『Z/X 絶界の聖戦』、5人目の主人公を紹介

日本一ソフトウェアの設立20周年記念タイトルとして、2013年5月23日発売予定のプレイステーション3用ソフト『Z/X 絶界の聖戦(クルセイド)』。今回は、5人目の主人公・クインと謎のキャラクター、さらにカードバトルの戦術的要素も紹介。
タイトルロゴ.jpg

●最後の主人公、そして謎の少女を公開

 日本一ソフトウェアから、2013年5月23日発売予定のプレイステーション3用ソフト『Z/X 絶界の聖戦』。『Z/X』はアニメ、コミック、TCG(トレーディングカードゲーム)など、多彩なメディアで展開が進んでおり、ゲーム版では独自の物語や戦闘が楽しめる。その第3弾となる情報が公開されたので紹介しよう。

<Key Word>
“MBP”
MBP--マイクロブラックポイント。
数ヵ月前から突如世界中に出現しだした、小型のブラックポイント。大きさはさまざまだが、どこの“MBP”の内部も似かよった空間となっており、5つの異世界のような明確な違いがない。
なぜこのような現象が起きているのか、世界中の研究者たちが解明に乗り出している。しかし、いまだにその成果は出ていない。


03_MBPが突如発生.jpg 03_MBPの調査.jpg

▲“MBP”は突然出現するので、どこにいても巻き込まれる可能性がある。

▲アメリカも独自の調査チームを結成し、“MBP”内部の調査に乗り出している。

04_クイン.jpg

◆5人目の主人公・クイン

クイン・フォーサイス(CV:川村拓央)
年齢:28歳/国籍:アメリカ合衆国
断る。俺は国を裏切らない。
あんたはいま、皆がどんなに不安な夜を過ごしているか、知っているのか?
祖国を心から愛する海兵隊員。階級は中尉。鍛え抜かれた肉体と実直な精神の持ち主で、非常に生まじめな性格をしている。
既婚者で、妻と4歳になる娘がいる。
ブラックポイント内部に常駐していた軍隊が起こした、謎のクーデターを調査する精鋭部隊に選出される。

~あらすじ~
かつては外征専門部隊として名を馳せた海兵隊も、現在はアメリカ本土を“ゼクス”から防衛する部隊へと性質を変えた。
しかし軍隊としての質が変われども、国家を、国民の平和を守る大義に変わりはない。
誇りはこの胸にある。不満もない。欲を言えば、妻キャサリンと娘レイチェルに会える時間が、もう少し増えればいい、ということだろうか。
海兵隊中尉、クイン・フォーサイスは願い続ける。
任務に、国家に、家族に忠実にありたいと。その日、赴いた戦地の先で、その願いを揺るがす非情な事態が待っていようとは知らずに--。


04_クインカットイン.jpg 04_クイン会話.jpg
05【青】シャウラ_背景あり.jpg

★クインのパートナーゼクス
フォトンスカート シャウラ(CV:佐野美由紀)
所属:青の世界/種族:バドルドレス
あっ……! なんか、おもしろいこと起きそう!
クイン、おもしろいこと起きるよ!
言動は幼く無邪気で、人間の子どものようにふるまう。最初は病弱なクインの妻といっしょにいた“ゼクス”だったが、夫を守ってほしいとお願いされたことからクインのパートナーとなった。もとはロボットのように感情を持っていなかったが、クインの妻子と関わるうちに豊かな感情表現を身につけるようになった。生まじめなクインをよくおちょくっている。

◆主人公たちの前に現れる、謎のゼクス使い
???(CV:????)
 国籍不明、年齢不詳の少女。主人公たちの行く先々に現れ、戦いを仕掛けてくる。“BP”や“MBP”をおもな出現場所とし、使役する“ゼクス”はさまざま。遭遇時には、「資格を持つ者」など、謎めいた言葉を多く残す。


06_謎のゼクス使い(堀愛里).jpg 06_???.jpg

イラストレーター・堀愛里

06_謎のゼクス使いとの会話.jpg 06_謎のゼクス使いとの戦闘.jpg

▲加賀が遭遇したときには、ヒトではない別の反応を確認。彼女の正体はいったい?

◆Card Battle/領地とアビリティ
 主人公たちが進むMAPは、いくつもの“領地”によって構成されている。そのMAP上をキャラクターや“ゼクス”が移動すると、通過した“領地”が移動したキャラクターの支配下となる。支配下にある領地は、戦闘時に“ゼクス”たちに力を与え、パワーやライフの強化に繋がるのだ。


07-1_領地(MAP).jpg 07-2_領地によるゼクス強化.jpg

▲領地が繋がった状態を“チェイン”と呼び、チェイン数が多ければ多いほど、ゼクスたちの能力は大きく強化される。

 当然敵の“ゼクス”も“チェイン”によって強化されるので、MAP上ではいかに領地を獲得するかが重要になる。より多くの領地を獲得したり、敵の支配下の領地を横切って“チェイン”を断ち切ることで、相手の“ゼクス”の強化を大きく削ぐことができるのだ。


07-3_相手の領地を断ち切る01.jpg 07-4_相手の領地を断ち切る02.jpg 07-5_敵のゼクスが強化.jpg

▲“チェイン”による強化は、戦局に大きく影響する。領地戦を有利に進めるのだ。

 主人公たちは、カード型デバイスで獲得した“ゼクス”の数(カードの種類)に応じてレベルアップする。レベルアップすると、主人公たちの能力が強化されるので、戦闘や領地戦を有利に進められる。とくに主人公たちは、レベルアップすることで“アビリティ”という能力を習得。この“アビリティ”には、下で紹介している“使い魔召喚”など、MAP上でさまざまな効果を発揮するものがあり、とくに領地戦においては“アビリティ”の活用が重要になってくる。


08-1_ステータス画面.jpg 08-2_カード獲得画面.jpg

▲主人公のレベルを高くするには、相応の経験値(カード)を獲得する必要がある。

08-3_使い魔召喚.jpg 08-4_エリアハック.jpg

▲“使い魔召喚”/MAP上に使い魔を召喚する。使い魔は主人公たちと同様に、MAP上を移動して領地を広げることが可能。

▲“エリアハック”/使用すると、直接キャラクターを動かすことなく領地を拡大できる。移動が難しい時などに重宝するアビリティ。

 “アビリティ”を発動させるには条件がある。それは、“デッキに入っているカードの色の種類”。高レベルの“アビリティ”は役に立つ能力も多いが、そのぶん発動条件もきびしい。どの“アビリティ”を使うのか、自分の戦闘スタイルや戦術に合わせてデッキを構築する必要があるのだ。
 また、戦闘中に発生するカードの組み合わせによる特殊効果は、組み合わせた色によって傾向が異なる。赤は“敵にダメージ”、白は“自分のライフ回復”などで、デッキの構築には、こういった要素も考慮する必要があるぞ。


09_紅い牙ルビーハウル.jpg 09_τ-A03アスピディスケ.jpg 09_聖獣オーラフェニックス.jpg 09_ロウブリンガー サンタクルス.jpg

▲ナタリアのアビリティ“移動力+”を発動させるためには、このように赤、青、白×2のカードを組み込む必要がある。

09_骨鮫スケルタルシャーク.jpg 09_ビブロブレード フォーマルハウト.jpg 09_のんびり屋のルリジッサ.jpg

 ▲黒/相手のライフを奪う。

  ▲青/味方ゼクスの性能強化。

   ▲緑/“SP”の獲得。

10_ネットワーク対戦.jpg

◆ネットワーク対戦
 本作では、ネットワーク機能を使って、全国のプレイヤーと対戦することが可能だ。ランキングを競ったり、フレンド同士で気軽に対戦を楽しむこともできる。ほかのプレイヤーのプレイぶりやデッキ構築は、必ずや参考になるはずだ。



Z/X 絶界の聖戦(クルセイド)
メーカー 日本一ソフトウェア
対応機種 プレイステーション3
発売日 2013年5月23日発売予定
価格 7140円[税込]/ダウンロード版:6000円[税込]
ジャンル カードバトルRPG
備考 キャラクターデザイン:清水栄一×下口智裕、予約特典:TCG版“Z/X”のプレイヤーカード“アサギ・メタモルフォーゼ”1枚、初回封入特典:TCG版“Z/X”のゼクスカード“アサギGo Fight!”2枚、TCG版“Z/X”のプレイヤーカード“上袖木綾瀬 アサギコスプレver.”1枚またはプレイヤーカード“各務原あづみ アサギコスプレver.”1枚(どちらかがランダムで封入)

(c)BROCCOLI / Nippon Ichi Software, Inc.
※画面は開発中のものです。