『ソードアート・オンライン -ホロウ・フラグメント-』終わりなき世界で冒険をともにする新キャラクターを紹介

バンダイナムコゲームスのPS Vita用ソフト『ソードアート・オンライン -ホロウ・フラグメント-』の最新情報として新キャラクターと、ゲーム内AIキャラクターなどのパートナーを紹介しよう。

●アインクラッド75層以上にいるプレイヤーは100人以上

 人気ライトノベル『ソードアート・オンライン』をモチーフにした、バンダイナムコゲームスのPS Vita用ソフト『ソードアート・オンライン -ホロウ・フラグメント-』(2014年4月24日発売予定)。同作では、ゲーム1作目にあたる『ソードアート・オンライン -インフィニティー・モーメント-』(75層~100層の攻略)と同じ時間軸で起こったストーリーが描かれる。今回は、その最新情報として新キャラクターと、ゲーム内AIキャラクターなどのパートナーを紹介しよう。そのまえに、まずは公開されたばかりの『ソードアート・オンライン -ホロウ・フラグメント-』のテレビCM60第2弾をお届けしよう。


■サチ
「ねぇ…キリト。私、キリトに伝えたいことがあるんだ」

CV:早見沙織さん
かつてキリトが在籍したギルド《月夜の黒猫団》の一員で気弱な性格の少女。なぜこの世界にサチが“存在”しているのかは不明。

▲立ち絵(左)と3Dキャラクター(中央・右)。

■キバオウ
「なんでやっ!! ビーターやビーター!」

CV:関智一さん
第1層のボス攻略に参加したプレイヤー。関西弁が特徴。元ベータテスターには偏見があり、キリトに《ビーター》を名乗らせるきっかけを作った。

▲立ち絵(左)と3Dキャラクター(右)。

■アルゴ
「キー坊もあんまり無茶するナヨ」

CV:井澤詩織
《アインクラッド》の中で貴重な情報屋。その風貌から《鼠のアルゴ》の名前で知られている。キリトと同じ“ベータテスター”でもある。

▲立ち絵(左)と3Dキャラクター(右)。

 アインクラッドではさまざまなプレイヤーが生活している。前作同様パーティにも組めるので、仲よくなってほかのプレイヤーとの冒険も楽しもう。また、アインクラッド75層以上にいるプレイヤーは100人以上。仲よくなればどのキャラクターと冒険が可能だ。誰と冒険するのかはプレイヤー次第です!

▲ココアをお姫様抱っこ。

▲モグラさんとコミュニケーション♪

▲ハシューシュともバトルで連携。

▲シンヤとも激しくバトルで協力。

■新リアルタイムコミュニケーションバトルを解説

 本作では、AIパートナーとコミュニケーションを取りながら、真のパートナーへと成長していく。自分にとってよい行動をとったら“Good”をしてあげると、その行動をよく取るようになる。自分に合ったパートナーへと成長させていこう。

 新しく変わったUIで戦況を判断しよう。UIは、ショートカットで設定も可能。つねにスキルは選んで使うこともできる。自分のバトルスタイルで戦いやすいようにエディットしよう。どこでも好きなスキルやアイテムを配置できるので、カスタマイズが重要になってくる。もちろん、簡単操作でもプレイ可能なので、より高みを目指したい人はカスタマイズすべし。

■リズベッド武具店

 アークソフィアではリズベット武具店が新たに開店する。前作でできた品質強化はもちろん、アイテムを持っていけば、武器も作ってくれる。

■ソードスキル

 キリトが装備できる武器は10種類。操作とモーションは一新されているので、戦いやすい武器を選ぼう。武器は以下の10種類。

・短剣
・片手剣
・曲刀
・細剣
・二刀流
・片手棍
・両手斧
・槍
・刀
・両手剣

★細剣
アスナがメインに使用する武器。
圧倒的な火力・手数で、敵のHPゲージを削りまくる。連撃も最大値が出ることが多く、連携もつながりやすさ、俊敏性も高い。攻撃に特化した反面、防御がもろく反撃をくらったときのリスクが高い。バースト攻撃を合わせると、さらにリスクが上がりやすい。

★短剣
シリカ/フィリアが主体とする武器。
癖がなく、とても扱いやすい武器。連携も取りやすく、ビギナーには持ってこいの武器だが、難点としては平均的すぎるので、とくに尖った性能がない。リスクも低く、マルチに活躍するには役に立つ。

■ボスとエリア

 最後にお届けするのは、初お披露目となる魔獣型ボスと大空洞エリア。魔獣型ボスは巨大な牙とツメでキリトたちに襲いかかる。縛る鎖が開放されたとき、すべてを飲み込む牙が襲いかかる!

 一方の大空洞エリアは、本作で冒険することになる新フィールド。《ホロウ・エリア》に存在する巨大な大空洞。大きな穴の底には迷宮区に匹敵するダンジョンが潜む。その果てしなく広がる底の先にあるものとは……。飛行系のモンスターや地下のダンジョンにはさまざまなトラップが潜んでいる。



(C)川原 礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project  (C)2014 NBGI