ベセスダ・ソフトワークス『ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー』プレイリポート【TGS2013】

“東京ゲームショウ2013”のスクウェア・エニックスブースとソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアブースで体験できる『ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー』のプレイステーション4版を遊んできたぞ!

●世界最速出展のプレイステーション4版、しかも日本語吹き替え版!

 2013年9月19日より開催中の“東京ゲームショウ2013”。ベセスダ・ソフトワークスの『ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー』のプレイアブル版が、スクウェア・エニックスとソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアブースに出展されているので、体験してきたぞ。プレイステーション4版で、しかも日本語吹き替え版とあって、かなり期待してプレイしたのだが、その思いは裏切られなかった。


画像01
画像02
画像03

 最初に難易度を選べるので、ノーマルでプレイ。舞台はナチスとの戦いが激化する世界。ナチスの重要人物である“デスヘッド”を狙って、とある城に仲間とともに潜入するところからスタートした。城の壁に取り付いて、上方を目指して登っていくと、あちらこちらの窓から兵士がバンバン撃ってくる。体力が自動回復しないため、あっという間に視界が赤く染まっていく……。いきなり飛行機が城に突っ込んだおかげで、仲間ともはぐれてしまった。何回かチャレンジして、なんとか城内に潜入することができた。
 通路が入り組んだ城内は、不穏な空気が流れている。慎重に進んでいると、前方を歩く兵士を発見。後ろから近づいてナイフで倒す。このまま静かに進もうと思った矢先に、巡回する兵士とご対面! 両手にマシンガンを構えて、撃ちまくってやったのだが、銃声に気づいた兵士がどんどん集まってくる。壁や柱に隠れながら戦っているうちに、体力が順調に(?)減っていく。じっとしていれば体力が自動回復していく最近のシューティングに慣れている身では、自動回復なしというシステムはなかなかキツイ。しかも、敵はあらゆる場所から攻撃をしかけてくるのだ。倒した敵から回復アイテムやアーマーを入手しながら戦い続けて、なんとか窮地を脱出できた。
 仲間と合流するためのルートを探しているうちに、先程突っ込んだ飛行機が燃え盛る、吹き抜けのような空間に到達した。目の前に、巨大なガトリングガンが設置されている。強力な武器が置いてある場所は、それなりの攻撃を受けることは鉄則だ。ということで、すぐに猛烈な攻撃が襲ってきた。さっそくガトリング銃を持って応戦開始。しかし、このガトリング銃の爽快なこと! バッタバッタと敵をなぎ倒す。遠方の敵を狙うのは難しいが、敵が隠れている壁を粉々に砕いてしまうので、問題ない。慎重かつ確実に敵を倒すスタイルもいいが、強力な武器を携えて突っ込むスタイルも楽しめるのは、うれしいポイントだ。
 序盤とはいえ、銃撃戦はなかなかの歯応え。トライ&エラーをくり返しながら、徐々に先に進む能力を身につけるという遊びかたは、なつかしくもあり、新鮮でもある。ヘルス&アーマー制のきびしさと、洗練されたシューティングシステム、美しいグラフィックと最新のゲームエンジンで表現された世界が融合した本作は、新しいアクションシューティングゲームの誕生を感じさせる作品だ。試遊時間内では仲間と合流するところまでしか見られなかったが、このあとにもアッと驚く展開がくり広げられるそうだ。TGS 2013で体験できなかった人は、2014年の発売まで期待しながら待っていよう!


画像04

▲謎解きなどのアドベンチャー要素もあるのが本作の特徴。

画像05

▲これがナチスの悪魔“デスヘッド”。宿敵と言うべき存在だ。

画像06

▲死の淵をさまよった主人公は、ある事件をきっかけに覚醒する!



Wolfenstein(TM): The New Order(TM) (C) 2013 ZeniMax Media Inc. Developed in association with MachineGames. MachineGames, Bethesda, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. Wolfenstein, the W (stylized) and related logos are registered trademarks or trademarks of id Software LLC in the U.S. and/or other countries. All other trademarks or trade names are the property of their respective owners. All Rights Reserved.
※画面は開発中のものです。
Wolfenstein(TM): The New Order(TM)は1960年代の仮想世界に基づくフィクションです。各名称、登場人物、団体、場所、事象は架空のもの、またはフィクションに基づく描写によるものです。本作品のストーリーとコンテンツはナチス政権の信念、イデオロギー、事象、行動、党員、行為を解釈、称賛、是認を意図するものではなく、またナチス政権による戦争犯罪や虐殺、その他人権に反する犯罪を矮小化する事を容認するものではありません。