バンダイナムコゲームスは、2013年11月20日、“魁!!男塾 入塾式”と題して、2014年2月27日発売予定のプレイステーション3用ソフト『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』の発表会を開催した。

●“男”と“女”で温度差大!? 抱腹絶倒のステージに

 バンダイナムコゲームスは、2013年11月20日、“魁!!男塾 入塾式”と題して、2014年2月27日発売予定のプレイステーション3用ソフト『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』の発表会を開催した。

 発表会のメインゲストは、『魁!!男塾』の大ファンで“男塾芸人”として知られる、サンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけし。それぞれ、伊達は名字にちなんで“伊達臣人”、富澤は若干名字がかすっている“富樫源次”の扮装をキメて、気合いの入った表情でステージに登場した。
 テレビ番組などを通じてご存じの方も多いだろうが、ふたりの『魁!!男塾』フリーク度はかなりのもの。ステージに現れるや、「いちばん好きなシーンは、大威震八連制覇の伊達臣人と男爵ディーノ戦。ディーノが速攻で負けるんですが(笑)」(伊達)、「好きな名ゼリフは田沢の“九九八十八!”です」(富澤)などなど、濃厚な『魁!!男塾』トークを連発。MCのお姉さんをはるか後方に置き去りにしつつも、会場を大いに沸かせた。

 続いては、この日のもうひとりのスペシャルゲストとして、グラビアアイドルの篠崎愛が登場。レディース風の衣装で登場した篠崎は、『魁!!男塾』のことはまったく知らない、と正直にカミングアウトしつつ、台本通りに男塾入塾希望であることをアピール。サンドウィッチマンのふたりからは、即座に「男じゃないじゃん!」とNGを通告されるも、イベント後半で“入塾テスト”を実施することにして、ひとまずイベントは進行していった。

●“PS3用ゲーム史上もっとも男臭く暑苦しいゲーム”とは!?

 ステージにゲストが揃ったところで、『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』の開発プロデューサーを務める佐藤秀俊氏が登場し、改めて本作がどんなゲームなのかが詳しく紹介されていった。

▲暑苦しい内容を、佐藤氏が爽やかに解説。
▲随所で、サンドウィッチマンが原作知識を活かした補足説明を加えてくれた。

 本作は、端的に表現すると“軟弱な現代日本において、真の男をとりもどすべく、男塾のスパルタ教育を通じて男を磨く”ゲームだ。
 佐藤氏いわく、こだわったポイントはふたつ。ひとつ目は、“塾生たちの熱い死闘を無駄にせず、飛び散る汗、噴き出す血。暑苦しく描く”こと。そしてもうひとつは、“個性的な塾生や、男塾名物、民明書房”をしっかり表現することなのだという。

 ゲームは、“曜日教練”として全14種類のミニゲームをこなして「血と汗と涙、男のリキッドを体中から絞り出して男子力を上げ」(佐藤氏)、力、知力、根性などを鍛えていき、“武闘教練”で死闘を繰り広げる、というもの。
 また、通常の授業のほかに、原作のストーリーを追体験できるストーリーイベントや、暦に合わせて発生するクリスマス、バレンタイン、七夕などの多彩なイベントも用意されているのだそうだ。

 また、全150種類の“斬身苦(ギミック)”も大きな魅力。これらはフィールドのオブジェクトとして登場し、発動した際には、民明書房風の解説が表示される凝りようだ。
 ちなみに、一般公募で選定された4つの斬身苦や、47都道府県代表の斬身苦(千葉県の“落花 ”なども収録されているという。また、斬身苦にはオンライン要素もあり、斬身苦を自由に配置したオリジナルのフィールドを、ネットを通じて配信することもできる。
 さらに、ショップ別購入特典として、専用の斬身苦が用意されていることも発表された。気に入った斬身苦があれば、そのショップで購入するといいだろう。

 そして、本作の初回特典として、サンドウィッチマンのふたりがゲーム内に登場するプロダクトコード付き塾生証が封入されることが発表された。プロダクトコードを入力することで、ゲーム内に、“伊達みきお(伊達臣人ver)”と“富澤たけし(富樫源次ver)”がプレイアブルキャラクターとして登場する。これには、「乳首の色まで再現していただいて感激です」(富澤)と、ふたりとも大感激の様子。
 佐藤氏からは、「伊達さんの声録りには時間がかかりました。勝手に哀川翔さんや野村監督の物まねとかされるんで……(笑)」との裏話が披露された。残念ながら(?)、その物まねはゲーム内には登場しないが、ふたりの持ちネタである「もういいぜ!」(伊達)、「ちょっと何言ってるかわからない」(富澤)はバッチリ活かされているそうなので、サンドウィッチマンファンの人は、ぜひゲーム内で確認してみてほしい。

●実機プレイで入塾テスト、その結末は……

 最後に、篠崎の入塾テストという体で、実機によるプレイが披露された。今回プレイされたのは、“油風呂”、“大鐘音”、“殺シアム”の3つ。

▲“油風呂”はバランスゲーム。制限時間内にろうそくが倒れると富樫が炎上する。
▲“大鐘音”は、富澤が「『太鼓の達人』的な感じですね」と評したように、音ゲーライクなミニゲーム。タイミングよくボタンを押して応援の発声をする。
▲“殺シアム”は、ギミックが配置されたフィールドで展開される格闘戦。ここでは、篠崎が虎丸を操作し、初回特典キャラクター“伊達みきお”に挑んだ。

 なかなか手慣れたプレイぶりの篠崎は、“油風呂”は惜しくも失敗となったものの、“大鐘音”をノーミスでクリアーし、“殺シアム”で伊達を撃破するという予想外の大健闘を見せた。それでも伊達は「男塾に女はいらない! 不合格じゃ!」と言い張ったが、最後に決断を委ねられた佐藤氏が、「試験始める前から決めてたんですけど、合格で」とあっさり合格を宣言。
 しかし土壇場で篠崎が、「すごくうれしいです。でもやっぱり、普通の女の子なので、入塾はいいです」と入塾を拒否。これに伊達が、「やめんのかよ! もういいぜ!」とお馴染みのセリフで締めて大団円となった(?)。

 最後に、実機プレイも体験した篠崎は、「このゲームは本当にすごくおもしろいです。男の子は男らしいのがいちばんなので、みんなこれをやって、真の男を目指してください!」とアピール。
 伊達は、「『魁!!男塾』は我々のバイブル。ゲームももちろん最高に楽しいので、入塾した気持ちになって楽しんでください。男塾を読んだことがある人は絶対ハマると思います」とコメント。富澤は、「女の子にもぜひ遊んでもらいたい。2月27日発売だし、バレンタインのお返しとして、ホワイトデーにこのゲームをプレゼントしてあげてほしいですね」と語った。

▲会場では、『魁!!男塾』原作者の宮下あきら氏による直筆イラストメッセージが披露された。
▲既報の通り、男爵ディーノのフィギュアなどがセットになった初回限定版も発売される。「1億セットくらい売れそう。(ディーノのフィギュアは)家の各部屋にほしい」(伊達)と、サンドのふたりも絶賛。