『地球防衛軍4』凶悪すぎる新たな敵が判明

再び異星生命体“フォーリナー”の侵攻を受けることとなった地球人類。地球防衛軍は多数の新兵器を投入し、これを撃破していく。しかし、進化を遂げていたのは地球人類だけではなかった。

●新たに判明した多数の脅威が地球人類に襲いかかる……!!

 ディースリー・パブリッシャーは、週刊ファミ通2013年2月21日号(2013年2月7日発売)において、プレイステーション3&Xbox 360用ソフト『地球防衛軍4』(2013年発売予定)の最新情報を発表した。以下、記事内容を抜粋して最新情報をお届けする。


 再び異星生命体“フォーリナー”の侵攻を受けることとなった地球人類。地球防衛軍(以下、EDF)は多数の新兵器を投入し、これを撃破していく。しかし、進化を遂げていたのは地球人類だけではなかった。新たに存在が確認されたハチのような巨大生物や、攻撃を無効化してしまうフォーリナーの新兵器など、人類は新たな脅威に晒されることになる!

■飛行型巨大生物

 まるでハチのような姿をした、新種の巨大生物。空を駆る兵士“ウイングダイバー”を上回る飛行能力を持ち、空中を自在に飛び回るのだ。胴の最後部からは巨大な針を投射する。

▲EDFの空の要、ウイングダイバーすらしのぐ飛行能力を有する。

■赤色巨大生物

 甲殻巨大生物の亜種とされ、人々を恐怖に陥れた赤色巨大生物も再登場。甲殻巨大生物よりも硬い甲殻に覆われているため、並大抵の攻撃では倒すことができない厄介な相手である。

▲ひとつの機能に特化して進化を遂げた赤色巨大生物と飛行型巨大生物。それぞれ進化の方向性はまったく異なるものだが、人類の脅威となることは間違いない。発見し次第すみやかに撃破するのだ。

■シールドベアラー

 あらゆる物理攻撃を遮断する強力な防御スクリーンを発生させて運搬する新兵器。単体での武装はなく、戦闘力はないが、防御スクリーンの内側にほかの敵を従えて攻撃してくる。

▲空爆すらも無効化してしまう、防御スクリーン。これを撃破することは可能なのか!?

※詳しくは週刊ファミ通2013年2月21日号(2013年2月7日発売)をチェック!!


地球防衛軍4
メーカー ディースリー・パブリッシャー
対応機種 PS3プレイステーション3 / X360Xbox 360
発売日 2013年発売予定
価格 各6980円[税込]
ジャンル アクション・シューティング / SF
備考 マルチプレイ対応、開発:サンドロット

(C)2013 SANDLOT (C)2013 D3 PUBLISHER ※画面は開発中のものです。