『シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~』新キャラや新たな成長要素“グロウシステム”などを紹介

ガストは、2014年6月26日に発売が予定されているプレイステーション3用ソフト『シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~』の新情報を公開した。

●オープニングアニメにも注目

 ガストは、2014年7月17日に発売が予定されているプレイステーション3用ソフト『シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~』の新情報を公開した。新キャラクターやキャラクターイベントのほか、新たな成長要素“グロウシステム”などが紹介されている。以下、リリースより抜粋。

■それぞれの軌跡
 シャリステラとシャルロッテ。それぞれの視点に立って、序盤のストーリーを紹介。物語の舞台は同じくとも、まったく異なる目的を掲げたふたりの物語は、それぞれ違った展開を見せます。そして、ふたりが出会うとき、運命の輪が大きく動き出すのです。

▲故郷の水が涸れるという一大事に、解決策を求めて、ステラードの街を訪れるシャリステラ。

▲収入の少なさを嘆くシャルロッテ。一方、ミルカはこの辺りでは珍しい“錬成”を武器に、大忙しの様子。

▲しかし、ステラードの街は他の村を助ける余裕のある状態ではなかった。

▲うらやましさからか、それとも焦りからなのか、仲のよい幼馴染に対しても棘のある言い方になってしまう。

▲辛らつな言葉を浴びせられる。

▲ひとり、落ち込むシャルロッテ。こんなはずではなかったのに……。

▲それでも故郷のため、落ち込んでいる暇はない。

▲いつまでもゴミ拾いの仕事しか与えてくれないラウルに大きな口を叩いてしまう。

▲ステラードの置かれた状況を理解し、それでも故郷を救うため、何ができるのか最善の手段を模索する。

▲自分にしかできないことを求めて、でも今は何もできないまま夜をすごしていく。

▲旅の途中で出会う仲間たち。故郷を知る人物にも出会う。

▲持ち前の明るさで、気持ちを前向きにもってくる。今はがむしゃらに行動するのみ。

▲くじけずに力を貸してもらえるよう、試行錯誤する。

▲そんな折、街に大きな問題が発生し、チャンスが訪れる。

▲そして、ステラードの問題を解決することが故郷を救うことにもつながると結論を出し、手伝いを買って出る。

▲母からの無償の応援を武器に、ただ、ひたむきにがんばり続ける。

▲サンドドラゴンが出没し被害に遭う人々が出始める。

▲大きな使命を持つシャリステラに出会い、自分にできること、したいことを考え始めたロッテ。

▲次第に心を通わせるふたりはサンドドラゴンの脅威について相談する。

▲サンドドラゴン討伐協力の打診を受けるステラ。彼女は族長代理としての答えを出すことに。

▲ふたりの出した答えとそれに応じた仲間たち。

▲自分の気持ちを心から打ち明けたシャリステラ

▲立場と本音の間で苦しむ財協組合長のラウル

▲そして遂にサンドドラゴンと対峙することになるシャリーたち。ステラードを守るため、大事な人を守るためにふたりは立ち向かう。

■新たな成長要素 自分好みに成長できるグロウシステム
 キャラクターのLvが40に到達することで新たに開示する成長システム。
 Lvが1上がるごとにグロウポイントが1pt入手でき、成長させたい要素に自由に割り振ることができます。

高Lvからの成長がより楽しくなる

▲グロウポイントを消費して能力を強化します。素早さなどの基本パラメーターはもちろん、アシストやスキルの強化まで幅広く選択することができます。

▲メインメニューのステータスからキャラクターを選択し△ボタンを押して呼び出します。

自分好みのキャラクターへ成長!
 能力は段階的に強化されていくものもあります。同じ能力を最大まで上げるか、バランスよく振り分けるか自分好みのキャラクターへと成長させることができることもグロウシステムの大きな魅力です。

▲さらにLvがあがると開示される能力もある模様。ポイントの振り分けは慎重にいきたいところ。

やる気
 冒険と密接に絡んでくる“やる気”。
 ライフタスクに表示された“やりたいこと”をこなすことで主人公の“やる気”のゲージが上昇し、さまざまな恩恵を受けることができるようになります 

やる気が低い場合

▲やる気のゲージが低い状態では採取できるアイテム数もそんなに多くはありません。

やる気が高い場合

▲やる気のゲージが高い状態で採取を行えば採取数も大幅アップ! 効率のいいプレイをすることが可能に。

■キャラクター紹介

黄昏に抗う探究者“キースグリフ・ヘーゼルダイン”
声:中田譲治さん
年齢:55/職業:凄腕の錬金術士/血液型:AB型/身長:180センチ
 真理を追い求める錬金術士。付き人のオートマタとともに、前時代の錬金術の痕跡を探しながら、“黄昏”について調べている。お気に入りの薬用パイプを持っていて、何があっても決してそれを手放そうとしない。

「まったく今日は邪魔者によく会う日だ」
 
 

勘違いの多い天然な敏腕秘書“リンカ”
声:小清水亜美さん
年齢:30/職業:商会の看板娘/血液型:A型/身長:160センチ
 商会で働く、冷静沈着な秘書官。
 商品の仕入れから出荷まで、さまざまな仕事を受け持っている敏腕秘書であり、会長からの信頼も厚く、その美貌に隠れファンも多いようだ。

「ご用件はなんなりとお申し付けいただくよう、申し使っております」

失われた技術を追い求める、商会の後継者“アルバート・ペリアン”
声:島崎信長さん
年齢:20/職業:商会長の息子/血液型:O型/身長:177センチ
 街の運営を取り仕切る、街の商会長の一人息子。中央から取り寄せた資料からオートマタの存在を知り、その技術を復活させることを夢見て独学で勉強したり、財協にこっそりと依頼を出していたりする。

「ははは、僕は価値あるものには、金を惜しまない男さ!」

■多くを知ることができるキャラクターイベント
 ゲームを進めていると発生する、さまざまなキャラクターたちとのイベント。ここでは、その一部をピックアップしてご紹介します。冒険では見せてくれることの少ないキャラクターの意外な一面などを楽しめます。

キースグリフのPickUPイベント

▲錬金術の腕前は随一。シャリーたちは少しでも実力をつけようとキースグリフに教えを請うことに。

▲相変わらず煙草が手放せないキースグリフだが、“不肖の弟子”によって中身は体に害のないものになっているようだ。

リンカのPickUPイベント

▲聡明で冷静沈着なリンカ。仕事はナディから教えて貰ったということを知らされたシャルロッテは驚きを隠せない。

▲自分の出生について思うリンカ。複数確認されているリンカの謎は果たして解明されるときが来るのだろうか。

アルバートのPickUPイベント

▲幼なじみである3人。アルバートはふたりからよく泣かされていたようだ。思わず昔話に花が咲く。

▲オートマタに執着するアルバート。ついには量産することまで考えるようになる。商会長の息子ならではのスケールの大きさだが、その夢は果たして……?

■『シャリーのアトリエ』オープニングアニメが完成!
 『シャリーのアトリエ』のオープニングアニメが完成しました。matryoshkaが歌う主題歌にあわせて、ポイントピクチャーズが制作を手がけるアーティスティックなアニメーションが、砂漠に飲み込まれつつある黄昏の海とふたりの少女の儚さと美しさを表現しています。

【シャリーのアトリエ】オープニングムービー



(C)GUST CO.,LTD. 2014 All rights reserved.
※画面は開発中のものです。