ユービーアイソフトは、週刊ファミ通2013年4月18日号(2013年4月4日発売)において、2013年に発売予定のWii U、プレイステーション4、プレイステーション3、Xbox 360、PC用ソフト『アサシン クリード4 ブラック フラッグ』の最新情報を公開した。

●金髪の暗殺者がカリブ海を駆ける

 ユービーアイソフトは、週刊ファミ通2013年4月18日号(2013年4月4日発売)において、2013年に発売予定のWii U、プレイステーション4、プレイステーション3、Xbox 360、PC用ソフト『アサシン クリード4 ブラック フラッグ』の最新情報を公開した。以下、記事内容を一部抜粋してお届けする。


 発売するたびに全世界で1000万本以上のセールスを記録する超人気シリーズ『アサシン クリード』。4番目のナンバリングタイトルとなる本作では、舞台と主人公を刷新! 今回は、18世紀の西インド諸島(現在のカリブ)で、イギリス出身の暗殺者エドワード・ケンウェイが活躍する。暗殺者であり、海賊でもあるエドワードは、愛船に乗って大海原を駆け巡る。シリーズ最大級のアクションに注目だ。

●前作の主人公コナーの祖父、海賊エドワード・ケンウェイ

 4番目の暗殺者エドワード・ケンウェイは、『アサシン クリードIII』の主人公であるコナーの祖父にあたる人物。つまり本作では、前作『III』よりも少し前の時代が描かれるというわけだ。18世紀のカリブ海で、海賊たちを中心にくり広げられる闘争に身を投じたエドワード。彼を待ち受ける運命とは……!?

●リニューアルされた海戦、カリブの海賊との戦いに挑め

 前作で好評を博した“海戦”のシステムが大幅にパワーアップ。海洋の物理エンジンシステムが進化し、吹きすさぶ風の強弱や船の重量感などがリアルに感じられるようになった。敵船との戦いでは、天候の変化を予測して相手を嵐の中に誘導し、沈没させるというテクニックも有効だ。

●舞台は18世紀のカリブ海諸島、海賊が暴れ回る“海賊黄金時代”

 物語の時代設定は、1715年からおよそ10年間。当時のカリブ海には、武装した船で往来の船を襲撃する“海賊”がのさばっていた。凶悪な海賊たちが跋扈する危険な海域で、エドワードは何を成し遂げるのか? そして彼はどんな理由で暗殺者となったのか。すべては謎に包まれている。

●多彩な武器を操る、暗殺者エドワード

 エドワードは、身体のいたるところに武器を装備している。メインの武器は、2本のロングソードと4挺の拳銃。両腕にはアサシン教団の暗殺者が使用する仕込み刃つきの小手“アサシンブレード”を装着。また、音もなく矢を発射する吹き矢や、敵が所持している武器(小銃、剣、ナイフ、斧)を奪って戦うことも可能。さらにジャックドー号も武器のひとつだ。多種多様な武器を駆使して目標を殺害する、新たな暗殺者がここに!

※詳しくは週刊ファミ通2013年4月18日号(2013年4月4日発売)をチェック!


アサシン クリード4 ブラック フラッグ
メーカー ユービーアイソフト
対応機種 X360Xbox 360 / PS3プレイステーション3 / PS4プレイステーション4 / Wii UWii U / PCWindows
発売日 2013年発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション / 暗殺
備考 開発:モントリオールスタジオほか