●注目のバイオレンス忍者アクション最新情報をお届け

 2013年2月1日、コーエーテクモゲームスは、2013年2月28日発売予定のPS Vita用ソフト『NINJA GAIDEN ∑2 PLUS』の最新情報を公開した。今回公開されたのは、プレイアブルキャラクターの新たなコスチューム、パワーアップした”ヒーローモード”、本作の壮大な物語に登場する多彩な武器、対峙することになるボス、キャラクターの情報。以下、スクリーショットとともに紹介していく。

本作より追加される新たなコスチューム

コスチューム・リュウ・ハヤブサ
DEAD OR ALIVEシリーズでお馴染みの、ハヤブサの忍装束と甲冑がMIXされた鉢金コスチューム。
コスチューム・あやね
DEAD OR ALIVE5で登場した、全身を黒に包んだあやねの新しい戦闘用忍装束。
コスチューム・紅葉
紅葉の巫女イメージをそのままにより可愛らしく、スカートと純白の腕袋のコスチューム。
コスチューム・レイチェル
魔人の血をひくレイチェルが覚醒した!? ……体を硬質化した棘が覆う半魔人化したかのようなコスチューム。

武器バリエーション

龍剣
父であるジョウ・ハヤブサから託された剣。隼一門の頭領の証である。リュウの初期装備で、レベル1でも強力な技やコンボが使える頼りになる武器。
ヴィゴリアンフレイル
中世ヴィゴル帝国で作られたヌンチャク状の武器。チャプター3で入手できる。リーチは短いがヒット数は多い。攻撃力は低く、欠損発生率の高さが特徴なので、欠損し難い敵には向かない。
鎖鎌
鎖の両端に鎌と分銅がついた、遠距離攻撃も可能な武器。チャプター7で入手できる。ユニークな技が多く、熟練者向き。レベル2から強力な技が使えるようになる。
エクリプスサイズ
嵐のヴォルフが使用していた大鎌。チャプター7でヴォルフを倒すと入手できる。リーチが長く欠損発生率が高いが、攻撃力は低め。
風舞小太刀
あやねのメインウェポン。リーチが短く威力は小さいが早い。あやねの素早さを生かして、素早く踏み込み高速に連撃を与え、反撃のチャンスを与えない。
天龍薙刀
紅葉のメインウェポン。リーチが長く、欠損発生率の高い技が使える。また滅却の有効範囲が広い。

ヒーローモード
前作『NINJA GAIDEN ∑ PLUS』で追加された、”ヒーローモード”がパワーアップ。”ヒーローモード”では、体力が減って、ハヤブサがピンチになると一定時間”オートガード”、”オート回避”が発動し、その間は攻撃に専念することが可能で、その名の通りヒーローの如くゲームを楽しむことができる。本作では、攻撃力と敵欠損率がアップしたため、さらに圧倒的な破壊力で敵を打ち砕きながら進むことができる。

ボスバトル

ボスバトル・幻心
隼一門とは敵対関係にある地蜘蛛一族の頭領で、チャプター2のボス。片手に鈎爪、もう片手に剣を装備しており、絶え間なく連続攻撃を仕掛けてくる。ボス敵には珍しく、飯綱落としを決めることができる。
ボスバトル・電撃のアレクセイ
四殺重鬼王の一人で、電撃を司る高位魔神。主に電撃や突進で攻撃を仕掛けてくる。アレクセイの素早い攻撃をかわしてから反撃に移ると良い。
ボスバトル・嵐のヴォルフ
四殺重鬼王の一人で、嵐を司る高位魔神。人狼たちを率い、自らも鍛え上げた肉体でパワフルな攻撃を繰り出す。ほとんどの攻撃はガード不能か、ガードを崩されてしまう。
ボスバトル・炎のゼドニアス
四殺重鬼王の一人で、炎を司る高位魔神。人類に火を授けた魔神らしい。威力の高い炎の攻撃や近接から連続攻撃でハヤブサを苦しめる。
ボスバトル・黒龍
一度はハヤブサにより退けた黒龍だが、血のエリザベートの洗礼により蘇ってしまった。巨体であるにもかかわらず、空中へ地上へ縦横無尽に飛び回り、多くの攻撃を仕掛けてくる。

登場キャラクター

キャラクター・血のエリザベート
四殺重鬼王の一人で、血を司る高位魔神。『地蜘蛛一族』の中に深く入り込み、幻心達と行動を共にする。彼らに対して大きな力を握っているようだが、その素性は謎である。
キャラクター・ダグラダイ
元々は人間の賢者であるが、邪神の眼光に触れることで、額に第三の目を開かせ兇魔の皇帝として変貌を遂げた。その強大無比なる邪悪な力で四殺重鬼王を服従させ、邪神復活を目論む。

(C)コーエーテクモゲームス Team NINJA All rights reserved.