『ガイストクラッシャー』に関するトークも

 徳島県徳島市にて、2013年9月28日~10月14日の期間で開催されている、エンターテインメントのイベント“マチ★アソビ vol.11”。この中で、2013年10月12日~14日はクライマックス・ランと呼ばれ、徳島市の各地で多くの催しが行われる。

 このクライマックス・ランに、カプコンが出展! 空からの来訪者を迎える“徳島阿波おどり空港”に、2013年10月12日(土)~10月14日(月・祝)17:00の期間、伊達政宗騎馬像が展示されている。

▲東京ゲームショウ2013のカプコンブースで、ファンを迎えた伊達政宗騎馬像が来徳。360度、好きなところから眺められます。

 また、新町側沿いの“しんまちボードウォーク”のパラソルショップでは、2014年1月23日発売予定のプレイステーション3用ソフト『戦国BASARA4』の最新PVが上映。

 そのパラソルショップから歩いてすぐの場所にある東新町1丁目商店街内の“戦国BASARA4 展示コーナー”では、『戦国BASARA4』を試遊することができる(整理券制。各日9:30より先着で配布)。本作が試遊できるチャンスとしては、東京ゲームショウ2013に次いで2度目。プレイした人には、先着でオリジナルバッグがプレゼントされる。

▲武将たちののぼりが目印。
▲広いスペースで、ゆったりとプレイできる。
▲カプコン 小林裕幸氏。

 そして、クライマックス・ラン初日と2日目には、カプコンの小林裕幸氏によるトークステージも開催。初日に行われた“『戦国BASARA4』×『ガイストクラッシャー』スペシャル進軍ステージ!”では、小林氏と、さまざまなメディアで展開中の『ガイストクラッシャー』真銅クラマ役の高瀬泰幸さんが、『戦国BASARA4』と『ガイストクラッシャー』の魅力をアピールした。
[関連記事]『戦国BASARA4』とのコラボや体験版の配信が決定! 小西克幸さん、山下大輝さんも登場した『ガイストクラッシャー』スペシャルステージリポート

▲高瀬さん(写真右)は高知県出身。四国でイベントができて、本当にうれしい、と語った。

 高瀬さんにとって、『ガイストクラッシャー』はテレビアニメ初参加作品。クラマたち“ガイストクラッシャー”(謎の金属生命体ガイストと戦う者)は、フレッシュな若手声優が演じており、敵対組織“イレイザー”のキャラクターはベテラン声優が演じている。高瀬さんは、幼いころに見ていたアニメに出演していた憧れの声優が真横にいるのを見て、自分が声優業界に入ったことを実感したそうだ。

 ベテランと言えば、『戦国BASARA4』にも多数のベテラン声優が出演する。敵武将として新たに登場する足利義輝を演じているのは、大御所・池田秀一さん。高瀬さんが「「見せてもらおうか、名刀正宗の性能とやらを」とか言うんですか?」と小林氏に尋ねると、小林氏は「「見せてもらおうか」は言います。『ガンダム』っぽいセリフは入れています」と回答! さすがネタセリフが満載の『戦国BASARA』。今回も、声優の名演に期待したい。

クライマックス・ラン初日のステージを終えた小林裕幸氏にインタビュー!

――ステージイベント、おつかれさまでした! さっそくですが、今回、マチ★アソビへの出展を決めた理由を教えてください。
小林 『戦国BASARA4』を広めていくためにも、地方でのイベントをいろいろやっていきたいね、とプロジェクトをスタートしたときから思っていて。今年の5月のマチ★アソビには西川貴教さんが参加していて、すごく盛りあがっているイベントだなと改めて感じ、ufotableさんにお願いして、今回参加させていただくことになりました。

――いよいよ進軍するときだ! と。
小林 来年1月に『戦国BASARA4』が出ますし、『ガイストクラッシャー』のアニメが始まったタイミングでもあったので。

――マチ★アソビのことは、いつごろから気になっていましたか?
小林 仲のいい馬場プロデューサー(バンダイナムコスタジオの馬場英雄氏)からは、よくお話を聞いていました。本当は今回、馬場さんも来ていたらよかったんですけど、ニューヨークのコミコンに行かれていて。それは残念でしたが、たとえば『ガイストクラッシャー』に出演している小西さんが、明日徳島にいらっしゃったりするので、いろいろな方に会えるのではないかと期待しています。

――今回の出展の見どころを教えてください。
小林 東京ゲームショウに出したばっかりの『戦国BASARA4』の試遊版を、ゲームショウに続いて出展しています。名古屋や大阪にも行かずに徳島に来たというのは、大きいんじゃないかなと思います。

――今日のステージに出演してみて、いかがでしたか?
小林 『ガイストクラッシャー』はアニメが始まったばかりで、ゲームは12月5日発売予定で、まだ認知度も低いんですけど、それでも徳島のお客さんが拍手と声援で迎えてくれて。温かいお客さんが多かったな、と感じました。高瀬くんも、地元がお近くの高知ということで盛り上げてくれて、『戦国BASARA4』の告知もできたと思います。明日(クライマックス・ラン2日目)は、石野竜三さんといっしょに『戦国BASARA4』を紹介します。

――小林さんは、徳島は初めて?
小林 初めてです。今日来たばかりなので、この後、マチ★アソビ、徳島の街を見たいですね。

――では、徳島の街を歩いていれば、もしかして小林さんに会えるかも?
小林 クライマックス・ラン3日目はいないのですが、1日目・2日目はいますので、カプコンブースか、川沿いのパラソルショップにいるかもしれません。もしくは、マチ★アソビのほかの会場にいるか。

――次回以降のマチ★アソビにも、カプコンが出展する可能性はありますか?
小林 そうですね。今年は9月にも、京都国際マンガ・アニメフェア(通称“京まふ”)に初参加させてもらって。これまでなかなか関西には来れていなかったのですが、京まふでは森川智之さんのトークショーをやったりしました。今回、京都に続いて徳島というのはいい流れだと思います。ファンの皆さんは全国にいらっしゃいますので、きっかけを作って地方に来たいと思っているので、マチ★アソビはそのきっかけになり、ありがたいと思っています。今回は初参戦なので、イベントを体験しつつ、次回以降がんばりたいです。来年はぜひ物販をやりたいですね。引き続き、いろいろなところにいって、ゲームを体験できる機会を増やしていきたいと思っていますので、ぜひ体験しにきてください。