●DCコミックスのヒーローたちが大激突!

 ワーナー・ホーム・ビデオから、2013年6月27日に発売されたばかりのプレイステーション3・Wii U用ソフト『インジャスティス:神々(ヒーロー)の激突』。DCコミックスのヒーローによる戦いが楽しめる、新感覚の対戦格闘ゲームで、かの『Mortal Combat』を制作したNetherRealm Studiosが開発した最新作だ。
 その発売を記念したイベントが、本日6月28日に秋葉原のヨドバシカメラ マルチメディアAkibaにて開催された。対戦格闘ゲームということで、“格闘ゲーム5神”ヌキ氏とプロ格闘ゲーマー・板橋ザンギエフ氏という有名プレイヤーと対戦できるというもので、対戦にはプレイステーション3版が使用された。

▲プロ格闘ゲーマーの板橋ザンギエフ氏(右)と、格闘ゲーム5神のヌキ氏(中央)。
▲対戦イベント前に、スーパーマン対バットマンの模擬戦を披露。

 イベントには格闘ゲームやアメコミ好きのファンが大勢訪れ、予定時間をオーバーするほどの大盛況ぶり。ヌキ氏と板橋ザンギエフ氏が交互に3戦ずつし、参加者にはもれなくオリジナルTシャツがプレゼントされた。
 最初の3戦を全勝したヌキ氏に対し、いきなり初戦で敗北を喫した板橋ザンギエフ氏。もっとも、この時の対戦相手は「海外版をやり込んできた」という猛者で、運が悪かった(?)。また、一方のヌキ氏も女性プレイヤーにガチで敗れてしまうなど、参加者のレベルは相当高かった。

▲第一部で勝利したのは、結局このふたりだけ。しかも、かなりのレベルの高さ。

 比較的簡単な操作で超絶な必殺技をくり出せる『インジャスティス:神々(ヒーロー)の激突』。板橋ザンギエフ氏は「(DCコミックスの)いろいろなキャラクターが参戦していて、いろいろな技を楽しめるゲームです。ぜひ体験してほしいです」、ヌキ氏は「(イベントでは)女性の方や外国の方とか、いろいろな人と対戦できて楽しかったです。いろいろな人が興味を持ってもらえればと思います」とそれぞれイベントの感想を語った。

▲対戦に勝利したふたりと抽選で選ばれた方には、豪華賞品が贈られた。左の写真のフィギュアは、コトブキヤの“ARTFX+ スーパーマン NEW52版”。