いよいよバンダイナムコゲームスより本日(2013年6月27日)発売となるニンテンドー3DS用ソフト『デジモンワールド リ:デジタイズ デコード』。今回は、本作のプレイリポート後編をライターの大瀬子ヤエがお届けする。

●プレイリポート育成編

 いよいよバンダイナムコゲームスより本日(2013年6月27日)発売となるニンテンドー3DS用ソフト『デジモンワールド リ:デジタイズ デコード』。今回は、本作のプレイリポート後編をライターの大瀬子ヤエがお届けする。

※プレイリポート前編はこちら

 さて、前回は実際のプレイを通じて『デジモンワールド リ:デジタイズ デコード』の「何が面白いか?」、「何が新しいのか」を見てきた。続く今回のテーマは……ズバリ、“育成”! “デジタル育成RPG”というジャンル名にも表れている通り、本作は育成とRPGという二つのゲームの側面がある。この二つの要素が実にバランスよくミックスされているのがポイント。そこで、本作ならではのデジモンを“育成”することの面白さを、初心者テイマーである私、大瀬子ヤエが実際に一体のデジモンを育てながらお伝えしていきたい。

●まず知っておきたい“トレーニング”と“バトル”の知識

 まずは、育成に大切な“トレーニング”と“バトル”について解説していくことから始めたい。“トレーニング”は育成の基本となる行動。能力を伸ばすさまざまな鍛錬を続けて、パートナーの能力をグイグイ上げていくものだ。本作のうれしい機能としては、“中級”以上のトレーニングの操作が タッチパネル対応となったこと。単なる操作の違いだけでどうして?……と思われるかもしれないが、とっさに移動方向やタイミングを指し示すことができるおかげでトレーニングの成功率がアップ。

素早さを上げる“爆弾回避”のトレーニング。前作では、たとえば左から右に動くのに、方向キーを右、右と2回押さなければならなかったが、本作はタッチで即移動する。

 続いて“バトル”について。デジモンとのバトルに勝利すると、各パラメーターは上昇する。ただし、“トレーニング”と比べると増加量は少ない。このことから、バトルは育成面では効果が少ないのでは……と思われるかもしれないが、育成に必要なアイテムや“Bit”(お金に相当)を獲得するための大切な機会になっているので、しっかり戦う意味がある。じつは、前作に比べてバトル勝利後の能力値の増加量と、アイテムの出現率が増えているのだ。とくに後者は、序盤のBitが少ない段階では非常に助かることを実感。また、育成の効果という面でも、トレーニングではひとつのメニューをこなすのに1時間もの時間を消費してしまうのだが、バトルは時間の進みはわずか。デジモンには寿命があり、使える時間に限りがあるのでそういった意味でも、バトルをすることは無駄にはならないのだ。

バトル後の獲得能力値とアイテムをチェック! 複数のアイテムがもらえることもある。

●本格的な育成に(デジモン初心者が)挑戦!

 今回育成するのは、ゲームを始めてから3代目のパートナーに相当するデジモン。どんなに愛着のあるデジモンでも、やがて寿命を迎えてしまう。そうなると、また新たなデジモンをデジタマ(卵に相当)から育てることになるのだが、先代の能力はある程度、引き継ぐことが可能。今回はデジタマを選ぶ段階から開始してみる。

先代のデジモン、マッハガオガモン。このデジモンを超えることがまず目標。
寿命を迎えたデジモンは次世代の“召喚技”として登場させるか、能力の一部をデジタマに移植するかどちらかが選べる。今回は、能力の移植を選択。デジタマは防御性能に優れていそうな(?)ものを選んだ。

 生まれたデジモンは、プニモン。よろしくね(と、ご挨拶)。名前も見た目も、いかにも初々しい感じ。まずはバトルで少しラクをしたいから攻撃力をアップという方針のもと、トレーニングを始める。なお、トレーニングは“中級トレーニング”を選択。ふつうのトレーニングと違い、プレイヤーの操作が必要。操作や選択を誤ると失敗という結果になり、効果がグンと減ってしまうリスクがある。しかし時間は有限。ここはがんばるしかない!

【トレーニングメニュー】
・丸太粉砕撃(成功:2、失敗:2)
(※上記の数字はトレーニングの回数)

加速するゲージが赤い部分に来た瞬間に画面をタッチ! タイミングが合わないとミスとなるのだ。

 幸先のいいスタートを切るつもりが、いきなり失敗。しょっぱなから若干、嫌な予感がしなくもないが、まだまだ序盤。取り戻せるから大丈夫(のハズ)。成功を決めた後に、さっそく最初の進化イベントが発生。“幼年期2”という世代のデジモン、ツノモンに。パラメーターもわずかに上がって、見た目もちょっとだけ強そうに。

トレーニングの効果がさっそく表れた!?

引き続き、基礎能力を上げるために、トレーニングを進行。

【トレーニングメニュー】
・パンチをガード(成功:2、失敗:1)
・ここでSTOP(成功:1、失敗:1)
・立体あみだくじ(成功:1、失敗:1)

正直言って、微妙かな。ははは……(力のない笑い)。でも、めげない! 

●いざ、バトルにチャレンジ!

 能力がある程度上昇したところで、“はじまりの街”近辺のフィールドに出て、野生のデジモンとのバトルに挑むことにした。腕試しに、闘ってみたところ……お、まずまずと強いんじゃない!? トレーニングでまず攻撃力を上げたことが功を奏したようだ。素早さや相手より優れているようで、攻撃を受けることも少ない。MPが少ないのが気になるが、バトル勝利で20~30程上昇するので、様子見の方針で。いい気分でしばらくバトルを続けてみた。

“はじまりの街”のそばでバトル。HPとMPが減ったら、街にあるジジモンの家に戻ればタダで回復ができる。そのくり返しで戦いを重ねていく。

 バトルをくり返すと、突然、デジモンが進化のシーンが起こる! おっ、今度は何に進化するのかな? と期待しつつ、表れたのはゴマモン。バトルの効果もあって、この時点でHPの値は1000直前。鉄輪の平原あたりならラクに戦える値だ。

今度はゴマモン! やんちゃそうなデジモンだ。世代は“成長期”に突入した。

●再びトレーニングで強化を目指す

 バトルでデジモンの力を存分に発揮したところで、またトレーニングジムに戻ることにした。今度は6つのトレーニングを多くこなして、全体的な底上げをすることが目標。

【トレーニングメニュー】
爆弾回避(成功2、失敗2)
ここでSTOP(成功1、失敗1) 
パンチをガード(成功3、失敗1) 
丸太粉砕撃(成功3、失敗1) 
立体あみだくじ(成功1、失敗0) 
同じのどーれだ(成功0、失敗1)

 相変わらずの失敗率。そろそろ通常のトレーニングにしてもいい? という甘えが脳裏をよぎる。トホホ……。なお、トレーニングに集中するときは、同時に“お世話”行動はしっかり進めよう。これを怠ると、トレーニングの効果が薄くなるどころか、進化にも影響を及ぼすのだ。“お世話”行動で街の中を東奔西走している最中に突然、進化のイベントシーンが発生! 今度はイッカクモンに進化。これは強そう!

●“成熟期”のデジモンとどんどん冒険をしよう!

 このイッカクモンは“成熟期”のデジモン。この世代になれば、強いデジモン相手にもちゃんと戦うことができるハズなので、行動範囲は大きく広がる。シナリオを進めるときは、パートナーがこの“成熟期”以降であればラクになるのだ。ということで、さっそく道標の森と水没の古都へGO! この辺りまで進むと相手は手強くなるのだが、きちんと戦えるだけデジモンが成長しているので、思いのほか苦戦をしない。しっかり育てていて、よかった!

進化はいつも突然始まる。デジモンが進化する条件は、種類や進化系に応じてさまざまなのだ。
進化してバトルを数多くこなすと新たな技を覚えるチャンスが増える。MPを多く消費する代わりに、威力が大きい。攻撃力がみるみる上がるぞ。

●そして、完全体へ! 現れたデジモンは……!?

 冒険を進めていくうちに、またもや突然の進化イベント。今度は“完全体”のハズ。さぞ、大きくて強そうなデジモンと出会えるのでは? と期待しながら、光の中から現れたのは……えっ!? 丸っこくて小さなデジモン、マメモンがコンニチハ!「えーと、イッカクモンの次は、コレ?」というのが出会った最初の、正直な感想。だって、お世辞にも強そうとはいえない見た目だしなぁ。

意外なデジモンの出現にやや戸惑う! でもパラメーターをを見る限り決して悪くない!

 しかし、新たなパートナーと冒険を始めた直後、これがたいへん失礼(!?)な感想だったことに気付かされる。腕のグローブが象徴する、格闘スキルの技がバトルで猛威を振るうのだ。こ、このデジモン……闘える!

スピンアタックが炸裂! 見た目の印象だけで能力を考えていた自分に反省……。
さらにトレーニングやバトルをこなした結果がコレ。

この時点でもデジモンはまだまだ成長の余地を残している。また、究極体へ進化する可能性も秘めている。ここから、さらにどういうデジモンに成長させていくかはテイマー(プレイヤーのこと)次第だ。以上、“育成”にクローズアップしてみたが、今回のリポートはあくまで育成例のひとつ。育成には正解が無い。自分流の好きなやり方で、愛情を込めて(ここ大事!)デジモンを育ててみよう! 

■著者紹介:大瀬子 ヤエ(大瀬子屋)
キッズ系、レース系、アーケードゲームをこよなく愛するライター兼編集者兼何でも屋。最近、某アーケード専門誌の編集部を卒業して、ドトウのフリーランス戦線に復帰! 以前はキッズ向け雑誌の仕事も多く手掛けていた(なので、今回のお仕事はとても楽しく進めさせていただいております!)。


デジモンワールド リ:デジタイズ デコード
メーカー バンダイナムコゲームス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 2013年6月27日発売予定
価格 5480円[税込]
ジャンル RPG / 育成
備考 開発:トライクレッシェンド、24Frame、キャラクターデザイン:ヤスダスズヒト、プロデューサー:羽生和正、ディレクター:友野祐介