マーベラスAQLが運営するブラウザゲームの金字塔『ブラウザ三国志』。新人プレイヤーにもやさしい、ワールドの統合と新設について解説する。

▼最新情報が一気に読めるまとめページはこちら!

●ワールドの“大統合”が実現!

 中国の三国時代に生きるひとりの君主として、広大なマップに城を構え、内政や領地の拡大、ときには敵対勢力との戦争や外交を行い、中国大陸の統一を目指すシミュレーションRPG『ブラウザ三国志』。

 サービス開始5年目突入を迎え、さらなる改革を進める本作では、5月のイベントで今年のロードマップ(※過去の記事を参照)を公開するなど、これまで以上に精力的な運営とアップデートの方針を打ち出している。

 そのロードマップにおいて公開された、特定の“ワールド”の“大統合”が行われ、併せて新規のマップタイプも追加された。

 統合の対象となったのはmixiの1~8ワールドと9~16ワールド。これまで8つとされていたワールド統合の上限が取り払われ、新たに1~16ワールドが誕生した。ベテランプレイヤーの多いワールドどうしの統合だけあって、日々激戦がくり広げられているという。

●そもそも“ワールド統合”ってなに?

 『ブラウザ三国志』は、ひとつのサーバー(=ワールド)に多数のプレイヤーが集い、各自のスタイルを持ってプレイに臨めるシステムになっている。戦争や外交をくり返して天下統一を目指す、農耕に励み、同盟(プレイヤーどうしで結成するチーム)の発展に貢献する、1日10分のまったりプレイで本拠地の発展を眺める、好きな武将の育成に集中する・・・などなど、どう遊ぶかはプレイヤーの自由だ。

▲こちらが“本拠地”。各種資源を生産したり、徴兵に必要な施設などを建築し、国力を高めていく。何をするにも資源が必要となるため、まずは生産施設を充実させていくのがセオリー。
▲領地を獲得し、新たに“拠点”とすれば、ここにも施設を建設することができる。資源の供給量が飛躍的にアップするのだ。
▲武将の育成も本作の醍醐味のひとつ。敵を殲滅するなどして経験値を稼いでパラメーターを強化し、合成でスキルのレベルを上げていこう。

 本作のひとつワールドでは、約4ヵ月を1サイクルとし、ゲーム開始と終了がくり返される。最初の1サイクルは“1ゲーム目”、つぎのサイクルは“2ゲーム目”と呼称され(1期、2期と表すプレイヤーも多い)、“ゲーム”ごとに同盟、個人のプレイ結果がランキングとして集計。それに応じて各種の褒賞が与えられ、次ゲームは武将カードなど一部の個人資産を引き継ぐことができる以外、再び初期状態からスタートするという流れとなっている。

 ワールド統合とは、あるワールドのゲーム終了時などをタイミングとして、ふたつのワールドと統合し、ひとつのワールドにすることを言う。なお、統合時は片方のワールドに対して、プレイ時間の差により生じる武将カードの獲得経験値の差を是正する措置が取られるため、有利不利が発生することはない。

▲マーベラスAQL公式版のワールド一覧。ワールド統合がくり返されたあとがうかがえる。新しく始める場合は、最新のワールドを選ぶといい。ワールド新設時は事前に告知されるので、まめにチェックしておこう。また、プレミアムワールドとは、武将カードのデータのみ引き継いで遊べるワールドのこと。こちらはベテランプレイヤー向けのワールドと言える。

●ワールド統合によってもたらされる恩恵

 プレイヤー側の立場から見ると、ワールド統合によってもたらされる恩恵は大きくふたつある。ひとつは、プレイヤー人口の増加。もうひとつは、同盟やプレイヤーの固定化によるマンネリの回避だ。

 後者に関して補足すると、“ゲーム”が進むと、武将カードの育成度合いなどの理由により、大きな同盟の勢力がゆるぎないものとなることが多い。そのため、余程のことがない限り、多くのプレイヤーにとって刺激の少ない展開になってしまいがち。

 ワールドが統合されると、プレイヤー人口が拡充されるとともに、各ワールドの戦火を生き抜いてきた、大小さまざまな同盟が入り乱れることになる。必然、各同盟、各プレイヤーによる、新たな勢力争いの火蓋が切って落とされる。

 一大勢力を誇っていたはずの同盟が別ワールドの同盟に蹴落とされる、中小の勢力を束ねた同盟が頭角を表す、といったダイナミックが展開がしばしば起こるのも、このワールド統合に起因する部分が大きいのだ。

 マイペースに城や武将の育成が楽しめるのも『ブラウザ三国志』なら、大げさかもしれないが、こうした大きな時代のうねりに身を置くことができるのも『ブラウザ三国志』。数多くのプレイヤーを引きつけて止まない理由の一端は、間違いなくここにあると言える。

●頻繁にオープンする新ワールド

 『ブラウザ三国志』はマーベラスAQL公式版、mixi、ハンゲームなど、多数のプラットフォームで展開されており、各プラットフォームで定期的に新たなワールドがオープンしている。新ワールドでは、全プレイヤーが完全に同じ初期状態からゲームがスタートするため、初心者にも遊びやすい。

 しかも、いま現在、新ワールド限定で“新人君主応援キャンペーン”が実施されており、レアな武将カードや便利なアイテムが入手できる。

 以下に対象となるワールドを記載したので、すでにIDを持っているなど、遊びやすいプラットフォームを選んで、ぜひ挑戦してみよう。

【マーベラスAQL公式版(※)】
対象ワールド  :23ワールド
オープン予定日 :2013/7/25
期間:オープンから2013/8/19~8/23のいずれかに実施予定のメンテナンス前まで

【Yahoo! Mobage】
対象ワールド  :19ワールド
オープン予定日 :2013/7/30
期間:オープンから2013/8/26~8/30のいずれかに実施予定のメンテナンス前まで

【ハンゲーム・MSNゲーム】
対象ワールド  :18ワールド
オープン予定日 :2013/8/1
期間:オープンから2013/8/26~8/30のいずれかに実施予定のメンテナンス前まで

【ブラウザ三国志 for mixi】
対象ワールド  :56ワールド
オープン予定日 :2013/7/24
期間:オープンから2013/8/19~8/23のいずれかに実施予定のメンテナンス前まで

※VectorGame、Gamepot、Pmang、@games、GungHo Games、BIGLOBEゲーム、@nifty、So-net、OCNゲーム、gooゲームの各ポータルサイトも対象

 ファミ通.comでは、アップデートの状況や、プレイ指南、開発者インタビューなど、今後も『ブラウザ三国志』の最新情報をお届けしていく予定だ。お楽しみに!

▼最新情報が一気に読めるまとめページはこちら!