新たなプラットフォームの幕開けとなるか、“G-cluster”製品発表会開催

ブロードメディアは、都内で製品発表会を開催し、クラウドゲーム機“G-cluster(ジークラスタ)”を2013年6月20日より国内で発売すると発表した。本体価格が9980円[税込]、ゲームコントローラー同梱の基本セットが13800円[税込]となっている。

●ソフト購入は、単品購入と月額固定プランを用意

 既報の通りブロードメディアは、クラウドゲーム機“G-cluster(ジークラスタ)”を2013年6月20日より国内で発売する。全国量販店およびインターネットで5月30日より予約が開始され、価格は本体が9980円[税込]、ゲームコントローラーを同梱した基本セットが13800円[税込]。
 “G-cluster”は、テレビの背面に簡単に設置可能なWi-Fi接続の本体で、手軽にクラウドゲームが楽しめるという製品。女性の手に収まるほどの大きさ(幅49mm×高さ90mm×奥行11mm)で、重量も45グラムという軽量を実現。また、ゲームのプログラム処理はすべてサーバー側で行い、ゲーム画面がストリーミング映像として端末に配信される。ゲームディスクもセーブデータも不要で、すべてがクラウド側で管理されている。コントローラーには市販のPC用ゲームコントローラーを使えるほか、スマートフォンやタブレットなどもコントローラーとして利用可能だ。
 “G-cluester”では、ゲームはポータル画面から購入するスタイルで、単品購入(500円~2940円[税込])タイプと、月額525円[税込]で約30タイトルが遊び放題という“月額500円プラン”を用意。初回購入時には、月額料金が最大2ヵ月無料となる発売記念キャンペーンを実施する予定とのことだ。さらに、すべてのゲームには10分間無料のお試しプレイが可能となっている。配信タイトルは、公式サイトで随時発表されていく予定だ。

▲製品発表会で、“G-cluster”のデモを行う、ブロードメディア・橋本社長。

 都内で開催した製品発表会では、同社代表取締役社長の橋本太郎氏が登壇し、“G-cluester”の魅力をアピールした。
 橋本氏によれば、“G-cluster”のコンセプトは、“家族で遊ぼう”“家族ひとりひとりのゲームライフ”“ゲームは購入が基本”という3つ。ターゲットとなる“ライトユーザー”、“一般的なゲーマー”、そして“コアゲーマー”というそれぞれの層に向けたタイトルを投入する予定だ。“G-cluster”で発売されるタイトルは、当面はPCからの移植や既存タイトルを“G-cluster”に合わせたタイトルが中心となるが、発表会でデモプレイが披露された『あにまるパズル・キュービリック』(コナミデジタルエンタテインメント)のように、完全新作も予定されている。
「新しいプラットホームとして、あとから振り返った時に、今年が“クラウドゲーム元年”だったと言われるようにがんばりたいと思います。プラットフォームを目指している以上、早期に100万台が目標です」(橋本氏)

▲“ライトユーザー(ファミリー)”、“ライトゲーマー”、“コアゲーマー”それぞれに向けたタイトルを用意する。

▲“G-cluster”オリジナルタイトルとして開発中の『あにまるパズル・キュービリック』。

▲『四家麻雀「和」』では、TV画面に卓を表示させ、手元のスマートファンやタブレットには、各人の手牌が表示される。

▲KONAMIやスクウェア・エニックスをはじめ、多くのゲームメーカーが参入を発表している“G-cluster”。