『ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印』がプレイステーション Vitaに登場!!

アクアプラスは、週刊ファミ通2014年7月3・10日合併号(2014年6月19日発売)にて、人気の3DダンジョンRPG『ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印』を、プレイステーション Vitaで発売することを発表した。

●見た目は華やかでも中身は本格派の3DダンジョンRPG

 アクアプラスは、週刊ファミ通2014年7月3・10日合併号(2014年6月19日発売)にて、人気の3DダンジョンRPG『ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印』を、プレイステーション Vitaで発売することを発表した。以下、記事内容を抜粋してお届けする。


 2013年にPSP(プレイステーション・ポータブル)で発売され、好評を博した『ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印』(以下、『DT2』)。同作がついにプレイステーション Vitaで発売決定! グラフィックの高画質化を始め、3Dマップの全面描き直しなど、さまざまな要素がグレードアップしているのだ。今回は『DT2』の魅力をたっぷりとお届けしよう。

■ストーリー
“神”と“ヒト”、さらに異界より出でし悪しき神である“魔神”が入り乱れていた時代。ヒトは錬金術師ジーグドラドが編み出した、“マモノ”を封印書内に封じる“ 封印術”に勝機を見る。封印術を操る者は“ライブラ”と呼ばれ、マモノ討伐において絶大な戦果を挙げたという。彼らの活躍により、世界はヒトの秩序で動き始めることとなる。そして長い時が流れ、現代。ロムレア王国王立図書館にて、新たな物語が幕を開けようとしていた。

<主人公>
フリード・アインハルト
(声:村田太志)

●ギミック満載の3Dダンジョン

 タイトルが示す通り、本作でメインとなるのは3Dダンジョンの探索だ。ダンジョン内は隠し通路に落とし穴、さらにはワープゾーンなど、ギミックやトラップがいたるところに仕掛けられており、ひと筋縄ではいかない模様。また、モンスターと遭遇することもあり、パーティーメンバーに的確な指示を出して切り抜けなければならないぞ。

●キュートなヒロインたち

メルヴィ・ド・フロレンシア
(声:下屋則子)

アリシア・ハート
(声:茅野愛衣)

イリーナ・ローゼンマイア
(声:米澤 円)

※詳しくは週刊ファミ通2014年7月3・10日合併号(2014年6月19日発売)をチェック


ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印
メーカー アクアプラス
対応機種 PSVPlayStation Vita
発売日 2014年9月25日発売予定
価格 5800円[税抜](6264円[税込])
ジャンル RPG / ファンタジー・ダンジョン
備考 ダウンロードコンテンツ対応、ダウンロード版は4761円[税抜](5142円[税込])、プレミアムエディションは8200円[税抜](8856円[税込])、プロデューサー:下川直哉、ディレクター:鷲見努、シナリオ:与田想、原画:みつみ美里、カワタヒサシ、甘露樹、ここのか、すまき俊悟、Bou

(C)2012,2014 AQUAPLUS ※画面は開発中のものです。