディアミックス効果が発揮できると期待しています」と語った。

▲角川歴彦氏(写真右)、井上伸一郎氏(写真左)。

 続いて、映画の監督・脚本を務めた安里麻里氏と、キャストを代表して中条あやみさん、森川葵さんが登場。映画の紹介も交えながら、ミニトークショーがくり広げられた。

 安里監督によると、今回の映画では、中条さん、森川さんだけでなく、エキストラに至るまで、徹底的に“10代の女の子”にこだわり、「10代の女の子たちだからこそ醸し出す、大人になる一歩手前の独特の空気感が写っています。そこが魅力で、見どころだと思っています」とのこと。また脚本についても、“美少女ホラー”というポイントを絶対に外さないようにこだわり抜き、「ワンカットワンカット丁寧に思いを込めて作りました」(安里監督)と強調した。
 また森川さんも、「すごくきれいな、素敵な映像に仕上がっていると思いますので、ぜひたくさんの方に見ていただきたいです」とアピール。中条さんも、「射影機を使うなどゲームに似た面もあって。ゲームをやっている人も、やっていない人も楽しんでいただける、怖くて美しい、ほかにはないホラー映画になっています。ぜひ見てほしいです」と訴えた。

▲今回が映画初出演にして初主演となった中条さん。「プレッシャーを感じていたのですが、毎日監督に怒られながらも、楽しく撮影できました」(中条さん)。

▲「この映画は、全部最初から最後まで(デジタルではなく)フィルムカメラで撮っていて、そこが大きな見どころだと思います」と語る森川さん。

●小説、ハリウッド映画はどうなる?

 ここで改めて、説明済みのものも含めて、メディアミックス情報がまとめて説明された。コミック展開については前述の通り。小説の概要は以下の通りだ。

■小説
○タイトル:零~ゼロ~ 女の子だけがかかる呪い
○著: 大塚英志
○発売日:2014年8月25日(月)
○出版社:株式会社KADOKAWA 角川ホラー文庫

 ハリウッドでの映画化については、タイトルが、ゲームの欧米版タイトルでもある『FATAL FRAME』となることが明らかに。また制作担当プロデューサーは、『バイオハザード』や『サイレントヒル』の映画化を成功させたサミュエル・ハディダ氏が手掛けることも発表された。ハディダ氏からはビデオレターが寄せられ、氏の本作への強い意気込みがアピールされていた。

▲「『零』の世界にはすべての要素がそろっています。素晴らしいストーリー、生き生きとしたキャラクター、そしてユーザーを魅了するようなアーティスティックな要素もあり、私はすでに魅了されています」とハディダ氏。

●質疑応答――宮本氏からはWii Uの好調ぶりについてのコメントも

 ひと通りの発表が終了したところで、質疑応答の時間が設けられた。その内容は以下の通り。

――今回は大がかりなメディアミックスとなったが、今後コーエーテクモゲームスのほかのIPで、こうした展開がされる可能性は?

襟川恵子氏 志を同じくできる方がいらしたら、ぜひやっていきたいと思っています。ひとりで作るより、地位や金銭ではなく、多くの人と一緒に制作していく過程と達成感が伝わると思います。

――『零』最新作の、いままでの作品と比べていちばんよいところとは?

菊地啓介氏 今作がいちばんボリュームがあることもさることながら、Wii UのマシンスペックとGamePadというふたつの大きな特徴に最適化した表現になっています。水の表現や、ゲームパッドを構えて撮影する。かつてない、新しい体験をもたらせるように、任天堂さんと協力して制作してきました。そういった部分で、過去の作品と比べて、ひとつ上のレベルの作品ができたと思っています。

――とくに『マリオカート8』の発売以降、WiiUが伸びてきた感があります。今後の展開について教えてください。

宮本茂氏 ご指摘通り、『マリオカート8』発売以降に勢いがついて、世界中でWii Uが動き始めています。同時に、6月にシステム更新をして、使っていただいている方からも、使いやすくなったと評価をいただいています。これからは、……『零』がいちばん大事ではありますが(笑)、『ゼルダ無双』というのも、コーエーテクモゲームスさんといっしょにやらせていただいていて。これはE3で遊んでいただいた方からも非常に好評で、気持ちよく遊べる『ゼルダ』ということで期待していただきたいと思います。そして、『スマッシュブラザーズ』と、『スマブラ』にも対応するAmiiboという、NFCの人形を展開していきます。GamePadを活かしたゲームをいろいろ準備はしていますが、まずはそういった商品に期待していただければと思います。

――『零』はホラーゲームですが、制作中の怖いエピソードなどはありますか?

菊地啓介氏 やはりホラー映画を作るとなるとスタッフも神経過敏になって、「あれって心霊現象じゃないか?」といったことがあります。毎回、開発中には不思議なことが起こっていて、『零』チームのところだけ、蛍光灯が割れやすいとか。12時をまたぐと、変な音が聞こえ出したり。現場スタッフからは、そういうのを見たという話をよく聞きましたね。

●盛りだくさんの発表会、トリは襟川陽一社長!

 発表会の最後に、コーエーテクモゲームス代表取締役社長の襟川陽一氏が登場。襟川氏は、「『零』は世界でいちばん怖いゲームを作ろうという現場の発意から生まれたシリーズで、とにかく怖いものにどんどん特化していこうとしてきた結果、今回の大きなメディアミックスにつながったのだろうと思います」と説明。そして、ゲームの発売と映画の公開が重なる9月という時期について、「9月といえば残暑がきびしい時期ですから、背中が寒くなるような体験をして、9月を乗り切っていただければと思います」とタイミングのよさをアピールしつつ、「『零』各メディアミックスタイトルの成功と、より大きなメディアミックスに、全力で取り組んでいきます」と意欲を語り、発表会を締めくくった。



(C)2014 Nintendo / コーエーテクモゲームス
(C)2014『劇場版 零~ゼロ~』制作委員会
※画面は開発中のものです。