日本一ソフトウェアの設立20周年記念タイトルとして、2013年5月23日発売予定のプレイステーション3用ソフト『Z/X 絶界の聖戦』。第2報となる今回は、5人の主人公の中からスティーブとセシルの紹介に加え、本作のカードバトルの魅力の一端に迫る。

●鬼を狩るには鬼! 主人公たちの心強い味方、“パートナーゼクス”

 日本一ソフトウェアから、2013年5月23日発売予定のプレイステーション3用ソフト『Z/X 絶界の聖戦』。『Z/X』はアニメ、コミック、TCG(トレーディングカードゲーム)など、多彩なメディアで展開がされており、ゲーム版では異なる物語や戦闘が楽しめる。その第2弾となる情報が公開されたので紹介しよう。
<World>
20XX年。
世界各地に出現したゲートから、異世界の異形たち、“ゼクス”が人類に侵攻を開始。
人類は度重なる“ゼクス”の侵攻にあらがうため、“ゼクス”や異世界の現象を封じ込め、意のままに操るカード型デバイスを作りだした……。
<Key Word>
“KORT”
デバイステクノロジーを独占する多国籍複合企業体。20××年の現代において、人々が使用するカード型デバイスの製造から販売までを、世界規模で展開している。
“KORT”が取り扱うカードデバイスを使用するためには、使用者の生体情報の登録など、さまざまな手続きが必要であり、使用者の情報は“KORT”によって保管される。

◆ふたりの主人公、スティーブとセシルの場合

スティーブ・シバヤ(CV:勝杏里)
年齢:26歳/国籍:南アフリカ共和国
できるできないの問題じゃない……
知っておかなきゃならないんだ。
知らなかったじゃ済まされないんだよ
多国籍複合企業“KORT”に所属する研究員。
将来を嘱望されるエリート研究員だが、最近では、自社の利益を最優先するやりかたに疑問を抱いている。
ひどく臆病な性格をしており、己の行動や決断になかなか自信を持てずにいる。
また、生粋の科学者でありながら、信心深いという面を持つ。

~あらすじ~
BP(ブラックポイント)の発生とデバイスの誕生は、人類に莫大な恩恵をもたらした。
デバイステクノロジー--異世界から持ち出したさまざまな物質を利用した新技術の総称だ。
現在、デバイステクノロジーは、巨大企業“KORT”によって独占され、そこには最先端を目指す世界中の技術者たちが集ってくる。
KORT南アフリカ支社。
デバイスの技術開発に従事する若き研究員スティーブもまた、熱意と憧れを胸に“KORT”の研究職についた者のひとりであった。
“KORT”の研究員たちを集めた巨大学術都市のなかで、スティーブはいつもと変わらぬ順風満帆な研究生活を送っていた。
上司からある辞令が下る、そのときまでは……。

セシル・ロワイヤル(CV:伊藤静)
年齢:24歳/国籍:フランス
あの噂はただのゴシップじゃないわ。匂いがするのよ。ネタの匂いがぷんぷんね
駆け出しのジャーナリスト。そこに取材のネタがあれば、身の危険もかえりみずに飛び込んでいく。
“KORT”の知られざる実態をスクープしようと動き回るうちに、陰謀の尻尾をふんづけてしまう。
自由奔放、なおかつ粘り強く図太い性格の持ち主。

~あらすじ~
ジャーナリストという肩書は便利だ。
ましてや、名の知れたフランスの通信社に勤めているともなれば、どこでも自由に取材を行うことができる。
しかし例外も存在する。多国籍複合企業体“KORT”の内情だ。
“KORT”への取材は、“KORT”の宣伝のためにしか認められない。批判的な記事を書こうものなら、即座に“KORT”から抗議の連絡が入る。通信社で書く“KORT”の記事は、いつだって提灯記事。
そんな状況に鬱屈していたある日、セシルは街で奇妙な噂を耳にする。旧パリBPに、奇妙な化け物が目撃されたというものだった。セシルは噂の審議を確かめるため、行動を開始する。

◆主人公たちとともに戦う“パートナーゼクス”
 さまざまな姿形、性質を持つ“ゼクス”には、意思を持ち、人と同じように言葉を交わすものも。高い知能を持った“ゼクス”の中には、人と行動することを好む風変りなものも存在する。
 本作の主人公には、それぞれパートナーとなる“ゼクス”がいる。パートナーになった理由や経緯はさまざまだが、いずれの“ゼクス”も主人公たちに力を貸す、心強い仲間となっている。

★加賀のパートナーゼクス
死出の黒衣 スカルヴィシャス(CV:里見圭一郎)
所属:黒の世界/種族:ノスフェラトゥ
加賀サンなら、どんなゼクスも生身でイチコロっすね
加賀が持つ違法デバイスにもとから入っていた“ゼクス”で、加賀のことを“加賀サン”などと呼ぶチンピラ気質。口調は軽く、いつも調子のいいことばかりを連発するせいか、その言動にはつかみどころがない。人間に対する好奇心が強い。

★ナタリアのパートナーゼクス
ロウブリンガー ローツェ
所属:白の世界/種族:ガーディアン
無理をしてはダメよ、ナタリア……
ボディガードのようにナタリアに付き従う寡黙なガーディアン。
ナタリアからの信頼が厚い。

★スティーブのパートナーゼクス
魔術の女神 イシス(CV:加藤雅美)
所属:赤の世界/種族:ブレイバー
お姉さんにおまかせあれ、スティーブ
高い才能を持ちつつも、自分に自信を持てないスティーブを、
パートナーとしてサポートしている。

★セシルのパートナーゼクス
風翠の獣 ムフロン(CV:高城元気)
所属:緑の世界/種族:ライカンスロープ
やっべー、ワクワクしてきた!
セシルと同様、勢いまかせの破天荒な性格の持ち主。
セシルといっしょに暴走しがち。

 パートナーゼクスのカードは、ほかのゼクスと比べて、ひときわ強力な力、特殊スキルを持っている。戦闘中に使用することで、不利な局面をひっくり返したり、強敵を撃破することが可能だ。
 ただし、そのぶん扱いも難しいので、戦略をよく練って使用する必要があるのだ。

◆5つの世界のさまざまな種族
  本作の舞台となる5つの都市に出現した超空間ゲートは、それぞれが異なる異世界につながっており、BP内にその異世界独自の文化・文明を持つ“ゼクス”が出現する。ここでは、各世界の住人たちの一部を紹介しよう。
黒の世界……暴走した死の概念に魅入られた世界
<種族>ディアボロス、トーチャーズ、プレデター、ノスフェラトゥ
白の世界……精神エネルギーが肉体を凌駕する世界
<種族>エンジェル、ガーディアン、セイクリッドビースト、ケット・シー
緑の世界……植物に飲み込まれつつある世界
<種族>ホウライ、リーファー、ライカンスロープ、プラセクト
赤の世界……肉体に代わる器を生み出そうとする世界
<種族>ブレイバー、マイスター、ミソス、ギガンティック
青の世界……科学の発達に狂騒する世界
<種族>バトルドレス、マーメイド、キラーマシン、メタルフォートレス

     ▲ハグハグするアイアンメイデン(トーチャーズ)
     ▲聖獣 オーラビャッコ(セイクリッドビースト)
▲不屈の鋼 スティールレオパルド(ギガンティック)
▲獣人 ウェアコアラ(ライカンスロープ)
▲夕凪奏姫 スメティナ(マーメイド)

◆白熱のカードバトル
 本作のバトルは、“ゼクス”を封じたカード(カード型デバイス)を使ってのカードバトル形式で行われる。手持ちのカードから“ゼクス”を召喚し、敵ゼクスやゼクス使いとのバトルに挑むのだ。バトルは、ターンごとに攻守が交代するシステム。カードの使いかたで勝敗の行方が決まる。
 バトルで“ゼクス”を召喚するには、SPというコストが必要になる。支払うSPが多ければ多いほど、強力な“ゼクス”が召喚可能。そのSPは、戦闘中のターン経過やカード効果など、さまざまな行動の結果によって溜まっていく。大量のSPが溜まれば、強力な“ゼクス”を連続して召喚することもできるのだ。
 また、敵のゼクス使いを倒すには、まずは前方に立ちふさがる敵ゼクスを倒さなければならない。突破すれば、敵のゼクス使いへの直接攻撃“ダイレクトアタック”が可能になるぞ。

▲戦闘はターンごとに攻守を入れ替えて行うスタイル。
▲SPが多いほど、強力な“ゼクス”が召喚できるのだ。
▲敵のゼクス使いを倒すには、まずは相手が召喚した“ゼクス”を倒す必要がある。
▲前方に立ちふさがるゼクスを倒せば、敵のゼクス使いへ“ダイレクトアタック”が可能になるのだ。

 本作には、カードバトルを有利に進めるための戦術的要素が用意されている。それらは、もちろん相手も使ってくるので、注意しよう。

カードのスキル効果
 カードの多くには、プレイヤーのSPやライフを回復させたり、戦場の“ゼクス”に特殊な効果をもたらす“スキル”を持っている。また、カードの“色”を組み合わせることで、さらに特殊効果を発動させることができるのだ。

▲カードの効果をうまく利用できれば、バトルを支配できる。“スキル”は敵ゼクスも使ってくるので、注意しよう。

オーバーライト
 召喚した“ゼクス”に、手持ちのカードの力を与えて能力をアップさせられる。力を与えれば与えるほど“ゼクス”はランクアップし、最大までランクアップすれば強力無比な“ゼクス”となる! “オーバーライト”を使えば、同じカードでも能力に大きな差が出るぞ。

▲カードを使って、味方の“ゼクス”を簡単に強くすることができる。

インターセプト
 カードには、異世界の現象を封じ込めたイベントカードというものがある。そのイベントカードを発動すれば、敵ゼクスに大ダメージを与えたり、相手の行動に割り込んで、味方ゼクスを守護する力を呼び出すことができるなど、効果はさまざまだ。

▲イベントカードには、さまざまな現象や効果が用意されている。

◆予約特典&初回特典情報
 本作の予約特典は、TCG版“Z/X”で使用できるプレイヤーカード“アサギ・メタモルフォーゼ”。
 また、初回生産分には、3枚のTCG版“Z/X”カードが封入される。うち2枚は、ゼクスカード“アサギGo Fight!”。このゼクスカード“アサギGo Fight!”は、予約特典のプレイヤーカード“アサギ・メタモルフォーゼ”と合わせて使用すれば、“アサギ”という名のカードを手札に呼び込むという効果が発動する。すでに、発売中のTCG版“アサギ”のカードと組み合わせれば、“アサギ”がメインのデッキを作ることができる。
 初回生産分のもう1枚は、プレイヤーカード“上柚木綾瀬 アサギコスプレver”かプレイヤーカード“各務原あづみ アサギコスプレver”のどちらかがランダムで封入される。もちろん、それぞれプレイヤーカードとして使用可能だ。

※予約特典、および初回封入特典の入ったソフトウェアはその特典の性質上、数に限りがあります。ご予約・ご購入の際には、十分ご確認をいただけますと幸いです。

▲予約特典/プレイヤーカード“アサギ・メタモルフォーゼ”
▲初回特典/ゼクスカード“アサギGo Fight!”
▲初回特典/プレイヤーカード“上柚木綾瀬 アサギコスプレver”
▲初回特典/プレイヤーカード“各務原あづみ アサギコスプレver”

Z/X 絶界の聖戦(クルセイド)
メーカー 日本一ソフトウェア
対応機種 PS3プレイステーション3
発売日 2013年5月23日発売予定
価格 7140円[税込]/ダウンロード版:6000円[税込]
ジャンル カードバトルRPG
備考 キャラクターデザイン:清水栄一×下口智裕、 予約特典:TCG版“Z/X”のプレイヤーカード“アサギ・メタモルフォーゼ”1枚、 初回封入特典:TCG版“Z/X”のゼクスカード“アサギGo Fight!”2枚、TCG版“Z/X”のプレイヤーカード“上袖木綾瀬 アサギコスプレver.”1枚またはプレイヤーカード“各務原あづみ アサギコスプレver.”1枚(どちらかがランダムで封入)